口コミグルメサイト・ブログに思う

 ネット社会になり、色々な店の感想を、口コミサイトや自身のHP・ブログなどで誰でも簡単に発信できるようになりました。
   
 良質な記事もありますが、素人の勘違い批判から、業者の提灯記事まで玉石混交なので、そうしたカオスな状況を微妙に思う人は多いようです。

 有名な口コミサイト「食べログ」は、お金をもらった業者による提灯記事や、有料会員を優遇する情報操作の実態が明るみになり、そのことが叩かれたりもしています。

 個人的には、素人のいい加減な記事や、業者のヤラセも自体は、別にいいんじゃない?
 と思っています。

 何故なら、そんなことは今にはじまったことではなく、ネットに限らず、あらゆる業界で、あらゆる媒体において、昔から「よくあること」だからです。

 それよりも、一番良くないのは、事実無根の「嘘」や、間違った知識で正しくない風評を広めることではないでしょうか。

 そういうことを、ネットで誰でも簡単に広められてしまう。
 それが一番の問題だと思います。

 もちろん、提灯記事にしても、実際には提供していない食材やサービス、実態より安く見せかけるような誇大広告的な記事は悪質です。
 こんなのは、もはや口コミのあり方の話ではなく、景表法にひっかかる違法行為レベルの問題です。

 しかし、それよりも気になるのは逆のパターンです。

 例えばサービスに不手際があったことに腹を立てて、あることないことを悪く吹聴することです。
 
不愉快なことがあった腹いせに、わざと店の悪評を言って、その店にダメージを与えてやろうとか、仕返しを意図的にする人っています。

 こういうのは、口コミのあり方以前に、人としてどうなの?
 って思います。

 事実のやりとりとは違うことを書いて相手を貶めようとするのは、「人として悪質」だと思います

 腹が立つことがあったら、悪く言いたくなる感情はあるでしょう。
 でも、人間関係と同じで、人の悪口を周りにいいふらすような心理というのは、微妙な気がします。

 「自分のような被害者を増やさないため」という正義感?をタテにする人もいますが、「あいつは性格悪いから付き合わないほうがいい」なんておせっかいアドバイスを言ってくる人って、たいてい、言ってる人のほうが性格悪い気がします。

 まあ、そんなことを言ってしまうと、批評なんて成り立たないので、悪いことは書いちゃいけないと言うわけではありません。

 音楽でも映画でも、商売でやってることには批評はつきものです。
 不特定多数の人が利用する可能性のある飲食店の評価を広めることは、公益に結び付くという観点もあります。

 しかし、プロの批評家と、素人の書き手では、置かれている条件が全く別です。
 プロのライターの書いたことなら正しい、というわけではなく、プロのライターは、それで生計を立てているわけですから、いい加減な記事や、ゴミ情報しか書けないような人は生き残れません。

 しかし、ネットのブロガーや口コミサイトの投稿者は、別に生活がかかってるわけではないので、やりたい放題です。
 匿名で、何の責任もなく、個人的感情や好みだけで言いっぱなしに出来ます。
 嫌いな人の悪口をいいふらすのと精神的衝動で、あることないこと、話を盛って悪口を書くような人も、たくさんいると思います。

 そういうのは、批評だとか口コミ以前に、人間性としていかがなものかと思います。

 たかが口コミ。されど口コミ。
 
人として誠実に書いてほしいものです。

 


 →TOPへ