カプレーゼのポイント

 イタリアンの定番の前菜、カプレーゼ。
 すごく簡単に見えて、作ってみると、いまいち味気ない…なんて経験、ありませんか?
 
この料理を美味しく仕上げるコツは、「塩」の使い方です。

 モッツァレラチーズをカットしたら、その表面に、軽く塩をふるようにしてみましょう。それだけで、劇的に美味しくなります。
 通常
モッツァレラチーズは、塩分が強くありません。そこに、水分の多いトマトが加われば、余計に味は薄くなり、それが、味気なく感じてしまう理由です。モッツァレラチーズは、塩をふることで、その旨味が引き出されます。
 一方、
トマトに塩がききすぎると、ちょっと嫌味な味になってしまいます。トマト自体は、甘味もあって、それだけでも美味しく食べられるので、ポイントはチーズ自体に塩をふることなのです。
 オリーブオイルは、エキストラ・バージンを使ってください。ピュアオイルだと、風味が足りないので…。このエキストラ・バージンオイルの香りも、重要な味付けの一つです。
 バジルは、是非フレッシュバジルを使いましょう。乾燥バジルとは、風味が別次元に違います。バジルを
刻んでオリーブオイルと混ぜ合わせて、全体にかけることで風味とコクが行きわたります。また、このオイルに少し塩を混ぜると、味わいにアクセントがつきます。

F05.JPG - 29,741BYTES
 


 →料理豆知識indexへ