お客様は神様じゃない!@

 「お客様は神様です」

 日本ではそんな言葉を、飲食に限らず、商売の世界では耳にすることがあります。
 
お客様は神様で、偉い存在。だから、どんなに傍若無人なことをされても、従業員は我慢して従わなければならない。
 
と、そんな意味で使われることが多いと思います。

 しかし、これは本来、間違った使い方なのです。
 この言葉がもともと、どういう意味だったかご存知でしょうか?

 この言葉は、浪曲師であり歌手だった、三波春夫さん(1923〜2001)の言葉で、本来は、全く違う意味でした。

 そこには、大きく二つの意味があり、まずひとつに、舞台に立つ時は、神に手を合わせた時のように心を昇華しなければ真実の藝は出来ないと考え、「神様の前で演じるつもりで歌う」という意味で、お客様を神様と思って演技している、ということだそうです。

 もうひとつは、ある日の公演、ひどいしゃっくりで、声を出すのもままならい状態だったのが、覚悟を決めて舞台に上がったところ、お客様の拍手と熱気に迎えられると、嘘のようにしゃっくりは止まり、いつも通り歌えたそうです。
 その時、自分はお客様によって舞台の上で生かされたように感じ、このような奇蹟を引き出すお客様に、「神様」の姿を見たように感じたそうです。

 こうしたことを背景に、三波さんが、関西でのとある公演で、司会者から「今日のこのお客様をどう思いますか?」と質問されたことに対して、

 「お客様は、神様のようなものです」

と答えたのが、この言葉が広まるきっかけになったそうです。

 しかしそれが、いつしか、お金を払ってくれる「客」は、神様のような絶対的な存在であり、逆らってはいけない、というような意味に利用されるようになってしまいました。

 そうした、本来の意図とは関係なく、客商売の道具のように使われていることには生前の三波さんも心苦しく思われていたようで、現在でも、三波さんのホームページでは、意味の違いや、その経緯について説明されています。

 そしてそこには、自分の言う「お客様」とは、商店や飲食店のお客様のことではない、と、はっきり言い切られています。

 三波さんの真意は、すごく納得感のあるものです。
 
特に、音楽とか舞台の経験のある人なら、よくわかる話ではないかと思います。

 お客さんの熱気に満ちたホールの舞台に立つと、何とも言えない独特のテンションに心が高まり、いつもの自分にないパフォーマンスを発揮できた、という経験のある人は、たくさんいることでしょう。
 そういう時、お客さんに対して、何か特別な神聖さを感じたとしても、わかる話です。

 しかし一方で、世間でよく使われている「カネを払うお客は絶対者」みたいな主張は、本来の意味を抜きにしても、ひどく傲慢な解釈だと思います。

 確かに、サービスする側の心得として、「お客様は神様のような絶対者である」という教訓があったとしても、それは一理あるかも知れません。

 しかし、それはあくまで、サービスする側の心得であって、お客さん側が主張することではないと思います。

 サービスする側の理想像がそうなら、受け手が要求したって一緒だろ?と言う人もいるかも知れませんが、全然違うと思います。
 何より、自分のことを神様扱いしろなんて主張、冷静に考えたら、あり得ないほど傲慢な主張です。

 そもそも、商店だろうと飲食店だろうと、店とお客さんとの関係なんて、所詮は代価に見合ったサービスを提供する、というだけの契約関係です。

 お客さんの下僕になる約束なんて誰も交していません。

 ただ、客商売において、サービスが良いに越したことはないので、多くの店が、お客さんに対して従業員が下手に出ているだけです。

 しかし、従業員が下手に出ているのにつけこんで、そうでなければ怒るというのは、お客側の勘違いも甚だしい話です。

 百歩譲って、あくまで「ビジネス」として、お客さんを神様のように扱って接するのも「仕事のうち」としたとしましょう。

 では、そんな神様レベルのVIP待遇を求めるのなら、その「お客様」はいったい、どれだけの代価を支払ってくれるのでしょうか?

 そのへんの街の飲食店や小売店の「お客様」は、自分を「神様扱いしろ」と要求できるほどの大金を払ってるのでしょうか??

