嗣永桃子さんとカントリー・ガールズ

 嗣永桃子さんは、ハロープロジェクトに所属されていた元アイドルです。
 2017年の6月に、芸能界を引退されました。
 十年くらい前、テレビのバラエティなどに「ももち」としてよく出ていたから、知っている人が多いかも知れません。

 僕が嗣永さんに興味を持ったのは最近ですが、嗣永さんは、「アイドル」という職業を高いレベルでこなす「技術者」のようで、非常に優秀に思いました。

 所属していた「ベリーズ工房」「Buono!」「カントリー・ガールズ」といったグループでそれぞれ見せていた顔はどれも違い、バラエティでの嗣永さんとも異なり、多彩な顔を使い分けていました。
 これは完全に技術ですね。
 
バカっぽいキャラを演じていながらも、下品なことはしないのも個人的に好感が持てます。
 
最後は盛大な引退ライブで有終の美を飾り、すっぱりと芸能界から去った引き際の良さも含めて、とてもリスペクトしてます。

 そんな嗣永さんが残した興味深い仕事の一つが、「カントリー・ガールズ」というグループ。

 このグループは、つい先月、2019年の12月に活動休止、というか事実上解散しました。
 
このグループをyoutubeではじめて見た時は、よくありがちなアイドルグループといった感じで、特に興味は持ちませんでした。

 ですが、嗣永さんの引退ライブの動画を観てから印象が変わりました。
 そこから
過去の動画を漁って観たわけですが、そこで感じた彼女たちの活動を一言で表現すると「青春ドラマ」です。
 アイドル活動という特殊な活動とはいえ、どこか自分の青春時代を思い出させられ、何ともいえない「もののあわれ」(?)がありました。

 このグループは、2014年にハロプロの新人で結成されたアイドルグループですが、ベテランである嗣永さんはそのメンバーでありながら、マネージャーとして指導者を兼任されていました。
 一人だけ歳の離れた
嗣永さんは指導者的な立場で、後輩を鍛えたら数年で抜ける前提だったようで、初期の頃の映像を見ると嗣永さんは脇役的な存在でした。

 それが、デビュー曲でセンターを務めた島村うたさんというエースが、半年で芸能界から引退してしまいます。
 当時のネット評を見ても、カントリーのデビュー時は「うたちゃんフィーバー」と言われるくらい島村さんがずば抜けた人気を誇っていたので、その痛手は甚大だったようです。嗣永さんも島村さん引退のショックを受け止められないと当時のブログに綴られていました。

 2017年に嗣永さんの引退が決定すると、残りのメンバー五人中三人は他のグループを兼任することになり、カントリーガールズの活動自体が休眠状態になります。ネットでは「事実上のカントリー解体」などと書かれていました。

 これって、クビというわけにはいかないから、継続できる仕事場を事務所が用意したのだろうと思います。

 カントリーガールズは、そもそものコンセプトがダメだったと思います。
 
メンバー全員が小柄で「可愛さ」を前面に出した、アイドルの王道路線がコンセプト。

 ですが、2014年というと、AKBグループやももいろクローバーZらの全盛期。
 アイドルビジネスの成功要件については
別の記事に書いたのでここでは詳しく書きませんが、そんな時代にこのコンセプトが無謀だったと思います。
 同じ時期に王道アイドル路線でスタートした乃木坂も、すぎにスタイリッシュなお嬢様テイストに路線変更しました。
 その上、乃木坂は、AKBファンという同じパイの中で人気の取り合いをしても意味がないと気付き、運営もレコード会社もAKBとは全て別の存在に仕立て直し、AKBとは別の層
の取り込みに切り替え、見事に成功させました。
 そうした秋元康氏のビジネス勘はさすがです。

 カントリーの失敗は、しょせんハロプロ内という決まったパイの中でファンを分け合ってるに過ぎなかったからでしょう。
 エースの脱退は痛手だったかも知れませんが、その「うたちゃんフィーバー」にしても、しょせんはハロプロファン内での話で、世間でフィーバーしたわけではありません。

