ダサいクリエイター

 お洒落なデザインをする人と、お洒落な人とは、別の人種だと思います。

 普通なら、お洒落な服の人を見ていると、「センスが良さそう」と、たいていの人が感じるでしょうし、逆に、ダサい服装の人を見ると、「センス悪そう」と思うことでしょう。

 そこで例えば、素敵なイラストやデザインをお願いするとしたら、どちらの人にお願いしますか?

 普通に考えたら、普段からお洒落な格好をしている、センスの良さそうな人にお願いしますよね。
 ダサい格好の人に、素敵なデザインが出来ように思えませんから。

 でも、実際はそうでない場合が多々あるように思います。
 そんなのたまたまだろ?
 とか、特殊事例だと思われるかも知れませんが、むしろ、逆であることのほうが多いようにすら思います。

 これは、美術でも音楽でも、アーティスティックなものを創造するクリエイター的な感性と、自分自身を美しく見せようとする感性は全く別物で、むしろ相反する場合も多いからではないかと思っています。

 何故なら、アーティストやクリエイターといった人種というのは、「何を作れるか、どんなものを生み出せるか」ということに最大の興味がある人たちで、「作る」ことに目的があり、自分自身に対してではなく「自分が作ったもの」に対してのこだわりや執着が一番だからです。

 一方、「お洒落な人」というのは、いかに「自分自身が綺麗に見えるかどうか」が最大の関心ごとであり、自分が何かを作るかどうかは重要ではないし、他人に自分をメイクさせてもいいわけで、そもそも動機が全く別物です。

 モノを作るセンスが良ければ自分自身もお洒落にできる、と思われるかも知れませんが、自分自身を美しく見せようとするのは、センスとは別に、ナルシズムというか、そうした性格を持ち合わせていなければ人間心理として抵抗がある場合もあります。
 それにむしろ、美的感覚があるからこそ、見た目たいした素材でもないモノ(自分)を装飾でどうにかしようとするのは、逆に醜悪に見えたり、美的に感じないため、嫌な場合もあります。(
もちろんナルシストなアーチストもいるとは思いますが)

 むしろ、昔の画家や音楽家といった「芸術家」といえば、髪の毛ボサボサで汚い服装の、だらしない格好のイメージがあるくらいではないでしょうか??
 これは、美の創造と自分への関心が、全く別物であることがはっきりとわかる例だと思います。

 それに、「お洒落な人」というのは、「周りからどう見られるか」に意識が寄っているので、そうなると、独創性よりも客観性のほうが重要になります。
 そう考えると、お洒落上手な人というのは、むしろクリエイティブとは真逆の人種ではないかと思います。

 だから、デザイナーやアーティストといった人には、奇抜でヘンテコな服装をする人がよくいます。
 特に芸術家というのは、人に見せるためのものを作ろうとしておきながら、客観性はあまり意識せず、むしろ自己満足なことが多いくらいなので、お洒落を意識させるとそうなってしまうんじゃないかと思います。

 以前、ファッションの本で、職業別によく買うブランドのアンケートを見たことがあるのですが、それによると、高級ブランドものを好んで買う職業は、広告代理店や企画系の人に多く、クリエイターやデザイナーといった職業の人が一番良く買うブランドはユニクロになっていました(笑)

 これって、すごくわかる感じましませんか?

 イベント屋とか企画系の人って、創造への情熱というよりも、華やかに仕事をしている自分自身の姿に憧れてるような人種の人が多いような感じで、だからお洒落への意識が高い人が多いように感じます。

 だいたい、企画の仕事って、必ずしも自分がクリエイトするわけではなく、実際に作る人はそれぞれ専門職の人で、自分自身はコミュニケーション力の高い社交性のある人で、それらを繋いでいくまとめ役というか、ディレクターでありマネージャー的な人々だと思います。

 で、実際にデザインなどのアーティスティックな実務をする人は、変わり者で個性的な人が多く、社会性が低くてコミュニケーションも下手で、地味で洒落っ気のない人という(笑)

 とはいえ、デザイナーがダサ過ぎると、クライアントに信用されなくても困るので、お洒落な格好を仕方なしにしている場合もありますが、主体的にお洒落でいたいと思う人とは、動機が全く異なります。

 かくいう自分の場合も、正直なところファッションには自信がありません。
 このページに散々ファッション関係の記事をいくつも書いておきながら言うのも矛盾していると思われるかも知れませんが、僕の場合、自分自身にファッションに対する主体性が低いから書けるとも言えます。
 社会人をやっている中で、必要に迫られて、理詰めで身に付けていったというか。

 子供の頃の夢は天文物理学者か芸術家で、学生時代はミュージシャンを目指していたので、気質はどちらかというとアーティスト気質だと思います(自称)

 社会人になるまではお洒落には全く興味はなかったし、興味を持つようになったのも、お洒落がしたくなったというより、自分の働いている飲食業界の社会的地位が低いため、そのイメージを変えたいために、意識してそうしたという外的要因が大きくあります。

 でも、自分の本質的な性格として、客観的になりきれないので、ところどころ自己流というか、セオリーを無視するような部分もちらほら出てきてしまいます(笑)

 自分の話はさておき、よく誰かに仕事をふる時に、何かセンスが問われるようなものを作る仕事となると、つい見た目がお洒落な人を選びがちですが、必ずしもそれが正解ではないと思います。
 といってダサい格好の人にやらせるのも勇気がいるので、難しい話ではありますが、お洒落を生み出す能力と、お洒落に着こなす能力は全く別種だと思うので、その見極めは意外と重要だと思います。

 

 


 →TOPへ