派閥の良し悪し

 
 組織において、派閥は必要なのだろうか。
 
政治の派閥や、企業の社内派閥というと、どことなくいい聞こえはしない。
 むしろ、どこの派閥にも属しない一匹狼というほうが、格好良くすら見える。

 でも、世の中の大組織には、そんな「いい聞こえはしない」派閥があるのが当たり前らしい。

 もっとも、大所帯の組織には、企業でなくとも、学生の部活やサークルなんかでも、グループが出来てしまうものなので、人間の行動学として仕方のないことなのかも知れない。

 しかし、実際に派閥に属するというのは、どういうことなのだろうか?

 政治の世界は知らないが、少なくとも企業内においては、入会届けがあるわけでもなかろう。
 
もっとも、学閥のようなものは明確ではあるけれど、最近では、旧財閥系とか医学系とか銀行のような古い体質の組織以外では、学閥なんてものはなくなりつつあるらしい。

 実際のところ、多くの企業では、直属の上司や、自分に目をかけてくれたり、評価して引き上げたりされていくうちに、グループのようなものが生まれ、その中で強いリーダーシップのある人が権力のある地位に就くことで、それが派閥として自然形成されていくのだと思います。

 ですが、それは現象の結果であり、派閥の構成員としては、どれほど明確に派閥意識を持っているか?というと、意外とはっきりしていないのではないかと思います。

 本人が派閥と思っていなくとも、自分が親しくしている人が特定の派閥のメンバーだと、知らないうちにその一派とみなされてしまうこともあるでしょう。

 例えば、僕自身は、派閥とかには一切関わりたくない性格でした。(現在もですが)

 しかし、かつて、自分の会社が社内分裂した時、たまたまその派閥闘争の中心的な人と個人的に親しくしていたため、闘争が最も先鋭化していた頃、協力をお願いされたことがありました。
 それまでのお付き合いのことを考えると、無下に断るのも気まずいが、僕の信条として、業務判断に私情を混在させるのは性に合わず、企業価値に繋がらない派閥争いに加担するのは嫌だったので、その場しのぎに曖昧に話だけあわせ、結局何も協力しなかった、ということがありました。

 でも、自分がどう思っていたかは関係なく、周りからはその一派と見做されていた可能性はあります。

 ただ、その時の派閥争いは、会社を良くしようという共通目的において主義がぶつかりあったというより、ただの権力争いにしか見えなかったので、そういうスタンスを取ることが出来ました。
 しかし、もしそれが、イデオロギー的な衝突であったら、どうなっていたでしょう??
 もし、どちらかの理念に共感していたら、その方に与していた可能性は十分にあります。
 そうなると結局、派閥に加わったことになっていたでしょう。

 大組織を動かすには、一人の力では限界があります。
 だから、ブレインやチームを結成するのは当然のことです。
 それが業務機能を集結したチームであれば問題ありませんが、派閥となると、微妙に感じる部分はあります。

 しかし、組織とは所詮人の集団で、人を動かすのは、必ずしも理論や正論ではなく、人間感情、そして何より、個人の利害関係の影響力のほうがずっと大きいように思います。
 だから、業務上の成果を目的としたチームより、個の利益を目的とした派閥のほうが幅を利かせるのでしょう。
 そして、結果的に、利害関係によって結びついた関係のほうが、業務・任務を力強く遂行するのが、人間心理というもので、その結果が「派閥」なのかも知れません。

 もっとも、山崎豊子さんの『沈まぬ太陽』よろしく腐敗にまみれた派閥では何も生み出せないでしょう。
 城山三郎さんの『役員室午後三時』という小説では、モデルとなるカネボウの武藤社長は、社内に派閥を築かなかったがために、味方がおらず、強い推進力を発揮出来なかった…という表現をされています。

 しかし、派閥が正義となるか悪となるかは、詰まる所その派閥のボスの経営手腕や倫理観に大きく左右されることは間違いないので、「派閥」それ自体が良い・悪い、ではなく、結局は派閥の「ボス」の実力次第だとは思います。

 ただ、やっぱり人間というのは、「自分に利するかどうか」が一番の関心ごととして、自分の処遇を良くしてくれる人に従い、自分の言う通りに動いてくれる部下を引き上げようと思うのが人間心理ってものでしょう。

 それでも、組織のミッションに向かって業務分担しているだけなら「派閥」とは呼ばれないようにも思われます。
 そこに、「派閥」という、どこか不純な響きを持った言葉で形容されるグループがあったとしたら、それは組織のミッション達成とは別の動機で集まっている可能性もあるので、やはり「派閥」という形態自体、そもそも腐敗しやすい構造だと言えます。

 そんなわけで、やっぱり派閥は好きになれないなあ…と思う今日この頃です。


 

 


 →TOPへ