 ですが、そんなグループが僕の感性にひっかかったのは、嗣永さんの引退ライブの終盤に歌われた「VIVA!! 薔薇色の人生」を観てからです。
 そこでの彼女たちの歌には、気迫というか、押し寄せるような熱があって、観ていて眼が離せなかったのです。
 技術的には凄いわけでもないのですが、明らかにソウルフルでした。

 そこから興味を持って調べていくと、あの歌が何故あそこまで熱く感じられたのかがよくわかりました。

 カントリーガールズは、数あるアイドルグループの中でもおそらく珍しい、「先生と教え子」という構造を持ったグループでした。
 そのせいで、このグループには金八先生の青春ドラマを観ているような物語性があるのです。

 そもそもハロプロは、ASAYAN時代からの流れで、アイドルの成長物語を売りにしているところがあります。
 ただ、カントリーガールのように、「先生と教え子」という関係の両者が一緒にメンバーとしてデビューし、活動していくというのは、かなり珍しいのではないでしょうか。

 しかし、だからこそ、見ていて面白いドラマ性がありました。
 背景にあるのは、時代遅れのコンセプトであるが故に直面する売上不振。
 先生と教え子関係はアイドル的な演出だとしても、売上不振はどうにもならないリアルです(笑)
 結果、「事実上の解体」という扱いになるのですが、それが何ともいえない、「もののあはれ」的な感傷を誘うのです。

 グループの方向性も、いつのまにか嗣永さんを中心としたファミリーのようなグループになっていました。
 
これはおそらく、すでに固定ファンがいる嗣永さん利用したほうが経済的だと考えたからでしょう。
 
事務所の中では、2017年にメンバーの兼任が決まった時点で、カントリーガールズは整理事業だったと思われます。

 彼女たちは、ロリっぽい「王道アイドル路線」というコンセプトにおいては、レベルが高いように見えました。
 時代が時代なら、売れたと思います。
 モーニング娘。がブレイクしてハロプロが時代に乗り、タンポポやミニモニ、松浦亜弥さんといったチャーミングなアイドルがヒットした2002年頃に彼女たちが登場していたら、ブレイクしていた可能性は高い。

 「アイドル」というと「ロリ可愛い」イメージがありますが、2000年前後の一瞬を例外として、1980年代の終わり頃から現在に至るまで、ロリっぽいアイドルグループが社会的人気を集めるほどブレイクした例って、実は存在しません。
 理由は簡単。世の中そんなロリコンだらけじゃないから(笑)

 それに、テイストも古い。
 彼女たちがモーニング娘。のメジャーデビュー曲である「モーニングコーヒー」を歌った
2018年のライブ映像がありますが、20年前の映像だと言われてもおかしくないくらいナチュラルです。

 つまり、古いんです。
 とにかく、時代が求めていなかった。

 けど、彼女たちは、事務所から求められていた王道アイドルを、高いレベルでこなしていました。
 
へぼいアイドルが売れずに解散してもドラマになりませんが、個々の素材は悪くないだけに、不遇な道を辿って消えていく姿が「もののあはれ」さを誘うのです。

 まあ、そういうところに興味を誘われたんでしょうねえ。
 日本人的に、判官びいきな感覚というか。

 メンバー自身が本音ではどう感じ、何を目指したかったのか、真相はわかりません。

 ただ、そんな中での嗣永さんの存在と引退ライブは、ことさら彼女たちにとって大きな意味を持ったっぽいです。
 そうしたメンバーと嗣永さんとの関係性が、他のアイドルにはないドラマ性を持たせているのです。

 嗣永さんの引退ライブですが、まず、6/30に野外会場で開催したこと自体が普通じゃない。
 これは嗣永さん自身の希望で、スタッフの反対を押し切っての決定だったとか。
 だって、6月ってまだ梅雨期です。どう考えてもリスクが高すぎる。
 自分の最後を飾る場で、なんでそんな冒険をわざわざ選んだのか? と思うところですが、結果的に、見事晴れました。
 しかも、午前中までは雨が降っていたのが、リハーサルになると雨がやみ、オープニングの夕刻には美しい夕焼け空が広がっていたというのだから、そのドラマチックな展開に、嗣永さんの教え子たちが、そこに神がかり的なものを感じたっておかしくはないでしょう。

