洋物ブランドに弱い日本人

 日本人は欧米のブランドものが大好きです。
 
その根っこにあるのは、江戸時代の鎖国から明治維新の文明開化という経緯によって生まれた、欧米文化に対する強いコンプレックスや、第二次世界大戦後に流入したアメリカ文化の影響など、色々な背景があると思いますが、やはりバブル経済時代に、外国の有名ブランドものを持つことが成功者の象徴のような時代があったことが大きいでしょう。

 今の中国が、その頃の日本と似た状況だそうです。

 ですが、こうした、猫も杓子もブランドに飛びつく性質はアジア人特有のもので、本国ヨーロッパでは、一般庶民は、ほとんど高級ブランドに手を出さないそうです。

 日本では、女子大生、へたすると女子高生ですら、バイトをしてお金をためて、高級ブランドの財布、バッグを買ったりしますが、ヨーロッパでは、貴族や富裕層でない限り、そうしたブランドものはほとんど身に付けないそうです。

 僕は、高級ブランドを好むこと自体は悪いとは思いません。
 欧米の高級ブランドは基本的にぼったくりなので、裏を返せば、そんな殿様商売が成立するのは、やはり高い品質と優れたデザイン力があるからであり、どうせ物を買うなら、高品質でデザインの良いものを買おうとするのは、当然のことだからです。

 ただ、日本のブランド信仰には、一部にちょっと歪んだ感性があり、そこがちょっとよろしくないように感じます。

 よくある例では、「いい大人が安物の時計をしていると恥ずかしい」とか、「吊るしのスーツを着ているのは、自分が仕事が出来ないと言ってるようなもの」といったやつです。

 いつの年代にもそういう感性の人はいるもので、学生時代にも、ブランドものやセレクトショップに売ってるような服じゃないと「恥ずかしくて着られない」なんてほざく奴がいたものです。

 ブランド信者に言わせると、「良い物を求めればブランドものになる」と言います。
 しかし、高級品のほうが高品質になる傾向があるのは確かですが、有名ブランドイコール高品質とは限らず、これも日本人の誤った認識で、ぶっちゃけブランドものに高いお金を出すことを正当化するための大義名分か、方便のように思います。

 全てのハイブランドが高品質とは限らず、一度ブランド名声を得てしまえば、その名前にのっかるだけで、たいした品質でないものを売りつけるようなこともよくある話です。

 特に、高いデザイン性で人気になったブランドだと、品質はそれほどでもないことはよくある話です。
 しかし、もっと微妙なのは、本国では大したブランドではないのに、日本の商社の巧みな宣伝によって、あたかも有名ブランドのように日本で売り出す、というようなケースも多々あります。

 一時、猫も杓子も持っていると言われたルイ・ヴィトンの製品なんかは、質が良く本当に長持ちすると言います。
 ただ、あまりに持っている人が多すぎるため、そこが微妙なところですが(笑)

 コーチの製品は、あまり長持ちしないという話をよく聞きます。
 ネットでもそんな情報をちらほら見ますが、僕の知り合いの財布マニアも、コーチの財布は一年でダメになったと言ってました。
 というのも、本来のコーチの革製品は、むしろめちゃくちゃ頑丈なのがウリのブランドです。
 しかし、日本でお手頃価格で出回ってるのは、「アウトレット品」と称する廉価品です。
 アウトレット品というのは、本来は「ちゃんと作ったけど訳あって定価で売れない品」なのですが、コーチは最初から安売り用として品質を落としたものを「アウトレット品」として売るという、ハイブラインドとしては珍しいメーカーです。
 そういう安く買えるコーチについては、最初からわかってて買うものなのかも知れませんが、知らない人は、デザインがよほど気に入ったのでなければ、品質には期待しないほうがいいようです。

 エルメスなんて、確かに世界最高クラスの革を使ってるのかも知れませんが、会社の利益率が40%とか、どんだけブランド料で値段を上積みしてんだよ!って思います。超絶ボッタなメーカーです。
 それでも買う人がいるわけですから、別の意味ですごいと思います。
 でも、こういうブランドって、そもそもお金に糸目をつけない王侯貴族や大富豪のためにモノを作ってるメーカーなので、むしろ本来のハイブランドのあり方なのかも知れませんね。

 メンズの服では、ポールスミスは明らかにデザイン先行ブランドです。
 これは悪い意味ではなく、あの独特のデザインにポールスミスの個性と魅力があるのであり、品質も決して悪いわけではありませんが、デザイン料が値段にかなり上積みされている感はあります。
 というか、たぶんあれで品質も最高にしようとたら、めちゃくちゃ高くなってしまうから、あのバランスにしているのかも知れません。

 革靴なんかは、完全に関税です。
 イギリスの10万円の靴が、本当に10万円の価値があるか?というと微妙で、現地で買えばかなり安く、関税でばか高くなっているだけです。同じ値段なら日本のスコッチグレインや大塚製靴のほうが品質はずっと上です。
 もちろん、デザイン面では、特にイタリアの靴なんかは日本製にない色気のある靴が多いので、高くても買う人の気持ちはわかりますが、10万のイタリア靴に対して、6万円の日本製の靴の「品質が下」かというと、必ずしもそんなことはありません。

