プロのフライパン

 アマチュアの人からすると、プロは特殊な調理道具を使ってそうに思われがちです。

 ですが、フライパンについて言うと、少なくとも洋食においては、通常調理に使うフライパンは、そこらで売っているものと、品質的にはたいして変わりません。

 ですが、一般家庭とは選ぶポイントが少し違います。

 それは「耐久性」です。

 飲食店、特に洋食や中華でのフライパンの扱いは、非常に激しく過酷なので、壊れやすいものは向いていません。

 だから、こういったものを使っています。

SPAN.JPG - 22,621BYTES

APAN.JPG - 19,813BYTES

 上は、焼き物や炒め物に使う、鉄のフライパン。
 これは必須ですね。とにかく万能。
 
その気になれば、これ一つで、何でも作れます。

 そして下は、パスタなどに使用する、アルミのフライパン。
 
アルミのフライパンだと、ソースの色がよくわかります。

 そして、この両方に共通していることは、おわかりでしょうか?

 そう、持つ所に、木柄などがついていないのです。
 ここがポイントで、家庭用のような、木柄やプラスチックの柄がついたフライパンだと、あっという間に持つ所が壊れてしまいます。

 だから、お店では、本体と柄が一体化した丈夫なものを使ってるわけです。

 もちろん、加熱している時は、持つ所が熱くなってしまうので、ダスターなどを持って作業しますが…

 両方とも、値段的には、そんなに高くはありません。
 鉄のフライパンは、2,000〜3,000円くらいのものです。

 はじめて使うと、すぐに赤錆がついて最初はびっくりするかも知れませんが、使っているうちに、自然に錆びなくなります。

 アルミのフライパンは、鉄よりは高いですが、それでも一万円もしません。
 その値段のもので十分プロの調理に対応でき、しかも、一度買ってしまえば、十年でも使い続けられます。



 


 →料理豆知識indexへ