 そしてこの嗣永さんの引退ライブは8,000人の会場。
 アーティストのライブ会場として8,000人の箱は特別でかくはないけど、当時凋落していたハロプロの状況からすると別格で、調べてみたところ、ハロプロ歴代メンバーの中でも単独の卒業コンサートとしては屈指の規模のようです。
 
単独でこれだけのラストコンサートを開けること自体がすごいことであり、彼女たちも、ハロプロにいる以上は、これくらいの存在になりたいと、単純に憧れてもおかしくありません。

 ライブ自体は知らない曲ばかりでよくわからなかったのですが、十五年記念メドレーの時に一瞬映っていた、元ベリーズ工房や元℃-uteのメンバーを中心とする関係者席の尋常じゃない盛り上がりようがとても印象的でした。

 ただ、カントリーガールズとして最後に歌った「VIVA!! 薔薇色の人生」。
 これはやばい。
 ソウルがこもっていなければ生み出せないであろう、熱いエモーションに満ちていました。

 山木梨沙さんによると、この曲はメンバーにとって特別に思い入れのある曲で、あまり軽々しく歌いたくない曲だとどこかで話されていました。
 というのも、この曲の詞は、波乱に満ちた道を歩いていたカントリーガールズの内情を知っている児玉雨子さんによって作詞され、カントリーメンバーの本音というか、彼女たち自身を励ますような詞になっているそうです。

 「未熟者は将来がある 未来しかなくてごめんね」「困難 荒波 大歓迎! 私たちは大丈夫です 薔薇色の人生!」と、強がりなまでに前向きな歌詞で、「私たち最高です」「みんなも最高です」と、どこまでもポジティブに歌うこの歌は、結成すぐのエース脱退、売上不振、兼任活動による事実上の解体……といった、苦しい道を歩いてきた彼女たち自身を映しているような趣があります。

 その曲が、嗣永さんの引退ライブでは、ただならぬ雰囲気をまとっていました。
 嗣永さん自身も、メンバーを教え子として特別な思いがあるのか、
最後のサビではフォーメーションをなくして6人が肩を組んで歌い上げるのですが、ベースがランニングするラインのテンションの高揚と相まって、並々ならぬ熱気を放っていました。特に嗣永さんの両サイドの梁川奈々美さんと船木結さんの二人、そして端に並ぶ小関舞さんが、泣きながら歌っているせいで、歌に独特の抑揚を生んでいるのも要素としてあるでしょう。ていうか、この曲は何気にベースがめちゃくちゃカッコいい。色々書いてますけど、ぶっちゃけこのベースがなかったらここまで印象的に思わなかったかも。

 まあとにかく、たとえは悪いかも知れませんが、甲子園やインターハイのような部活の大会や、アマチュアの音楽コンクールと似たような感覚です。
 学生の大会というのは、技術的には未熟でも、凝縮された魂のようなものを感じることがよくあります。
 
嗣永さんの引退ライブでのこの歌は、「アマチュア的な真剣勝負」感覚に近かったのです。
 ファンのために演じているというよりは、一人ひとりが、フレーズの一瞬一瞬を、手放したくなような思いで歌っているような感じが伝わって来ました。
 こうした「ソウル感」と「ライブ感」こそ、音楽の醍醐味です。
 まあ、引退ライブとかはそういうものなのかも知れませんが、他を良く知らないので…
 いずれにしろ、こんなのを観せられたら、なんでここまでの熱を放てるのか? と、興味を持たずにはいられません。

 ただ、それより過去の映像を調べた限りでは、この曲にそこまで熱い雰囲気はなかったように思いました。
 嗣永さん引退以降の彼女たちの歩みを追っていくとドラマチックで、嗣永さんの引退ライブからまだ五か月後くらいに開催された結成三周年コンサートでは、一部のメンバーが終盤に泣きだします。
 アンコールのMCで、森戸知沙希さんがまず泣き出します。
 それも、悲しい涙ではなく、五人でライブできることが嬉しすぎて、感極まったかのような様子がエモい。
 これが演技だったらすごいですが、この時の感情は本心だったのではないでしょうか。

