カフェってなんぞや?

 「カフェ」って、当たり前のように使われる言葉ですが、よく考えると、かなり幅広くアバウトな言葉だと思いませんか?

 一口に「カフェ」と言っても ゆったり寛げる店もあれば、大テーブルや立ち飲みのコーヒースタンドもある。
 テイクアウトできる店、できない店もある。
 しっかりした料理やアルコールを出す店もある。
 そもそも、昔ながらの喫茶店はカフェじゃないのだろうか。

 結論からいうと、どれも全部「カフェ」なんですよね。
 定義づけるものがあるとすれば、ふらっと立ち寄って、コーヒーを一杯飲むだけでもいい店、ということです。
 あとは決まった形式はなく、自由に空間を表現したものがカフェなのです。

 ソファーを置こうが立ち飲みだろうが、料理を出そうが出すまいが、どれもカフェのスタイルの一つです。
 だから昔ながらの喫茶店も、カフェのスタイルの一つ、といえます。

 でも、カフェって、昔ながらの喫茶店とは違って、比較的新しくてお洒落なイメージがあるんじゃないかと思います。

 実はそこには、日本特有のカフェ事情があって、そう思われるようになってしまったんですね。
 一般の人にはあまり知られていませんが、日本では長らく「カフェ」というと、飲食店ではなく、風俗業とされていたのです。

 カフェの発祥はもちろんヨーロッパで、中世期からあり、基本的にはお茶しながら談話する場所です。
 よく、文化人や知識人が交流したサロンだったとか言われ、十八世紀末のフランス革命も、カフェでの議論から始まった、と言われています。
 そういう点では、むしろ昔ながらの喫茶店やバーに近いですね。常連客が店で顔を合わせ、議論に華を咲かせる場所、というわけです。

 そうしたヨーロッパの「カフェ」を日本にも作ろうという動きは、明治時代にはすでにありました。
 明治二十一年四月十三日に上野にオープンした「可否茶館」がその先駆けと言われ、それにちなんで、四月十三日は「喫茶店の日」とされています。
 可否茶館は残念ながら短期間で閉店してしまいましたが、明治末に銀座でオープンした「
カフェ・プランタン」が、日本で最初に「カフェ」を名乗った店と言われ、同年「カフェ・パウリスタ」もオープンし、現在も営業しています。

 その時代にヨーロッパのことを知っている人なんて、やはり上流階層ですし、そんなハイカラな文化を嗜もうなんてのも、やっぱり知識階層。常連客は、菊池寛や芥川龍之介といった作家や、画家だとか、文化人が多かったそうです。

 そうしたカフェは、もちろん風俗業ではありません。
 
カフェの従業員は、基本的に男性で、カフェー・ライオンのように、女性従業員の接客を個性にする店もありましたが、品のない振る舞いをすると首になったそうです。
 インテリが集まって議論を交わすような場ですから、硬派な店だったんです。

 それが、昭和になると、新しいスタイルのカフェが大阪で生まれます。
 派手な化粧で、胸元をはだけたような服を着た女性が、お客さんの隣に寄り添ってサービスをしたのです。
 今でいうキャバクラみたいなものですね。

 それが大阪で大流行すると、東京にも出店し、やっぱり大流行したわけです。

 結果、カフェは飲食業ではなく、風俗業として、警察の管理下に置かれるものになってしまいました。(六法全書にもはっきり「カフェー」と書かれています)

 ですが、もちろん真面目なカフェも存在していました。
 だからそういう店は、「カフェ」ではなく「喫茶店」という言葉を使うようになったのです。
 風俗店じゃないことをはっきり表明するために、「純喫茶」と書く店もありました。

 今ではほとんど見なくなりましたが、昭和の頃までは、看板に「純喫茶」と書かれた店が結構ありました。
 僕は子供の頃、「純喫茶」という看板を見て、「喫茶店に純も不純もあるのか?」と思っていましたが、そういうことだったわけです。

 そうした背景があって、日本では長らく「カフェ」という名称が、飲食店では一般的ではなかったのです。

 それが、1972年に「カフェ・ド・ロペ」という、パリのカフェをそのまま再現したようなオープンカフェが表参道に誕生し、芸能人やデザイナーといった文化人から高い支持を受けて話題になります。
 仕掛けたのは、アパレルの「ROPÉ」なんかを展開しているJUNグループ。この店は、フレンチスタイルのカフェの先駆的な店として伝説的存在になりました。

 そうしてバブル時代に突入すると、「カフェ」の名を冠したヨーロッパスタイルの喫茶業態が少しずつ増えていきます。
 その頃には海外に行く日本人も増え、欧米のカフェ文化が一般人にも認知されていったので、当然といえば当然です。
 ちなみに、スターバックスコーヒーの日本一号店がオープンしたのは1996年。
 ただ、まだ「カフェ」というものが一般に普及したとは言えず、その概念も、ヨーロッパ風のカフェを意味するもので、今日のものより狭い意味合いでした。

 そこに、2000年に「ロータス・カフェ」が表参道にオープンすると、日本のカフェブームに火がついたと言われています。
 
ロータスを手掛けたのは、空間プロデューサーの山本宇一氏。
 ロータスをオープンする三年前に、駒沢公園に「バワリー・キッチン」というこれまたカフェを開いて成功させ、その流れに乗ったものです。
 
バワリーキッチンやロータスの特色は、従来の喫茶店やヨーロピアンなカフェのイメージとは全く異り、むしろ外観からは何屋かわからないような不思議なスタイルで、これまた洋食や和食といった形式にとらわれない、無国籍なフードメニューを提供したことにあります。

 ここから、これまでにない自由な「カフェ」の表現方法と「カフェごはん」の流れが大きく生まれ、現在に繋がるカフェの枠組みが形成されていったというわけです。

 そんなわけで、日本で「カフェ」は、本当は明治時代から歴史があるけれど、花開いたのはここ二十年くらいのことなので、言葉としては新しくお洒落なスタイルのイメージが持たれているのでしょう。


 


 →雑学indexへ