博多ラーメン

 九州のラーメンというとやっぱり「博多ラーメン」ですが、九州以外の地域で、本場博多のラーメンの味を再現しているラーメン屋は少ないと言われています。

 これだけ日本中でラーメンが流行し、九州ラーメンも人気があるのに不思議な話です。

 しかしながら、「博多ラーメン」のジャンルというか定義自体、奥が深く、「スタンダードな博多ラーメン」というもの自体、説明は意外と簡単ではありません

 そのへんを九州人以外の方に、簡単にご紹介します。

 そもそも、本場の「博多ラーメン」ってどんなものなんでしょう?
 「とんこつ」だし、イメージ的には濃厚な味わいだと思われがちですが、実は意外とそうでもないのが、スタンダードな博多ラーメン。横浜の家系ラーメンとかのほうが、よっぽど濃いです。

 九州のとんこつらーめんのはじまりは諸説あって定かでありませんが、現在の白濁したとんこつラーメンを確立したのは、博多ではなく久留米だといわれています。
 そして、世間で博多ラーメンにイメージされている、極細麺と替え玉のスタイルは、博多のすぐ隣にある、長浜ラーメンがそのはじまりです。

NO1.JPG - 126,951BYTES

 上の写真は、どスタンダードな長浜ラーメンの味といわれている「長浜ナンバーワン」。
 見るからにあっさりした感じで、しつこさもなく、スルスルいける味わいですが、味が薄いわけではありません。
 
長浜ラーメンは、白濁したとんこつではありますが、軽くてあっさりしたとんこつなのです。

 一方、久留米のとんこつは、しっかり濃厚なスープ。

 現在の博多ラーメンと呼ばれるジャンルは、実はそうした久留米や長浜の影響受けながら確立し、定着したとんこつらーめんです。

 マニアからは異論がでるかもしれませんが、大雑把にいってしまえば、濃厚な久留米とあっさりした長浜の中間くらいのラーメンが、博多のスタンダードなとんこつらーめんです。

DARUMA.JPG - 135,121BYTES

 地元民にとって、「これぞ博多のラーメン!」的な味わい、老舗「達磨」。(チェーン店の「だるま」とは違います)
 しっかりした豚の旨味に、どっしりとした豚の脂のコク。

 AKANOREN.PNG - 233,865BYTES

 こちらは、博多ラーメンの発祥の店の一つとも言われる、「赤のれん 節ちゃんらーめん」。
 現在は天神の大名に移転しましたが、渡辺通りにあった頃に行った時の写真。
 こちらもどっしりとした豚の味と脂を本体に、少し強めの醤油ダレが特徴的です。

 総じていえることは、とにかく「全力で豚の味」。
 
豚のうまみと、豚の脂のどっしりとしたコク、そして極めつけが独特の豚くささ。
 この、豚・豚・豚のがっちりした三重奏を本体に、そのわりには思ったほどしつこくない。
 それが本場の博多ラーメンです

 とんこつラーメンといっても、ほとんどの店でしょうゆダレを入れていますし、とんこつ以外の素材もその店店独自に使われていますが、それでもとにかく「豚の味」が大きな幹としてあるのが、本場のとんこつの特徴ではないかと思います。

 関西や関東にも九州ラーメンや博多ラーメンの看板を出す店はありますが、なかなか九州のような味の店は少ない。
 たぶんその理由は、博多以外の地域のとんこつらーめんは、ここまで豚の味に特化していないからではないか?と思います。

 豚の旨味のメインはイノシン酸です。
 ですが、日本人に一番なじみのある、「ガツン」とくる旨味は「グルタミン酸」です。
 グルタミン酸といえば化学調味料。
 博多のとんこつラーメンでも化学調味料を使われている店は多いですが、その味が先頭に出てこない店が多い。
 一方、関東や関西のラーメンは、こんぶや鶏がら、そして化学調味料などで、まずグルタミン酸の旨味がガツンとくるラーメンが多いと思います。
 ここが、一番大きな違いだと思います。

 関東や関西にある「博多ラーメン」は、旨味が一番にくる。
 一方、本場の「博多ラーメン」は、豚のコクが一番にくる。

 そんな感じです。
 福岡の人にとって、とんこつラーメンはソウルフードです。
 あの全力で豚の味に慣れ親しんでいるので、その味がスタンダードですが、県外の人からすると、物足りないと思われるかもしれません。
 現地で食べれば、気持ち補正が入るので「美味しい」と思ってもらえるでしょうけど、東京や大阪の地で、本場そのままの豚骨ラーメンだと、必ずしも人気店になるかは微妙だと思います。
 だから、博多以外の地域では、わざと味を変えているのではないかと思います。