 そこから周りのメンバーにも波及し、その後に歌ったラスト曲では、梁川奈々美さんの動きがだんたんフニャフニャになり、ラストのサビのところで陥落。踊れないくらいに泣き出し、それを見た船木さんも号泣します。
 まるで里子に出された子供が久しぶりに実家に帰って家族に会い、心が緩んだかのような状態。
 一方、その時はまだ、カントリー専任の山木梨沙さんと小関舞さんのほうが余裕あのある印象で、特に小関さんはMCで超ポジティブトークをしていたし、全体的には総じて前向きな雰囲気でした。

 しかしそれが、一年後の四周年コンサートでは、全体がもはや悲壮感漂いまくりに。
 今度は専任の小関さんが「この一年、本当に寂しかったんです!」と叫んで泣く姿は、その後の一年間の不遇な内情を感じさせるようでした。
 そこにはメンバーの梁川さんの卒業が決まっていたからもあるでしょうけれど、そうなった経緯も含めて、おそらくその一年で、カントリーが整理事業になっていることを彼女たちは思い知らされたのでしょう。

 アイドルに限らず、採算が悪い事業は潰れて当然です。
 それはそれとして、アイドルのライブで毎回悲壮感が漂ってるというのは、少し異色に感じました。

 だいたい、本来アイドルなんて、個人戦のバトルだと思います。
 グループで活動してても、自分こそが一番、私がセンターをとる、という意気込みで活動し、メンバーは仲間といっても、本音では蹴落としたいライバルに思うくらいが普通で、アイドルビジネス的にはその意気でやってくれるほうが健全なくらいだと思います。
 しかし、カントリーは良くも悪くも本当に仲良しらしく、しのぎを削り合っている間柄には見えない。
 こうした、
仲間を敵と思うくらいに削りあわなかったことも、売れなかった理由ではないかと思う。
 そういう意味では彼女たちはプロっぽくなかった。

 ただその分、独特の世界観がありました。
 「嗣永先生と教え子たち」のような絆のグループだからか、商業アイドルらしからぬ雰囲気がありました。

 嗣永さんが引退してからは、その雰囲気がより強まっていました。
 たいていのアイドルグループって、いかにも「事務所に集められたグループ」とでもいうか、人の集団としてはどこか他人行儀な空気があります。
 といって、それはおかしなことではなく、クラシックの楽団だろうが、スポーツチームだろうが、プロの集団なんてのはそれが普通です。

 ですが、カントリーの五人は、嗣永さんがいた頃は「嗣永さんと教え子」というバランスで固まり、嗣永さん引退後は、完全にひとつになったチームのようでした。
 
ただ、これは決して、褒めているわけじゃありません。
 
やっぱり、スターは常に輝いていてこそなんぼでしょう。
 ライブのたびに泣かれても、背景を知らない人からすれば、なんのこっちゃわからない。
 これじゃあ新しいファンは増やせないでしょうね。

 ただ、アイドル業を学生の部活で喩えるのは失礼かも知れないけれど、あくまで個人的には、自分の青春時代の部活を思い出させるような彼女たちに、個人的に惹き込まれ、そんなグループに育て上げた嗣永さんの手腕をリスペクトしているわけです。

 そして、2019年12月26日。
 仕事が早く終わったので家でネットを見ていると、偶然カントリーガールズのラストライブの日で、
dtvで生中継されると書かれていたので、そこでわざわざdtvに登録し、ラストライブの映像を見ました。

 僕にとって、アイドルのライブ動画をまともに観るのは、嗣永さんの引退ライブと、鈴木愛理さん、そして二人の所属していたBuono! くらい。タイムリーに観るのはもちろん初めてです。