 自分のセンスに自信がなくてブランドに寄りかかるのは、まあ、仕方ないかも知れません。
 また、成功をつかんだ人が、その地位相応のブランドを身に付けるのも、悪いことじゃないと思います。

 しかし、「ブランドものを持ってる」=「成功者」という図式が、「ブランドを持ってない」=「成功者じゃない」=「ダサい」という図式に変換され、ただ見栄を張ることだけを目的に、ローンまでして高級時計を買ったり、服も靴も安物なのに、鞄だけはあからさまに見せつけるかのような超高級ブランド、というのは、非常に滑稽に感じます。

 やっぱり、日本人がブランドの弱い背景には、品質ではなく、「見栄を張る」ことが目的だったり、自分のセンスに自信がないことを「ブランドもの」に寄りかかることで安心を得てるだけだと思います。

 そもそも、ヨーロッパの高級ブランドは、その多くが上流階級のために作られたようなブランドです。
 日本と違い、ヨーロッパはいまだに階級社会なので、貴族でもなんでもない一般人が、王室御用達のブランドものを身に付けたりするのは、逆に分不相応でみっともない、という意識があるようで、だから一般人は、たとえ収入が高くても、高級ブランドにはあまり手を出さないそうです。

 それに、実用性の問題もあります。
 
例えば、「デキるビジネスマンは良い靴を履く」と言いますが、確かに汚れた靴を平気で履いてるのはどうかと思いますが、といって、普通の営業マンがジョン・ロブやエドワード・グリーンといった高級革靴を履くのは、正直どうなのか??と思います。

 何故なら、高級革靴は基本的にレザーソールで、歩きやすいかと言われたら、正直そんなことはありません。
 長く履いていると独特のフィット感は生まれますが、歩きやすさだけならラバーソールのほうが明らかに上だし、安物の合皮の靴の方が足に馴染むのは圧倒的に早いし、クッション性など様々な観点から考えたら、もっと履きやすい靴はゴマンとあります。

 本来高級革靴とは、イギリスの上流階級のための履物で、そういう人たちは、そもそも長時間歩き回ったりしません。イギリスには、労働なんてしたことがないし、する必要もないような貴族というのがいまだに存在し、ビジネスマンにしても、基本オフィスにいて、移動には車を使うエリートが、そういう靴を履くわけです。

 それなのに、仕事でずっと街を歩き回ってるような業種の人がそういう靴を履くのは、何か違う気がします。

 それこそ時計なんて、ヨーロッパの高級腕時計の主流は機械式時計です。時計オタクの中には電池で動くクオーツ時計は本物の時計じゃない、とかいう人がいるようですが、機械式時計は時間が狂いやすいし、精密機械なので壊れやすいし、手巻きにいたっては不便でしょうがない。
 実用性だけで見れば、100万円の高級時計よりも、100均の時計のほうが上です。

 時計マニアは実用性を求めて高級時計を買っているわけではないし、個人的趣味でそういうものを愛でるのはもちろん自由ですが、高級時計を買う人はみな時計オタクというわけではなく、日本人の場合、結局のところステータス感を求めてロレックスやオメガをしている人が少なくないと思います。

 純粋に自分が気に入ったものがたまたま有名ブランドだった、というのであれば、それはそれで良いと思います。
 ここは日本なので、別にヨーロッパではどうだからとか、それに合わせる必要があるとは思っていません。

 大事なことは、あくまで「自分の好み」で決めることであって、「いい大人ならそれなりのブランドものを身に付けるべき」とか言って、他人にその価値観を強要したり、ブランドものじゃない物を使っている人を下に見たりするとか、そういのは勘違いも甚だしいと思います。

 少し前に亡くなられた、芸能界きっての伊達男として知られていた、俳優の藤村俊二さんは、ある本の中で、このように言っています。

人よりよい服、人よりよい車。
そう考えるより、自分の好きな服、自分の好きな車。
そこを起点にするほうが楽しいです。
何事も比べちゃいけません。
不幸は、人と比べることから始まると思っています。

 藤村さんは、靴を買うならわざわざイタリアまで行って作らせ、自分のバーを開いた時は、イギリスの職人にイギリスで作らせて、それを日本まで運ばせるくらいのこだわりの人でしたが、ジャケットは吊るしの既製服を着て、自分が気に入れば、縁日に100円くらいで売っていた小物を調度品に使ったりと、そういう人だったそうです。

 僕は、そういう感性が好きです。
 人と比べるためにブランド物を買うのではなく、あくまで自分の感性に従った生き方。

 人間は社会的な生き物なので、多かれ少なかれ周りの風潮に流される部分はありますが、僕の理想は、そんな生き方です。

 


 →TOPへ