シャアはニュータイプ

 自分はガンダムオタクではありませんが、以前からすごく気になっていたガンダムネタを書きます。

 アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズに登場する屈指の人気キャラ・シャアについて、一部ネットではニュータイプかどうか意見が分かれるみたいなのです。

 普通に観ていればシャアはニュータイプと思うところ、あえて「実は違うのでは?」と考えるのが面白いんでしょうね。
 こうやって僕が記事にしようという動機が生まれること自体がまさにそうだし、
こうしたこともガンダムシリーズの魅力なのでしょう。

 そもそも、ガンダムシリーズのニュータイプ論は、原作者である富野由悠季さん本人の中でも定義がはっきりしておらず、何度も解釈が二転三転しているからこうした議論になるのです。
 特にシャアについては、ファーストガンダム終盤で明らかにニュータイプに覚醒しはじめる描写がなされ、シリーズ二作目である「Zガンダム」でも、所々でニュータイプ的な感覚を発動していたのに、終盤になって敵の主要キャラであるシロッコに「ニュータイプのなりそこない」と言われてしまったため、そういう話になってしまったわけです。

 ニュータイプの定義自体がはっきりしていないので議論が分かれるのは仕方ないにせよ、作中におけるシャアの描写は概ねニュータイプです。
 
いくら定義が曖昧だといっても、ファーストガンダムの主人公であるアムロ・レイをニュータイプじゃない、という人はほとんどいないと思いますが、アムロをニュータイプとして認める限りは、シャアは間違いなくニュータイプだと断定できます。

 何故そう言えるのかについて、ニュータイプの設定の変遷から掘り返して説明します。

 そもそも、ニュータイプという概念自体は、ガンダムの企画段階では存在していなかったそうです。
 SFアニメ・ロボットアニメが流行しつつあった当時、富野さんは、ガンダムの企画にあたって、それまでの子供向け的なものではなく、より高いリアリティとシリアスさを持たせようとしました。
 それまで、小説でもアニメでも、ヒーローものの主人公というのは無条件に強いのが当たり前ですが、ガンダムではあえてその理由づけをするために、「主人公はエスパー」という要素を企画時に考案します。
 そういう点では、制作上の都合で生まれた概念という側面がまずありました。

 一方で、ガンダムには「人類の革新」といったテーマがストーリーの根底にありました。
 これは、当時「新人類」や「ニューエイジ」といった言葉が流行っていたことを受けて、未来時代における人間の革新をストーリーのエッセンスに加えたわけです。
 そして、ガンダムの中ではそれを「人とひとが分かり合える」ということで表現しました。

 そうして制作を進めていく中で、その超能力的な要素と人類の進化という要素を融合させて生まれたのが「ニュータイプ」という言葉で、その言葉を思いついた富野さんは、そのことにひどく興奮されたとか。

 戦闘時における予知能力のようなエスパー的超能力はあくまで能力の発現の一部であり、ニュータイプの本質は、テレパシーのような能力で人間同士がお互いの心を感じ取ることで、これまでの言語に頼ったコミュニケーションで生じる誤解などが一切発生せず、本当の意味で「分かり合える」というものです。

 しかし一方、戦いのさなかにキュピーンと閃光が走って敵の攻撃を感知する表現などは、他のSF作家から「古い」と酷評されたりして、富野さんはショックを受けたそうです。

 そんな諸事情によって、富野さんはニュータイプというものの解釈をどんどん複雑化させ、結果的に思想的な色合いが強くなり、そのことが作品内の表現にも反映され、ニュータイプなのかどうなのかわからない微妙なキャラクターや描写も増え、そうしたことがニュータイプ論をややこしくしていきます。

 ですが、結局のところ超能力的なものなしにはニュータイプは語れません。
 富野さんは、超能力それ自体はニュータイプの本質ではないと語られているので、超能力を発揮しているだけでは真のニュータイプと呼ぶ十分条件にはなりませんが、それでもやはり、必要条件ではあります。
 超能力がないキャラクターは、ニュータイプからは外れます。

 だから難しいのは、精神面をどのように評価すべきか? ということになりますが、ニュータイプ論がややこしくなったのは、まさにそこにあります。

 ファーストガンダムでは、物語の最後に、ホワイトベースの主要な乗組員全員がアムロの言葉を感じ取り、宇宙時代の人類は皆ニュータイプになれるような描写で話を締めくくりました。
 
しかし、富野さんは次作のZガンダムで、精神やマインドが進歩的でないとニュータイプとして能力が開花しないような設定を持ち込み、それが人類の革新を阻んでいるような流れにしました。

 結論から言うと、これが矛盾を生んでしまったわけです。

 Zガンダムでは、ニュータイプなのかどうかが微妙なキャラクターが出てきます。
 ジェリドやカツがそうですが、ジェリドがまさにその象徴的存在で、不快感やプレッシャーのようなものを感じ取る、超能力的な面での資質の片鱗を見せながらも、考え方が古くて意固地なために、ニュータイプになれず時代に取り残され消えていく存在として描かれます。

 結局ジェリドはオールドタイプ扱いされるのが一般的だし、カツも、ニュータイプの資質はあったけれど、ニュータイプと断言するには一歩及ばず、覚醒しきれなかったという扱いをされます。

