●このサイトのコンセプト

日本人にとって、全く異文化だった西洋料理。
それが明治維新の頃に日本にもたらされ、
それから約150年。
今やすっかり日本の食文化に定着しています。

このサイトでは、
そうした日本の西洋料理の道のりや、
それらを築き上げてきた料理人たちに
スポットライトを当てたサイトです。

食の大国フランスでは、
料理に関する歴史の本は数多く、
そうした食の楽しみ方を、
ガストロミー(美食学)と呼んでいます。

しかし、日本では、
レシピ本やグルメ評の類の本は
数えきれないほどありますが、
料理界の歴史やその背景を記したものは、
とても少ないように思いました。

美味い・不味い、サービスが良い・悪い、
もちろんそれが食の一番大きな側面ですが、
そうしたグルメ的な一面だけで、
食を「文化」と呼ぶには、
片手落ちのように思います。

音楽や絵画のように、
それにたずさわった人々・職人たちや、
社会的背景を知ることで、
味覚上の楽しみを超えた精神世界が広がり、
食べることが、もっと楽しくなると思います。

また、料理に限らず、職人の世界は、
今も昔も、非常識な荒くれ者が多い世界です。
世の中のコック全てが尊敬に値するわけでも、
それに見合った技術の持ち主とは限りません。

それに、残念ながら、
「たかが水商売の人間にリスペクト?」
と思う人だって、いることでしょう。

それに飲食業界は、昨今話題になっている、
ブラック企業・ブラックバイト問題もあり、
自分で自分たちの社会的地位を
貶めている側面は否めません。

「美味いもんを作ればいい」
「腕さえあれば常識なんて必要ない」

などと考えている、
人として薄っぺらな料理人は、
しかるべき教養を備えるべきですし、
「飲食業はそんなもの」
と、はなからそう考えている
飲食店経営者に対しても、
このページで色々問題提起を
していきたいと思っています。

…とまあ、
長々と書き連ねてしまいましたが、
こうした思いが、
このサイトのコンセプトであります。

 


 →TOPへ