●本場の博多ラーメン

 博多に行ったら、多くの人が「本場のスタンダードな博多ラーメンが食べたいな」と思うことでしょう。
 そんな方におすすめの店は、博多駅地下街の外れの方にある「名代 ラーメン亭」です。
 TEI.JPG - 107,120BYTES
 これこそスタンダードな「博多ラーメン」。
 福岡出身のうえやまとちさんの漫画『クッキングパパ』でも紹介されていましたが、安くて美味しい(←ココ大事)、地元民のソウルフードとしての博多ラーメン。
 観光客の多い博多デイトスのラーメン街道と違い、場所が外れにあるせいもあってか、お客さんは地元民ばかりです。

 今人気の博多ラーメン屋といえば、ラーメン街道にもある「博多一幸舎」や「ShinShin」などでしょう。
 確かにそれらの店も、紛れもなく博多生まれの本場の博多ラーメンですが、昔ながらの博多ラーメンというより、進化した「現代的」博多ラーメンです。そうしたラーメンの特徴は、だいたい「濃い」ことですね。
 特に「一幸舎」は「泡系」などとも言われ、クリーミーで濃厚なスープが特徴です。どちらかというと「ShinShin」のほうが、伝統的な味の系統だと思います。

 MOHEJI.JPG - 159,687BYTES

 こちらは、南福岡駅前にある「もへじ」のラーメン。
 これも、王道かつ、バランス良くまとまった美味しい博多ラーメン。そして安い。(←ココ大事)
 
 博多駅から快速で一駅。ただの住宅街にある店だけあって観光客はゼロ。
 まさに、地元のラーメン屋。
 こういうのを食べれば、間違いなく本場の「スタンダード」を感じ取れると思います。

●「一風堂」と「一蘭」

 博多ラーメン談義をするとよく出てくるのが、「一風堂や一蘭は本場の博多ラーメンとは違うのか?」という話。

 結論から言うと、「博多生まれの店には違いないが、スタンダードな味ではない」ということになります。

 地元出身のラーメン好きに聞くと、だいたいそれで見解が一致します。
 そして、そういう地元の博多ラーメン愛好家の間では評価が低いことが多い。

 じゃあ何故あんなに全国展開できたんだ?というと、どちらの店も、博多の人気店であったことも間違いないのです。
 どういうことかというと、昔ながらの博多ラーメンが苦手な人にヒットしたラーメンなのです。

 地元民だからといって、誰もがとんこつラーメン好きとは限りません。
 特に、あの独特の「とんこつ臭」は、地元民でも苦手な人は苦手だそうで、そういう人は、元祖長浜屋だとか、赤のれんだとか、地元では古くからトップクラスの人気店であっても、絶対に行かないそうです。

 特に「一風堂」なんかは、創業者の考えにより、意図的に古臭さを排除した店です。
 やはり、昔ながらのラーメン屋って、小汚い感じの硬派(?
)な店が多いので、「女性でも一人で気兼ねなく入れる店」を企図し、カフェのような店内でJAZZを流し、豚骨臭さを感じさせないとんこつラーメンを作ったわけです。
 「一蘭」も、とんこつ臭はありません。

 そうした味が、旧来からの博多ラーメンが苦手だった人を中心に受けたというわけで、そういう点で、博多ラーメンとしては「亜流」に位置づけられます。

 でも、オールドタイプの博多ラーメン好きにとっては、あのとんこつ臭も大事な要素の一つなので、それがないのが物足りない。
 そしてなにより、一風堂も一蘭も、「高い」。(←ココ大事)
 地元のラーメンファンは、必ず値段についても食いつきます。
 値段は味とは必ずしも関係ないと思われるかも知れませんが、「ソウルフード」というものは、どの地域でも多分に「値段」というファクターの重要性が高いです。

 地元民にとって博多ラーメンとは、小銭で食べられる「おやつ」のような感覚だそうです。(流石に今は安い店は減りましたが)
 しかし一風堂や一蘭は、昔ながらのラーメン屋が400円、替え玉が50円くらいが相場だった頃から、ラーメン一杯700円、替え玉150円といった強気の価格設定をしていたので、そういったところが気に食わない大きな理由なようです。
 なので、「一風堂や一蘭なんて地元民は絶対行かない!」などと全否定をしておきながら、「でもあれが500円だったら通う」と言ったりする人も少なくありません笑

 ただ、そんな値段でもこれだけ支持されて全国展開しているわけだから、大したものだとは思います。

 個人的には、一風堂はともかく、一蘭は、あのケミカルパワー全開な味が少し苦手ですね…
 ラーメンにおける化学調味料を否定するつもりはなく、むしろ使い方次第では肯定しているほうですが、あの値段でケミカル全開なのは損した気分がしますね。

 

 


 →TOPへ