信頼できるレストラン批評を見分ける

 飲食店の批評は、書店で売られている出版物から、インターネットのサイト、個人のブログなど様々ありますが、読む人にとっては、より有益な情報を得るために、信用できる書き手を見つけることはポイントでしょう。

 だいたい、飲食店の批評をする人は、大まかにわけて次の4つのタイプがいるように思います。

 @甘口タイプ
 A主観タイプ
 B客観タイプ
 C辛口タイプ

 もちろん、完全にどれか、というわけではなく、2つのタイプの間、という人もいますが、傾向を分けると、このような感じだと思います。(業者や関係者などの提灯記事は除く)

 @の甘口タイプは、どこの店もあまり悪く書かない人。
 そして、どの店も、たいてい高評価。
 こういう人は、どちらかというと享楽的で、本質的に店に優劣をつけたいわけではなく、食べ歩きを単純に楽しんでいる人です。

 この手の人の書く内容は、あまり参考になりません。それは、単にいいことばかりだからというよりも、こういう人は、だいたい根がポジティブな人なので、悪い出来事でも、むしろそれをネタや話題性として受け止めて、本気で楽しめたりするくらい、普通の人と根本的に感性が違ったりするからです。

 ただ、悪口が嫌いなために、悪いと思っても普通の評価にとどめ、その分、良いと思った店は高評価をつけるといった、文章表現を工夫して評価差をつけている場合は、どららかというとBに属します。

 Aの主観タイプは、ブロガーや口コミサイトの投稿者に最も多いタイプでしょう。
 表向きは、客観的に評価しているよう
装っていることもありますが、何よりも自分の価値観が大前提で、その判断基準を譲る気は全くありません。
 
それが単に自分の「好き嫌い」だと自覚していても、「私の好みではない」ときっぱり言い放ち、その上で低評価をつけたりする人も少なくありません。

 この手の内容は、人によっては参考になります。
 よく言われることですが、「自分と好みの合う投稿者を見つける」みたいな。
 だから、書き手と同じ趣味・嗜好の人にとっては参考になるけれど、そうでない人にとっては、全く参考にならず、真逆の評価になることもあります。

 この層はかなり幅広く、人数が多い上に、味覚的な主観重視の人から、ミーハー的指向性が強い人など、多種多様なので、お店の評価がブレる理由でもあります。

 Bの客観タイプは、真の評論家ともいうべき、ストイックな分析タイプの人。
 おそらく最も参考になるタイプの人ですが、この手の人は、かなり少数です。
 
自分の好み・嗜好はあるけれど、それはそれとして、客観的に店のレベルを判断し、たとえ自分の好みではなかったとしても、出来栄えのレベルが高いお店には高評価をし、自分の好みのど真ん中だったとしても、それがあくまで自分の好みに過ぎない場合は、そこは割り切って冷静にジャッジをする人です。

 一見、Aのタイプとの区別が難しいですが、この分析型の人の特徴は、周りの意見や空気に流されないことです。
 そして、誰も評価していない店や、あまり知られていないマイナーな店に、ただ一人、敢然と高評価をつけたりするのが、こういうタイプの人の最も特徴的なところです。

 その点、Aの人は、周りの情報に流されやすい。
 ミーハー層が多いというのもありますが、自分の趣味・主観を貫いているように見えて、周りが誰も評価していないのに、自分一人だけ高評価をするような度胸はありません。
 それは、自分の主観を主張するがゆえに、自分の主張についてプライドを保持したいので、「この程度のレベルで満足する人」と思われたくない、という心理が働くからです。
 周りが誰も評価していない店に行ってみたところ、自分は「美味しい!」と本気で思ったとしても、
文章の上ではそこそこ美味しかったとか書きつつ、点数は5段階で3くらいにしておく、みたいな。

 しかし一方、周りが高評価する店に対して低評価をつけることは、平気で出来ます。
 それは、自分の好みと違うために低評価にしても、
 「自分はこのレベルでは満足できなかった」
という主張になり、プライドは傷つかないからです。

 このあたりが、AとBとの明確な違いで、Bのタイプの人は、むしろ自分の判断力と、公平性に自信とプライドを持っているので、よくよく見ていると、違いがわかります。

 ただ、そうはいっても、完全に自分の趣味嗜好を消すことは難しいので、Aと似た部分もゼロではありませんが、意識的に公平な判断をしようとしているので考になりやすいです。

 Cの辛口タイプは、とにかく辛口で、めったに店を褒めない人。
 一見、Bのハイレベル版に見えなくもないですが、そのほとんどは、店を評価するというより、むしろ「自己顕示欲」がその本質なので、これもあまり参考になりません。

 どういうことかというと、それなりに評価されている店や、話題の店、高単価の店などを中心に回り、それに対してダメ出しをすることで、「自分は並のことでは満足できないハイレベルなグルメ」
ということをアピールしたいわけです。

 そして、誰が見ても「鉄板」と思える店に対してのみ、高い評価をつけることで、ただ悪口だけを言ってるのではない、と見せかけるわけです。

 この手の人は、ヘタに店を褒めてしまうと、もし後からその店で何か問題が発覚した時に、そんな店を称賛した自分のプライドが傷つけられることを恐れるがゆえに、滅多なことでは褒めないよう常に自己防御しています。
 そんな恣意的な判断方法だから、参考にならないわけです。

 ただ、人間というものは、幸せな話よりもゴシップや悲劇のほうが大好きな生き物なので、こうした辛口批評のほうが読み応えがあったり、まるで真実を暴いているような感覚になれるので、ただ読んでいる分には面白かったりします。(店からするとたまったもんじゃありませんが…)

 そんなわけで、グルメの批評や、食べ歩きブログ、口コミサイトなどを見る時は、あまり甘口すぎたり、辛口すぎたり、文面にやたら自分の好みが出てくる人ではなく、いつも客観的な表現で、時には誰も注目していないマイナーな店を発掘して高評価するような人が、
 最も参考になると思います。

 

 


 →TOPへ