有名人の不倫報道に思う

 ネットでは、芸能人の不倫がよくニュースになる。
 そのたびに、コメントなんかでは、「不倫は犯罪じゃない」「夫婦の問題であって周りがとやかくいうことじゃない」という意見が散見されるが……

 しかし、不倫を「一概に悪いこととは言えない」ことのように言う輩は間違いなく、「不倫する気のある奴」の、自己弁護だと思う。

 普通に考えて、浮気されて平気な人なんていない。
 「されて嫌なこと」をする時点でアウトだ。
 されても平気だとしたら、愛情がもうなくなってるか、自分も浮気をしてるかだ。

 ただそれでも、お互いが容認してるならアリだろ、という考えの輩もいるとは思うが、それを言い出したら、世の中全てのことに「悪」なんてなくなる。

 これって、「いじめ」議論に似ていると思う。
 よくある、「いじめる側に悪気はなく、受けてる方も受け入れて楽しんでるのかも知れない、だから教員も看過していた」というヤツだ。

 事実として相手が受け入れて楽しんでるならそれは「いじめ」ではない、と主張する輩がいるが、そんなの、結果論だ。
 仮にそういう事例があったとしても、
「いじめ」と思われる現象に対して、「相手が受け入れてる可能性もあるから、周りはとやかく言うことではない」になってはならない。

 まず「いじめは悪」という大前提にたって追求すべきで、それを「本当にいじめなら本人がそう申し出るべきで、周りがとやかくいうな」となったら、おかしなことになる。

 それは、いじめられる側は大抵弱い立場だから、自分からは言えないことが圧倒的に多い。
 まして、本人がいじめだと訴えているのを、「それなら相手にやめてといえばいい。周りが関与することではない」などというのは、あり得ない暴論だ。

 不倫問題も似ていると思う。
 そもそも彼氏や彼女に困っておらず、相手に依存する必要性もない関係なら、浮気されたらすぐ別れて終わりだ。
 しかし夫婦となると、世間体もあるし、特に家庭があったり、年齢も高くなると、簡単に離婚しましょ、とは言えない。
 夫婦崩壊を認めた状態で家族生活を続けるほうが辛いとか、いまさら離婚したら子供が可哀想だとか、生活が大変とか、状況的な理由によって「我慢」し、泣き寝入り状態で「容認する」場合も少なくない。
 それは果たして、本当に相手が「受け入れてる」と言えるのだろうか?

 ただ、だからといって「周りがとやかくいうことではない」と言う輩もいるかも知れないが、それを周囲が容認するような態度をとった場合、不倫をした人間は、決して自分の非に気付かなくなり、むしろ「肯定された」と考えることすらあるだろう。

 いじめの関係と同じく、周りは黙ってみているだけ、当事者同士で答えは出せ、となったら、単純に立場の強い方が勝つ。
 それが夫婦となれば、たいがい経済力を握っているほうが強い。
 だから、周りが諭さずして、誰がその行為の不徳を正せるというのか?

 それでもなやはり、夫婦間のことはあくまで「私的なこと」だとして、赤の他人が騒ぐことではない、という考えを認めたとしても、いじめと同じく、「不倫」行為は「悪」という前提的認識は変わらない。

 また、浮気や不倫は、「相手に隠し続ける限りセーフ」で、それが大人のルールだ、という考え方もある。
 何十年も一人の相手だけなんてのは、そもそも無理があって、何かしらあるのは仕方がない、と。
 ただ、そこの最低限のルールとして、絶対に気付かせたり、匂わせもしないのが大人のルールであり、伴侶に対するマナーだと。

 これは、僕が学生時代に飲み屋でバイトしている時に、店のママとお客さん同士なんが話しているのを聞い知った言葉だ。
 当時は、人間も歳を重ねれば、そうならざるを得ないものか、と思ったが、おっさんになった今あらためて思うことは、「浮気者の自己弁護に過ぎない」ということだ。

 これが成立するのは、それこそ「お互いが浮気をする」前提があるから容認できるだけのことだ。
 結婚生活も長くなり、お互いに歳もとり、愛情なんてとっくになくなってから、互いにそれぞれの人生を楽しもうという観点に立った者同士にのみ成立するルール。
 ただ、マナーとして相手には気付かせない、互いのプライドを守るためにも、外部にも絶対匂わせない、というのがルールという話だ。

