バイトを休む時は代わりを探す?

 『「バイトに代わりを見つけさせる」という職場運用は法的に問題』という記事がネットに出ていました。

http://news.nicovideo.jp/watch/nw916959

 簡単に要約すると、

  バイトが欠勤する場合、
  法律上は債務不履行責任を負うことになり、
  会社に損害が発生した場合には、損害賠償義務を負担し、
  金銭を会社に支払わなければならないケースはある。
  しかし、代わりを手配する責任は、
  あくまで会社側(使用者側)にあり、
  そのバイトが、代わりの人を探せという
  会社の命令に従う必要はない。

という、弁護士の見解です。 

 だから、「休みたい」というバイトに、「代わりを探せ」と要求するのは、違法行為である、とのこと。

 しかし、これは現実的には、全くばかげた話だと思います。

 もちろん、「法的見解はこうだ」とコメントすること自体には問題ありません。

 ただ、考えればわかることです。
 飲食店なんかで突然の欠勤が発生したらどうなるか?
 当然ながら、営業に何らかの支障が発生します。

 サービスや料理の品質の低下を招いたり、繁盛店であれば売上の機会損失が発生したり、本来発生しないはずの社員の残業が発生したり。

 そもそも支障がないなら、「代わりを探せ」などと言う必要がありません。

 では、そこでもあえて「法的に」対処したとします。

 その場合、お店側も、その欠勤したバイトを、損害賠償で訴えて良い、ということですよね?
 この弁護士の説明通りなら。
 

 代わりを見つける義務はないので、出勤しなくてよい。
 しかし、欠勤するなら、相応の賠償責任が発生する。

 つまり、法的にも、まず重要なことは、「たかがバイト」でも、急な欠勤をするということは、「法的にも賠償責任が生ずる行為」だと言うことではないでしょうか?

 車で接触事故を起こせば、賠償責任を負います。車同士なら、刑事事件ではないので逮捕はされませんが、民事上の裁判になることはあります。

 しかし、実際には裁判なんかしてたら大変だから、「示談」で解決するのが一般的です。

 バイトの欠勤も同じではないでしょうか?
 
バイトが欠勤したからといって、いちいち裁判なんてやってられません。
 手間と費用が見合わないからです。

 だから、店側はそのバイトに対し、賠償責任を負いたくなければ、「代車を用意する」かのごとく、「代わりのバイトを探すことでOK」という示談交渉をしてるようなものです。 

 だから、逆に言えば、一方的に欠勤するバイトは、お店が裁判なんて起こせないことにつけこんで、その法的責任を踏み倒しているに過ぎない、ということではないでしょうか?

 それを、「代わりを見つける義務があるか」だけをクローズアップして、FAのようにするのは、いくら質問がその部分だったとしても、不十分すぎる解答に思います。

 これでは、「バイトは休みたい時にいつでも休んでいい」と、法的に認められている、と勘違いされるだけではないでしょうか??

 …ただ、自分は、本来はそんな法的な解釈を議論したいわけではありません。

 弁護士がいくら「法的義務はない」と回答したところで、現実的に、それがどれだけ意味のあることでしょうか?

 バイト側としても、こうした法的知識を知ることで、店に「代わりを見つけろ」と言われた時に、「それは違法行為だ」と言って店を起訴するのでしょうか?

 欠勤してクビになったとして、それを不当解雇だと言って、裁判を起こすのでしょうか?

 それこそ「たかがバイト」で、そんな面倒なことは誰もしないでしょう。
 それに、そこまで人間関係をこじらせてまで、バイトを続けたいとも思わないでしょう。

 バイト先がクソだと思ったら、解雇されるまでもなく、自分から辞めるでしょう。

 つまり、結局は全て「人間関係」ではないでしょうか?

 急な欠勤をすると、どういう問題が起こるのか?
 欠勤によって、その日働いている他のメンバーに迷惑をかけてしまうことを、本人がどう思うか?

 それが、本質的な話だと思います。 

 たとえば、友達から、「草野球の大会に出よう」と誘われて、参加を約束していたところ、当日に急用が入ってしまったら…?

 労働契約どころか、ただのお遊びの口約束だから、その約束に法的義務も何もありません。
 実際に行くか行かないかは、本人の自由です。

 でも、自分が行かないせいで、チームが大会に出られなくなったら、チームの他のメンバーに迷惑がかかるので、予定を調整したり、代わりを見つけるのが、「人として」常識的な行動ではないでしょうか…?

 まあ、自分は手伝ってるだけだから、メンバーが足りなかったとしても、発起人や中心メンバーが代わりを見つけるのが筋だ、という考え方をする人もいるかも知れません。

 でも、他の参加メンバーにとっては、「○○が来なかったせいで試合に出られなかった」と思うことでしょう。 
 「リーダーが代わりを手配しなかったせいだ」なんて話にはならないと思います。
 「なんでそんないい加減な奴誘ったんだ!」という話にはなるかも知れませんが…

 バイトだって同じだと思います。

 「会社」「店」なんてのは、抽象的な単語に過ぎません。
 急な欠勤で困るのは、つまるところ、その職場の仲間です。

 軽々しく欠勤が許される職場は、本当に働きやすい職場でしょうか?

 例えば、二人で深夜営業を守るコンビニで、相方が急に欠勤したら、ひとりぼっちで全部の仕事をしなければなりません。

 事務仕事でも、本来二人で分担して終わらせる作業を、一人で全部こなさなければならなくなったら、誰が嫌な思いをするのでしょうか?

 急な欠勤がオッケーされて楽だと思うのはその瞬間だけで、欠勤が当たり前になったら、会社が困ると言うより、他の職場の仲間が嫌な思いをするだけでしょう。

 そこで、店長が責任者として何とかしなかったとか、責任を押し付けたところで、残されたメンバーの負担が軽くなるわけでもない。

 欠勤者が頻繁に発生し、スケジュールがボロボロで、まともに適正人数が揃わず嫌な思いばかりさせられるようなバイト先だったら、誰も長く働きたいとは思わないでしょう。

 「法的義務はない」ことをタテに、「バイトは急に欠勤してもオッケー」なんてことが社会の常識になったら、間違いなく世の中はめちゃくちゃなことになります。

 ただ、だからといって、代わりが見つからなければ、親が倒れようとも、熱があろうとも来い、というのは、もちろん間違いであり、パワハラだと思います。

 だから、実際には、事情によっては、急な欠勤をしてしまうこと自体は、やむを得ないこともあると思います。

 それは、バイトだろうと社員だろうと関係なく、当然のことだと思いますし、誰がどう見てもやむを得ない事情であれば、それで欠勤しても非難する人はいないでしょう。

 ただ、それはそれとして、チーム意識や、仲間に迷惑をかけないよう、最大限努力しようという意識も大切だということです。

 もっとも、この記事の弁護士の発言は、あくまで法的な見解を求められて答えただけで、それを、この記事を書いたライターが、意図的にこうした編集でまとめているだけに過ぎないのかも知れません。

 だから、おかしいのは、こんな記事を書くライターです。

 最近の「ブラック企業」「ブラックバイト」の話題に便乗して、ハナからいかにも「弱者保護」を装うようなスタンスで、企業や雇用側を悪者にする記事を書こうとしているのがミエミエです。

 でも、本当に志のある記者であれば、こんな皮相的で陳腐な内容をメシの種するのではなく、もっと社会の深層や物事の本質まで探究した上で、「若者たちよ、法律上はこうだが、道徳的にこうあるべきではないか?」と投げかけて、社会を啓蒙するような記事を書いてほしいものだと、せつに思います。

 

 


 →TOPへ