 そしてシャアについても、過去の自我に囚われているために自身の殻を破りきれず、ニュータイプとしては中途半端で、だからシロッコに「ニュータイプのなりそこない」と言われてしまう存在として描かれるわけです。

 そうした部分だけを見ると、シャアはニュータイプになれる資質を持っていたけれど、ニュータイプにはなれなかった、という判断が出来るようにも思ってしまいます。
 特にZガンダムでのシャア(クワトロ)はヘタレなので、そのヘタレっぷりがそうした見方を後押しします。

 ですが、だからといってシャアとカツが同レベルかというと明らかに違います。

 それに、シャアを「なりそこない扱いする」シロッコは、果たして革新的なマインドの持ち主だったのでしょうか?
 ハマーンの操るファンネルを心眼のようなもので察して撃ち落とすという、超能力的には明らかに高い力を持っていますが、人とひとを心で分かり合えているようにはとても見えません。
 ハマーンにしても同様で、ファンネルを自由自在に操り、シロッコに強力なプレッシャーをぶちかまし、カミーユと精神の邂逅をする明らかなエスパーとして描かれていますが、キャラの人間設定としてはむしろめちゃくちゃ保守的で、頑固で融通が利かず、カミーユからの精神的なアプローチを拒絶しています。

 精神的な進化がなければニュータイプと呼べないのなら、シロッコもハマーンもニュータイプとは呼べないでしょう。
 結局、アニメの描写自体、超能力の強でしかニュータイプの力は証明できていません。

 だいいち、ニュータイプの代表であるはずのアムロ自体も、人間的には煮え切らないオタク気質のキャラクターで、特に進歩的な思想やマインドを持っているわけでもありません。
 
だから富野さん自身も、どこかのインタビューか何かで、アムロについて高い資質は持っているが精神的にはオールドタイプだと言っていたような気がします。

 このへんの話は、ニュータイプという設定自体が破綻している部分で、富野さんも「ニュータイプは失敗」として多くのところで語られていたり、ガンダムマニアの間でも矛盾が指摘されています。
 
というのも、ニュータイプというものが、人とひとが完全に分かり合える存在であるなら、そもそも争い自体しないはずです。

 しかし、しょせんガンダムはロボットアニメです。
 ロボットアニメは、主人公を中心としたバトルがなければ成立しません。

 最終的に全人類がニュータイプに目覚めることで戦争がなくなりめでたしめでたし……という結末に持って行きたいはずが、ストーリー構成上、高い戦闘力を持つニュータイプ主人公と、それに匹敵するニュータイプ能力を持つライバルが戦わないと、アニメとして物語が成立しません。
 
だから、何かと理由をつけてニュータイプ同士が戦い続けているわけで、そうなっている時点で、「誤解などが一切なく人とひとが分かり合える」という話と矛盾し、結局ニュータイプなんてものは超能力で高い戦闘力を発揮する人に過ぎなくなります。
 
実際、ガンダムシリーズ自体の中でもそういう扱いになり、ニュータイプの設定自体が廃れていきます。

 つまり、精神レベルやマインドでニュータイプ論を判断しようとすると、誰一人ニュータイプには到達できなかったと言えると思います。

 だから結局、ニュータイプであるかどうかを判定するなら、超能力の発揮レベルで判断することになり、そうするとシャアは、十分ニュータイプとしての超能力を持っていると言えると思います。

 まず、ファーストガンダムでシャアは、ジオングに乗っている時、見えないところから向かってくるミサイルを感知して避けます。閃光が走る描写がされているので、目や耳で察知したのではなく、超能力的に感知したことは明らかです。

 Zガンダムではもっとはっきりしていて、物語の序盤で、リックディアスに乗ってコロニーに入ると、まだ出会ったことのないカミーユの存在や息遣いを感知し、「ララア・スン、アムロ・レイか……?」と呟きます。
 また、アッシマーやギャプランとの闘いではキュピーンと閃光を発して攻撃したり、アムロとの再会シーンでは、姿も顔も見ずに「何をする気だ、アムロ!」と、気配だけでアムロと察知し、シロッコとの遭遇ではシロッコのプレッシャーを感じ、逆にシロッコにもプレッシャーを与えています。
 これはもう、もはや普通の人間の能力を超えています。

 ただ、シャアがニュータイプの資質を開花しきれずにいる、という富野さんの考えは「逆襲のシャア」にも表れていて、アムロやクエスはナチュラルにファンネルを扱えるのに対して、シャアは頭に補助的な機器をつけるなど、超能力的にも少し弱い扱いをしています。
 もっとも、ファンネルは補助器があれば誰でも扱えるというものではないので、あくまでシャアはニュータイプには属するけれど、能力レベルが少し微妙なことを表現しているわけですね。
 これは、ファーストガンダムの最後で、ジオングのサイコミュを動かせたり動かせなかったりしたことを暗に枕にして、あの時から比べても、結局シャアは変わり切れていない、ということを表現しているのかも知れません。
 ZZゼータで、ハマーンがジュドーからシャアと同じ気配を感じたのは、ジュドーもニュータイプ能力が弱めであったことから、シャアと似ているように感じたのではないかと思います。

 そんなわけで、シャアはニュータイプ力はやや弱いけれど、オールドタイプとは明らかに違い、あくまでニュータイプに含まれるキャラクターだと断定できると思います。
 

 


 →TOPへ