 ……で、観た結果、やっぱり青春ドラマを観ているようなライブでした。
 しかもリアルタイムなので、やはり感慨深いですね。

 このライブから、彼女たちのメンバー愛、そして彼女たちにおける嗣永さんの影響の大きさの二つをあらためて感じました。

 やはり彼女たちにとって嗣永さんは、ある意味、超えたい存在だったのでしょう。
 そして、嗣永さんに負けないような有終の美を飾りたいと。

 まず、最初のメンバー紹介で、メンバーごとにそれぞれ想い出の写真がスクリーンに映し出されるのですが、みなさん、嗣永さんのいた6人時代の写真が混ざっています。
 
これは、彼女たちの本音もあるかも知れないけれど、明らかに嗣永ファン泣かせの演出です。

 ですが、ライブが始まってからは、MCとか含め、あまり嗣永さんを想起させる振る舞いはなかったように思います。
 
けど、そうして本編が終わり、アンコールの一曲目に選んだ曲は、「気ままな片想い」。
 確かにアンコールにふさわしい良曲ですけど、この曲は、ミッツマングローブさんが、嗣永さんに歌ってもらいたいと言って楽曲提供された曲です。一番が終わった後の間奏で流れるコーラスには、嗣永さんの歌声も入っています。
 この曲をアンコールにしたのは、深いですね。
 バックで流れる嗣永さんの歌声に、山木さんと森戸さんの二人は合わせて口ずさんでいました。
 こういう細かい演出も感じ入ります。

 その次の「アイドル卒業注意事項」。
 これこそ嗣永さんの卒業のために作られた曲です。
 彼女たちがこの曲を使うことは、ファンとしては想定通りなのかも知れませんが、自身の卒業と嗣永さんの卒業を当然のように重ねることに、彼女たちの世界観を感じます。

 その次の一人ずつのスピーチは、とにかくメンバー愛に溢れたものになっていましたが、小関さんのスピーチの最初には「ももち先輩」が登場し、その上で「認めてくださーい!」と、おそらく客席にいる嗣永さんに向かって叫んでいました。
 小関さんらしいといえばそうですが、これがこのグループの、そして小関さんのアイドル観を端的に示していると思いました。
 
小関さんは、この卒業公演直前のインタビューでも、嗣永さんからの影響の大きさを熱く語り、「影響を受けたどころの話じゃありません。私のお母さんです」と熱く語るくらいですから、自然な流れではあります。

 しかし、小関さんに独立したアイデンティティが確立していたら、おそらくこのスピーチは、ファンに対して「みなさんは当然認めてくれてますよね?」という語りかけになったのではないでしょうか。
 なのに、
自分を認めて欲しいと言う相手が「お母さん的存在」である嗣永さんになっている時点で、今もなお嗣永さんから離れられない・親離れしていないようで、プロとしては幼いようにも思えました。
 
ですが、引退して一般人になった相手にそれほど気遣いする必要はないにもかかわらず、嗣永さんの存在を大事にし続ける小関さんは、まっすぐだ。
 
メンバーの中では一番人気が低かった原因はそのへんの幼さにあるように思いますが、そうしたところが小関さんの良さでしょう。
 最後のブログの末尾に入れた、メンバーカラーを表すハートマークに、嗣永さんの輝くピンクを入れた6人分にしていたのも、小関さんらしい。
 一方、森戸さんのブログでも同じようにハートマークを入れていますが、小関さんと違って最終メンバーの4人分だけなのは、プロ意識の高そうな森戸さんっぽい。

 山木さんはもっと大人で、広く関係者やファンに向けたスピーチをされていましたが、感謝の言葉を綴る際、「言葉は少ないけれど……たくさん愛情を示してくれました」と、大きく間をとりながら言った時、ふと小関さんが叫んだのと同じ方向に視線を向けたので、名前こそ出さなかったけれど、そこにも嗣永さん個人への想いも入っていたんじゃないかと感じました。

 最後の曲は、当然のように「VIVA!! 薔薇色の人生」。
 嗣永さんの引退ライブと同じかそれ以上の気迫のこもった熱演で、いつも泣き過ぎの船木さん、すぐに泣いてしまう小関さんは想定通りとして、いつもはクールっぽく振る舞い、泣きそうになると過剰に笑うことでこらえる森戸さんが、ごまかそうとしてるのに涙が出て困ってる風な様子がエモい。そして鼻がつまって高音を外しまくるのですが、それがさらにエモい。

