ゆで卵

茹で卵は、よく塩を入れるとか酢を入れて作るとか、
水から作るとか、沸騰したお湯で作るとか、
色々言われていますが、
おすすめの作り方を紹介します。

塩を入れてお湯を沸かし、沸騰したら卵を入れて、
茹で上がったらすぐに氷水で締めます。
このやり方が、シンプルでうまく作れると思います。

塩を入れる理由は、卵の殻が割れていた場合、
白身が流れてしまうのを防ぐためです。
(酢にも同じ作用があります)

茹でてすぐに冷やすのは、
熱々の卵を急速冷却することで、
卵が引き締まって殻との間に隙間が生じ、
殻が剥きやすくなるからです。

また、剥く時は、水の中でやると
さらに剥きやすいです。

ゆで時間は、湯量と卵の数にもよりますが、
約14分で固ゆで、
約11分で卵黄がほんのり半熟、
約10分だと半熟、
約8分だと卵黄はトロトロです。
  

 


 →料理豆知識indexへ