 従業員だって、店を離れればただの人。
 それこそ仕事として、たまたま客商売をしているだけで、同じ人間です。

 僕なら、コーヒー一杯に一万円払ったとしても、他人に対して、「俺を神様として扱え」なんて、そんなおこがましいことは、とても言えません。

  中には、職業で差別している人もいるかも知れません。
 帝国ホテルの犬丸徹三元社長は、名家の出身で、一橋大学を出てホテルマンになりました。でも、窓拭きやボーイ、コックとして下積みから働いていたので、大学の同期からは「一橋大の名を汚すのか」と言われたそうです。

 しかし、これは戦前の話です。

 今の時代は、有名大学を出て、小売や飲食で働いている人は沢山います。
 特に飲食は、好きでやってる人が多い業界です。
家柄や学歴で差別すること自体、時代遅れで恥ずかしいことです。
 それを差別するなんて、
もはや、人としてのあり方の問題だと思います。

 また、サービスや料理に不手際があったとして、「こんな店に金を払えるか」と言って、お金を払わない人もいます。

 もちろん、不手際の内容によってはわかる話です。

 例えば、料理に髪の毛が入っていた場合、確かに、食べる側にしてみれば、すごく不快です。
 そのせいで、半分も食べられなかった。そりゃあ、代金はいただけません。

 でも、綺麗に一皿食べ終えてから、お皿の端に髪の毛一本おいて、従業員を呼んで、「これ見てよ。タダでいいよね?」
 そんなお客さんもいます。
 「気持ち悪くて食欲がなくなった」と言いながら、他の料理も綺麗にたいらげて、その全額をタダにしろと言う。

 お金を払わなければ、もはや客ですらないのに。

 また、ステーキを出して、赤味の部分は綺麗に食べて、脂身の部分を残して、「ちょっと、食べられない脂身がこんなにあったんだけど。これでお金を取るの?」

 とか。
 ヒレならわかりますよ?
 でも、サーロインやリブロースなどは、脂身がある程度あるのが当然の部位です。
 それも含めての値段です。それを、自分は脂身は食べないからと言って、脂身の部分を値引けというのは、無茶苦茶な話なんです。

 でも、店側は、そういう相手にも、頭を下げてお詫びします。

 しかしそれは、お客さんのほうが偉い・お客さんの言ってることが正しいから、お詫びしているわけではありません。

 そういう手合いには、常識が通じないから、まともに対応しても時間の無駄なので、とりあえず頭を下げて、さっさと帰ってもらいたいだけです。

 でも、店がこういう対応をしてしまうから、「お客様」は勘違いし続け、自分の間違いに気づかないんでしょうね。

 むしろ「ゴネ得」に味をしめている悪質なお客さんもいます。
 いちゃもんつければ値引きしてもらえると思って、アラを探しては、確信犯的にやってる人もいます。

 そういう点では、安易に頭を下げて解決しようとする飲食業界側のあり方にも問題があります。

 しかし、いずれにせよ、わずかなお金を払うくらいで、横柄に振る舞い、従業員を下僕のように扱ったり、自分が気に食わなければ何でもクレームをつけてくる人を見てると、同じ人間として、すごくさもしい。すごく寂しい。

 飲食業をやっていて一番やるせないのは、こういうお客さんに遭遇した時です。

 最近、全国の色々な小売店で、従業員を土下座させるようなことが話題になり、そのたびに炎上していますが、そんなことをして当然と思っている輩がいるのが現実です。

 たかが買い物くらいで、自分の満足のために、相手の人権を潰してまでサービスを要求するなんて、常識ある人の行動とは思えません。

 また、「自分は神様だ」というのなら、神様らしく、従業員に対して、限りない慈愛の念をもって接してくれないのでしょうか?
 神様ともあろう方が、何故そんなちんけなクレームを簡単に口するのでしょうか??

 本来の、三波さんの言葉は、とっても素敵な言葉です。

 でも、それを飲食店や商店で悪用されたのは、まだ日本の社会や文化が発展途上だった時代の、過去の遺物として、なくなって欲しい習慣です。
  


 →TOPへ