しゃぶしゃぶ温野菜の愚行

レインズインターナショナルが展開する
「しゃぶしゃぶ温野菜」のFC加盟会社、
DEW JAPANが運営する某店で、
アルバイトの大学生が4ヵ月連続勤務という
ありえない激務を強いられ、
その上に給料の未払い、脅迫など、
様々なパワハラを受けて鬱病になってしまったため、
労働組合「ブラックバイトユニオン」を通じて、
損害賠償を求める事件がニュースになりました。
 
全く、こんなくだらないことをする会社があるから、
ますます飲食業界のブラックイメージが上がり、
採用難になり、人手不足になって、
従業員の労働環境が悪化するという、
負のスパイラスに陥るわけです。
 
もちろん、現象的には、店長が悪いわけですが、
会社もほぼ同等の責任がありますよ。間違いなく。
法的にどうのというのではなくて、
そこにある「実態」としては。

実行犯である店長が一番悪いとはいえ、
「店長個人」の問題にしたところで、
諸悪の根源である経営の本部をどうにかしないと、
こういう事件はなくならないでしょう。
 
脅迫やパワハラ発言などは、
個人の人間性による部分もあるでしょう。
しかし、そもそも異常すぎる労働環境に元凶があり、
それは経営側の方針がひきおこしている可能性が、
非常に高いからです。

何故なら、バイトがこれだけ激務なくらいですから、
店長も同等かそれ以上、間違いなく働いています。
でも、そんな過酷な勤務を好んでやる人間なんて、
いるわけがありません。
 
つまり、某牛丼店の凶悪な生産性管理のように、
おそらく、しゃぶしゃぶ温野菜も、
利益確保のために、会社から無理な人員制限をかけられ、
業務が過酷になって従業員が辞めていき、
店長の労働環境が異常になり、店長の精神が病み、
従業員への要求が常軌を逸脱するようになり、
結果、こういう現象を引き起こしたのだと思います。

早い話が、そもそも本部が作った、
飲食店としてのフォーマットがおかしいわけです。

はっきりいって、こんな店、というか、
そのような収支構造を前提としたチェーン店は、
社会に存在してはいけないと思います。
もはや「反社会勢力」と言ってもいいと思います。
 
労働環境だけなら内的問題と思われそうですが、
こんな異常な環境で営業してるくらいだから、
食品衛生管理だって、怪しい可能性が高い。
いつ食品事故が起きてもおかしくないでしょう。
だから、社会的に害のある存在と言えなくもない。
 
チェーン店は、本当にこういう状況に陥りやすい。
まだ、個人経営の店は、全て自己判断でやれるから、
従業員が労働環境によって精神崩壊するようなことは、
意外と発生しません。
人員不足だったり、心身に無理がくれば、
臨時休業でもすればいいからです。
メニュー制限したり、閉店時間を早めたってもいい。
そもそも、個人店は定休日がある店がほとんどなので、
何十日も休み無しなんてことは発生しません。
 
もちろん、個人店の場合は、
利益が出なければ生活できなくなるので、
別の形で心が病むことはありますが…

しかし、チェーン店の雇われ店長には、
そういうことを行う権限がありません。
固定の営業時間・固定メニューが大原則で、
店長判断で、勝手なことが出来ません。
 
また、本部だけでなく、お客さんの目も異常に厳しい。
チェーン店は、何かがちょっと違っただけで、
すぐにクレームになりますから。
閉店時間を数分早めただけでも、
お客さんから本部にクレームが入ったりします。
当然、臨時休業とか、あり得ません。
だから、チェーン店の雇われ店長は、
決められた営業時間を守らざるを得ないために、
こういった異常な労働環境が発生します。
 
でも、これって、異常な世界だと思います。
 
解決方法は、そんな過酷な勤務をしなければ
収支が成立たない店は、「店を閉める」に尽きます。
飲食業が、真の「産業」となるには、
そういう、前時代的な経営は恥ずべきものと考え、
経営者が「進歩的な社会にしよう」という
理想(とうより常識?)を持つしかないでしょう。
日本もかつては、あるゆる産業が、
蟹工船・野麦峠だった状況から、
進歩させて今日に至ったわけです。
 
今でも、事務仕事だって、工場だって、
奴隷のように働かせれば、
人件費が下がって利益は増えますよ。
でも、「まともな企業」は、決算が赤字になったって、
日曜休みは当たり前だし、盆と正月は休業するし、
そういうものだと思ってます。

でも、飲食の世界は、
いまだにそれが当たり前じゃないんです。

さらに飲食業界の厄介なのは、
もしどこかの企業が、真っ当な経営を志して、
新しい業態を成功させたとしても、
すぐ「マルチの親玉的気質」の経営者が、
メニューやスタイルを丸パクリし、
例によって労働者をこき使う手法で、
人件費や管理費を非常識に抑えることで、
パクリ元の店よりも安くて年中無休、
みたいな店をオープンさせるから、
また市場が乱れて、足をひっぱられるわけです。

牛丼チェーンが、まさにその例ですよね。
昔からあった某牛丼チェーン店は、
決して無理な廉価販売をしていたわけではないのに、
そこに後発の牛丼屋が、非人道的な経営で牛丼を激安販売
し、
価格破壊して業界の単価水準を不当に引き下げ、
結果的に牛丼市場そのものをおかしくしてしまったわけです。

最近も、「牛丼は300円以下で食べるもの」、
と考えている層がいるなんて記事がありましたが、
そもそも誰がそんな価格の基準を作ったのか??

店内での調理とサービスを含めて商品となる飲食では、
実質的に人件費は原価(材料費)の一部のようなものです。
だから、その原価を割り込んだ価格での廉価販売は、
実質的に、独占禁止法の「不当廉売」に近いと思います。
ただ、消費者にとっての利害を主眼におく同法では、
従業員の労働環境なんてどうでもいいので、
その対象とはなりませんが…

ビール業界では、相場が下がり過ぎないよう
企業間で価格を談合してたことが問題になりましたが、
そこまでやるのは問題だとしても、
人件費的に原価割れしているような値付けは、
業界人の良識として、すべきではない。
もし、これまでの飲食の経営者がみんなそう思っていたら、
飲食業界が今みたいな異常な労働環境には
なっていなかったと思います。

でも、経営者自身が体を張るわけではなく、
過酷な思いをしているのは部下だけなので、
平気でやれてしまうんでしょうね…

こうなると、いっそ、国が、
「商店の年中無休営業禁止法案」
でも作って欲しいものです。

他力本願な解決策ですが、
それくらい、飲食業界の劣悪な労働環境は、
根が深い問題です。

 


 →TOPへ