 そして、Bメロ部分で森戸さんがちょっと顔を下げた時、森戸さんの肩を、後ろからそっと叩く船木さん。
 大丈夫とばかりに首をふる森戸さんですが、これって、嗣永さんの引退ライブでのVIVA!! 薔薇色の人生の逆の光景なんですよね。
 
嗣永さんの引退ライブでは、最後のユニゾンのところで、嗣永さんが順にメンバー一人ひとりの顔をしっかりと見詰め、メンバーも嗣永さんの顔を見詰め返すやりとりがあるのですが、最後に嗣永さんが「みんなも最高です!」と叫ぶと、船木さんは思わず顔を伏せて泣きます。そしてその時、森戸さんがポンと船木さんの肩を叩くのです。
 それがあったから、船木さんが森戸さんの肩を叩いたのは、まるで
その時のお返しのような仕草なのです。

 けれど、それだけでは終わらない。
 二番の同じBメロでは、さらにお返しとばかりに森戸さんが船木さんの肩をポンポンと叩くのです。
 狙い通りのごとく船木さんは泣きますが、そこで振り返った船木さんの顔を見た森戸さんは、自分で仕掛けておきながら泣きそうになって眼をしぱしぱさせます。

 船木さんって、平生の状態だとせっかく可愛らしいのが、感情のまま泣いて表情が崩れると可愛く見えなくなってしまうので、プロとしてどうかとは思いますが、これが船木さんであり、カントリーらしさだとも思える。

 これらが全て演出だとしても、とてもドラマチックな演出です。

 あと、ここでは山木さん、立派でしたね。
 最年長で実質のリーダーである山木さんは、直前のスピーチでは大粒の涙を流していたのに、歌がはじまると、嗣永さんの最後の姿を重ねるかのように、笑顔で最後まで歌いきりました。そしてその歌にも、いつも以上に感情の乗った表現のニュアンスが出ていました。
 泣きながら歌っている他の三人に比べ、一人余裕があるようなフリをしていますが、途中で何度か歌割を間違えたっぽく見えたので、本当のところはいっぱいいっぱいだったのではないでしょうか。
 全体的に音程のピッチが高いのも、おそらくそのせいでしょう。
 でも、結果的にその微妙に上ずった山木さんの歌声が、この歌に張り詰めたような表情を与えています。
 (なお、森戸さんや山木さんの音程のズレは、ライブの再配信動画では修正されていました。本番時のズレたままのほうが味があると思うんですけどね…)

 この、最後に泣かないというのも、嗣永さんへのリスペクトを感じさせます。
 この四人に先駆けて引退した元メンバーの梁川さんも、嗣永さんの引退ライブはじめ、ライブ中ではよく泣き崩れていたのに、自身の引退公演では、涙は流しながらも、顔だけはずっと笑顔のまま歌いきっていました。
 これも、嗣永さんの引退ライブでの嗣永さんの姿を意識してのことのように思えます。

 そして、カーテンコールも終えて、全てのプログラムを終了した時にエンディングとしてスクリーンに映された、四人のリハーサル映像。
 その
バックミュージックに「明日からはおもかげ」がかかったのには、特に感慨深いものがありました。

 ラストライブを観る前、ふと「明日からはおもかげ」はやるのかな? と思ってはいました。
 この歌は、メンバーへのインタビューを元に詞が作られ、嗣永さんの引退ライブのために捧げられた歌なので、内容的に他のコンサートで歌える曲ではありません。
 けれど、カントリーのメンバーの性格を考えると、どこかでこの歌を歌いたそう……と、何となく思っていたので、それが最後の最後に使われた瞬間、しかも音源を使用したことで、「その手できたか!」と思いました。
 確かに、あの曲を今さら歌うのは変だ。でも、このやり方なら不自然じゃない。やりおる。

 カントリーのラストライブに関するネットの記事で、このエンディングに触れている人を全くと言っていいほど見かけませんが、これって、とどめといわんばかりにドラマチックな、最高の演出だったと思います。

