相席居酒屋でタダ飯食い

相席居酒屋で毎日タダ飯を食べ歩いていた女性が、
ある日、おかわりをしようとしたら、
店から退店させられた、という話がネットに出ていました。
(相席居酒屋は、会計は男性持ちで、女性はタダらしい)

それについて、その店の対応が、
法的に正しいのかどうかを弁護士に尋ね、
結果、退店を要求するのは不当だ、
という記事だったのでですが…
まあ、ほんとしょうもない話です。
 
こんなの、法的な白黒じゃなくて、人として、
「文化人」としてのレベルの問題だと思います。
 
本来、お店側がメニュー表記などで、
利用者に対するお断り事項を
明確にしておけば問題なかったのに、
今回の件は、店がそうした事前対策を怠ったから、
発生した事例ではあります。

でも、何というか、常識としてですね…
 
店は、あくまで「出会いの場」を
商売にしていることは明白でしょう。
別に、女性に無料で食べ放題の
慈善事業をしているわけがありません。
なのに、そこにつけこんで好き放題やること自体が、
どうかと思うんですね。
 
百歩譲って、あくまで悪ヂエ的に、
「しれっ」とやるのは認めましょう。
しかし、それはそれとして、
店から文句を言われて反発するのは、
ほんと、人として恥ずかしくないんだろうか…?
と思います。

「あ〜あ、ついに言われちゃった(笑)」

くらいのことではないのでしょうか?
「次からはご遠慮ください」
「もう来ませんから」
で終わる話ではないでしょうか…?

ただ、これに類似した手合いは、
程度の大小はあれど、結構いるんですよね。

例えば、ひと昔前に、よくあったケースで、
ドリンク無料サービス券だけで
レストランを利用する人がいました。

飲食店がドリンク券を配るのは、
当然ながら販売促進の一環です。
お茶ついでに料理も食べてほしいとか、
自慢のコーヒーの味を知ってほしいとか。

ただ、少し前までは、景表法とかを
うるさく言われていない時代だったので、
クーポンに、「お食事をご注文された方のみ」
といった使用条件を、
ちゃんと記載していないことがよくありました。
だから、ドリンク無料券だけで利用する、
なんてお客さんが、しばしば発生したわけです。
 
でも、そういうのは、お店としては困るお客さんでした。
感覚的には、スーパーの試食のようなものですね。
いちいち但し書きなんてしていなくても、
ルンペンが試食目的だけで連日来たりしてたら、
正直、困りますよね?
 
とはいえ、実際に無料券だけで利用されて、
「いや、それでは困ります」と言うことは、
ほとんどありませんでした。
店の雰囲気とかメニューを知ってもらい、
そこから食事の常連さんに発展すればいいな、
と、とりあえずは考えるわけです。
 
しかし、昔、僕が働いていた店で、
どこでクーポンをかき集めてきたのか、
連日、コーヒーだけをタダ飲みしに来る輩がいました。
しかも、知り合いまで呼んで複数で。
そして常に、食事や他のオーダーは一切しません。
 
これにはさすがに言わねばと思って、
「ドリンククーポンだけでのご利用はご遠慮ください」
と言いました。

そしたら、
「どこにそんなことが書いてあるんだ」
「せっかくタダ券があるんだから毎日来てるんだ」
と、逆ギレされました。

もちろん、法的に言えば、こっちの負けですよ。
法的には何も書いてないこちらのミスだから、
相手の言い分は正当な主張です。
 
だから、こんな後出しジャンケンみたいなこと、
こちらとしても言うのは微妙だとわかっていましたが、
思い切って言うことにしたんですね。
当時はまだ、景表法とかうるさくない時代だったので、
心情的には、「空気読め」って感じでした。
 
もっとも、奴からすれば、
法律も知らない無知な馬鹿どもめ、
と思ってるんでしょうけどね。
単純に白黒の話で言えば、こっちの負けです。

しかし、その時はそれだけじゃなかった。
というのは、その時、その輩は、
 
「タダで利用できるから、毎日来てるんだ。
 これは便利だな、と喜んで利用してたのに、
 そんなこと言われたら非常に残念だ…」
 
などと、自分の気持ちをご丁寧に説明してくれたんですね。

いやいやアンタ、そんなことされて、
嬉しい店あると思いますか?
 
「ご利用ありがとうございます」
 
と言ってほしいんですか?

単純に、法的権利だけを主張されたのなら、
僕も、シンプルに理解出来ました。
そうか、これは俺のミスだなと。

でも、そんな「心情」を理解してほしい、
という話なら、こっちの心情も理解しろよと。
ほんと「空気読め」ですよ。
こうなってくると、法律云々ではなく、
本当に、何とも「無粋」な奴だと。
 
もし、そこで、

「やっぱ、そうだよね〜、店に何の得もないもんね!
 でも、今回はタダにしてよ?そこはミスだよね?
 そのかわり、次は食事しに来るからさ!」

くらいに言ってくれたら、
こちらも、すんなりミスを認める気になります。
もちろん、本当に食事に来なくてもいいんです。
社交辞令でいいんです。
でも、こんなやり取りのほうが、
お互い、スマートですよね?
 
本質は、そういう話だと、僕は思います。
 
まあ、これは飲食店サイドの願望だとしても、
いっそ法律だけをタテにして、
一方的な姿勢で言われるほうが、まだマシです。
 
ただ、こんなことは全国の店であったようで、
そのため、現在では、どこのお店でも、
たいていクーポン券には、
細かく注意書きが書かれるようになりました。
食事をご注文されたお客様のみ、とか、
他の券とは併用できませんとか。
表示に厳しい時代になりましたから。
これ自体は、正しい風潮と言えるでしょう。

しかしですね。
実際のところ、そう書いたとしても、

「そんな小さい文字気付かない」
「事前に説明がなかった」

とか、なんやかんやと言いがかりをつけて、
ゴネる輩は、今でも後を絶ちません。

結局、こういうことを言ってくる輩って、
法律がどうなんてのは実のところ後付で、
単純に人間が「しみったれ」なだけなんですよね。

とどのつまり、こういうのって、
本質的には法律がどうのという話ではなく、
「文化人」としてのレベルの問題だと思うんですね。

店も、お客さんも、契約関係がどうのではなく、
お互い、相手の気持ちを慮って、相手の立場を尊重して。
スマートな立ち振る舞いをすればいいのに、と思います。

街場の小さなお店のマスターが
手作りして配ったクーポンなんかには、
今でも使用ルールなんて書いてないことがあります。
 
それを、マスターの不勉強と言われればそれまでですが、
そこで法律を持ち出して、どうのこうの言ったとしたら、
やっぱり、「無粋」というか、
文化人として性根がさもしいように思います

 


 →TOPへ