アメリカン・イタリアン

 洋食の世界には、アメリカン・イタリアンというジャンルがあります。

 厳密に言うとアメリカ料理の中の一つのジャンルですが、戦後、アメリカの進駐軍とともに日本にアメリカ文化が急速に流入し、それ以降も日本全体がアメリカの影響を強く受けながら発展していった中で、日本にも広まった料理のジャンルです。

 イタリア系移民がイタリア料理の文化をアメリカに持ち込み、そこからアメリカで独自進化したアメリカ風イタリア料理、それがアメリカン・イタリアンです。

 代表的な料理は、アメリカ式のピザや、パスタ料理でしょう。

●アメリカのピザ

 元々イタリア料理であるピザ(pizza)は、日本では1970年代以降のマイカーブームとともに、全国に広がったファミリーレストランがメニューに入れたことで広く知られるようになり、1980年代頃に宅配ピザが流行して一気にメジャーになりましたが、あれはアメリカンスタイルのピザです。

 最近では、ナポリピザをはじめとして、本場イタリアのピザが認知されるようになりましたが、2000年代になるまでは、日本でピザと言えばアメリカンスタイルのピザが主流でした。

 アメリカンスタイルのピザの特徴は、何といってもスパイシーなトマトソースと、チーズでしょう。

 イタリアのトマトソースのピザは、シンプルにトマトを潰しただけのものを用いることが多いですが、アメリカのトマトソースのピザは、香辛料や調味料をミックスした、味の強いものが多いです。

 そしてチーズも、アメリカでは保存性の高いプロセスチーズを使用されることが多々ありますが、イタリアでは、モッツアレラチーズを代表とするナチュラルチーズを使用し、プロセスチーズを使用することはまずありません。

 プロセスチーズはナチュラルチーズに比べて旨味成分が少ないので、その分ソースの味を強くして旨味を補うようになったのかも知れません。

 また、アメリカのピザには、シカゴスタイルのピザのような特徴的なものもあります。
 シカゴスタイルのピザは、「スタッフド・ピザ」や「ディープ・ディッシュ・ピザ」などと呼ばれ、高さが5cmくらいもある、鍋のような形にこねた生地に、たっぷりの具とチーズ、ソースを詰めこんで焼き上げるという、イタリアには存在しないシカゴ独自のピザです。

 このように、アメリカには独自のピザ文化があり、日本の初期のファミリーレストランのモデルはアメリカのコーヒーショップだったことや、宅配ピザもアメリカのチェーン店を日本に持ってきて展開したものが多いので、日本のピザは長らくアメリカ色が強かったのです。

●アメリカのパスタ

 アメリカン・イタリアンを象徴するもう一つの料理は、アメリカ独自のパスタでしょう。
 代表的な料理としては、スパゲッティ・ミートボールや、フェットチーネ・アルフレッド、マカロニ&チーズなどがあります。

 スパゲッティ・ミートボールは、正確には"Spaghetti with meatballs"と言い、ミートボールの乗ったスパゲッティです。

 この料理はイタリアではほとんど見られませんが、アメリカのレストランでは非常にポピュラーなメニューで、日本でもかつては、戦後に米軍基地でコックをしていた人が開いた洋食屋やファミレスなどでよく提供され、ナポリタンやミートソース同様に、一般的なスパゲッティ料理として認知されていました。

 1979年に公開された、モンキーパンチ原作・宮崎駿監督のアニメ映画『ルパン三世 カリオストロの城』で、主人公のルパンと次元大介が、食堂でスパゲッティ・ミートボールを奪い合うようにして食べていたシーンは有名です。

 ミートボールは、小型のものをゴロゴロ乗せたスタイルが多いですが、自分が以前カリフォルニアのイタリアンレストランで注文したスパゲッティ・ミートボールは、ソフトボールのように大きなものをドンと乗せたものでした。

 フェットチーネ・アルフレッドは、アメリカでパスタ料理を出すレストランなら必ずメニューに載っていると言えるくらいポピュラーな料理で、これもイタリアにはほぼ存在しない料理です。

 この料理は、イタリアのローマにあったレストラン「アルフレード」のオリジナル料理で、オーナーのアルフレード・ディ・レーリオ氏が考えた料理でしたが、1920年に、この店に新婚旅行で訪れたアメリカの映画俳優、メアリー・ピックフォードとダグラス・フェアバンクス夫妻がこの料理に感激して、アメリカに帰ってからハリウッドの仲間に広めて有名なったものです。

 こうした経緯から、イタリアではアルフレードでしか出されていないマイナーな料理でありながら、いつしかアメリカでは全土で知られるほどメジャーなパスタ料理になったという面白い料理です。

 アルフレード氏のオリジナルレシピは、フェットチーネにバターとパルミジャーノ・レジャーノを合わせた料理でしたが、アメリカではそこに生クリームを加えたクリームソースのパスタとして普及しています。

ALFREDO.JPG - 29,078BYTES
 フェットチーネ・アルフレッド(調理:管理者)

 イタリアでこの料理が広まらなかったのは、イタリアにはカチョ・エ・ペペ("cacio e pepe")のように、パスタとチーズを合わせたシンプルパスタは珍しいものではなく、色々な料理が既に存在していたので、敢えて広まることはなかったのでしょう。

 マカロニ&チーズは、茹でたマカロニにたっぷりのチーズを乗せてオーブンで焼いたもの。
 ガーリックやオニオンなどで味を加えることもあり、マック&チーズという略称でも親しまれ、肉料理と一緒に食べる付け合わせとして人気があります。

 これ以外にもアメリカのパスタ料理は、アメリカの各地域ごとの食文化の影響受けてアレンジされ、ニューオリンズやテキサスといった地域に行くと、ケイジャン料理("Cajun")や、テックスメックス料理("Tex-Mex"。テキサス-メキシカンの略)の影響を受けた、スパイシーなパスタ料理もあり、これらもイタリアには存在しないパスタ料理です。

 日本ではバブル期のグルメブーム以降、パスタ料理というと本場イタリア式こそ本物のような風潮があったからか、こうしたアメリカン・イタリアンのパスタ料理はレストランのメニューからすっかり姿を消し、アメリカ料理をウリにするような店でしか見られなくなりました。

 しかし、クミンやパプリカ、ガーリックなどでスパイシーに仕上げたメキシコ風パスタなどは、本格的なイタリア料理店では食べることの出来ない、とても美味しいパスタ料理だと思うので、日本で出している店が少ないのは、もったいないような気がします。

MEX_PASTA.JPG - 33,519BYTES
 チキンとパプリカのメキシコ風スパゲッティ(調理・管理者)

 
 


 →雑学indexへ