 前半の嗣永さんへの個別メッセージ部は省略し、後半のユニゾンからのスタートでしたが、その詞を聞けば、メンバーのラストライブへの想いが集約されているように思います。

「たとえわたしが涙に甘えても
 しらんぷりをしてください
 なだれ始めた時代にのって
 希望だけを見据えて

 たとえこの世がかなしみに枯れても
 あなたはどこかで咲(わら)っていて
 まことの愛を教えてくれたひと
 明日からはもう おもかげ

 なだれ始めた時代にのって
 明日からはもう おもかげ」 
 (詞:児玉 雨子さん)

 まず、「わたしが涙に甘えても」というところでもう、見事なまでにドラマチックです。
 嗣永さんが「ファンを笑顔にしたかったらステージでは泣いちゃダメ」とメンバーに指導していたのはファンの間では有名ですが、それを枕にしながら、このライブでメンバーが泣くことは折込済みで、この詞から始まるのがすでにエモい。
 
リアルタイムでこの曲が耳に入ってきた瞬間、おっ、と思いましたから。

 最後にこの歌を使った意味はおそらく、まずファンへの感謝の気持ちの表現でしょう。
 元々は、引退する嗣永先輩に向けて歌われたものでしたが、この日は、卒業する自分たちから、ファンに向けて贈ることを意識されたものに違いありません。
 特にカントリーは、嗣永さん引退後、事務所から不採算事業のような扱いを受け、メンバーは辛い日々を送っていたと思われています。
 ラストライブも、夢を達成したハッピーエンドとは言い難く、志半ばでの解散と思われるかも知れない。
 けれど、そんな自分たちのことを最後まで応援し、カントリーガールズとしての自信を支えてくれたファンへの感謝。
 そして同時に、有終の美を飾って「おもかげ」となった偉大な先輩のように、自分たちのカントリーガールズも、美しい「おもかげ」として思い出に残っていてほしい。
 そして、後を託されていながら、このような形で終わってしまったけれど、自分たちは、カントリーで過ごした日々を胸に、それぞれの未来に向けて歩きますから心配しないでくださいという、ファンや全ての関係者、そしてももち先輩へのメッセージ。

 そうしたものを表現するために、この歌を最後に流したのではないでしょうか。

 あと、音源を使用したということは、わざわざ新しく録音をしていない限り、そこには一足先に引退した梁川さんの声も入っているということ。
 これは深読みし過ぎかも知れませんが、深い。

 そして、「明日からはもう おもかげ…」という歌声と共に、スクリーンいっぱいに映し出される四人の姿と、「五年間応援してくれて 本当にありがとう」というメッセージ。この文も、4人で分けて書いただろう微妙な筆跡。

 結成からの波乱に満ちた歩み、そして何より嗣永さんという特殊な存在の教えと伝説のラストライブ、そしてその後の5人体制での活動、それら全てがなければ、このラストは成立しません。

 そういう意味で、彼女たちのラストライブには、他のアイドルグループでは作り得ない、唯一無二の素敵なドラマがあったように思います。
 会場は1,800人のハコという、メジャーグループにしては大きくはない所だったせいか、チケットはプレミアがつき、転売の相場は当日になっても値崩れしないどころか高騰し、20万円とか超えたみたいですね。事務所的には安全策をとったんだろうけど極端過ぎる。このあたりからも、カントリーというグループが、いかに商業的に需供予測が難しいビジネスだったことかが伺えます。

 まあ、ここまで語れば十分だと思いますが、僕にとっては、間違いなく「おもかげ」になりました。
 全ては演出なのかも知れないけれど、それはそれで、見事なドラマだと思います。
 100%創作だとわかっているドラマや映画でも感動するのと同じように、彼女たちの活動は、素晴らしい青春ドラマになっていたと思います。
 
ファンというわけではなく、CDの一枚も買うわけでもなく、ほんとこの一か月くらいネットで調べて知った程度で言うのも申し訳ないですが、楽しい青春ドラマをありがとうございました。

 彼女たちに望むことがあるとするならば、このドラマの「おもかげ」が、ずっと素敵なものとして思えるよう、倫理観を疑うような事件は起こさず、真っ当な道さえ歩き続けてくれれば、と思うことくらいです。

 嗣永さんとカントリー・ガールズのみなさんのこれからの人生が、薔薇色でありますように!
 

 

 


 →TOPへ