 しかしこれは、片方は絶対不倫をする気はなく、片方だけが不倫する、という関係では成立しない。
 それがあり得るとしたら、子供のこととか、年齢的理由で、いまさら離婚できないから仕方なしに「我慢」を強いてるだけに過ぎず、それを「相手が容認している」と見做すのは間違ってる。それは成立してるとは言えない。

 ただ、我慢しているのに周りに騒がれたら辛いから、「その話題に触れるのはやめてくれ、そっとしておいてくれ」というのは、現実としてあるかも知れない。
 
そういう意味では、「周りが騒ぐことではない」というのは、ある意味正しい場合もある。
 しかし、だからいって、それで浮気や不倫が肯定されたり、相手が「容認した」というのは、議論のすり替えに過ぎず、決して浮気や不倫行為が認められるわけではない。

 

 思うに、浮気出来る人、一切しない人では、根本的に人間のタイプが違うと思う。
 「一生涯、一人の人間しか好きにならない」という人は、さすがに相当まれだとは思う。
 ただ、人生の中で、色んな人を好きになるのが普通だとしても、同時に複数の人を好きになれるかどうかは、人によると思う。

 僕の知り合いにも、何股もかけてる奴がいるが、そいつに言わせると、それぞれにちゃんと愛情を持って振り分けてるから、決していい加減なつもりはない、と主張する男もいたりする。
 僕は同時に複数相手にするのは無理なので、そういうのを聞いて、単純にすごいと思うというか、どうやったらそんな感情を器用に使い分けられるのかと、本当に不思議でならない。
 決して自分にそういう機会がなかったからではなく、同時期にかなりの人数の女の子から好意を寄せられたことは何度もあって、多い時は10人近い女の子から同時期に告白されたりした「モテ期」が到来したこともあったが、何人から好意を持たれようと、好きな人は一人でしかなく、どんなに可愛い子から迫られても、好きな人以外には微塵も興味を持てなかった。
 そういうのって、後になって思い返すと、もったいないことをした気にはなるけど、タイムリーには、「この人」という特定の人以外に好意や愛情を振り分けることがどうやってもできないので、どうしようもない。これはもう、自分の生まれ持っての気質なんだと思う。

 何が言いたいかというと、浮気をする人間としない人間とでは、人間としてのタイプが違うんだと思う。
 そこでまず議論が分れる。

 ただ、ここで重要なのは、タイプの違いだからといって「肯定」しているわけではない。
 それに、人間とはわがままなもので、自分が浮気できる気質の人間だったとしても、相手にされるのは嫌、という人間も少なくない。
 非常に自分勝手な話だが、これは男に多いと思う。

 いずれにしろ、浮気や不倫なんてのは、普通なら奥さんなり旦那にとって「嫌なこと」です。
 だから、「不倫」行為は断じて「批判」されるべきなのです。

 特に、浮気できるタイプとできないタイプのカップルとなれば、悲惨だ。
 しかし、子供がいたり、いい歳になってしまうと、離婚なんてそう簡単にできないので、許さざるを得ない状況になる。
 ひどいヤツになると、生涯浮気しないほうが綺麗事だ、子供みたいなこと言うな、なんて説得をしたり、説得させられてる人もいると思う。

 特にそれを強いるのは男に多く、まるでそれが真理かのように「男は浮気するもの」と断言する輩もいるが、それは違う。
 「類は友を呼ぶ」ごとく、浮気できる気質の人間は、気の合う仲間も同類ばかりなので、それが世の中の常識だと思い込んでるだけだ。
 そういう奴は、世の中の人間、浮気するのが当たり前だと本気で思ってるので、我慢しないでお前もすればいいじゃないか、なんて言い出したりする。相手にも浮気を認めれば、自分が正当化されると思っているらしいが、ふざけるのもたいがいにしろと言いたい。
 百歩譲って、そういうクズ同士のカップルなら勝手にすればいいが、相手に説得を試みなければならないとするならば、その時点で価値観は違う関係だから、終わってる。

 残念ながら、浮気する・しないは根本的な人間的気質の違いなので、浮気する奴は何度でもする。改心なんてしない。
 だから、一途型と浮気型のカップルは、残念な結果にしかならない。

 また、「浮気をしたことはない」とまず自分を正当化しつつ、「隠れてする分には仕方がない」なんてことをさらりと言えるヤツも、浮気するタイプの同類だと思う。
 たぶんそういうヤツは、単にこれまで機会がなかっただけで、この先、いい関係になれそうな相手に出会ったら、そっちに傾く可能性を認識しているのだろう。だから、自己弁護の予防線を張ってるに過ぎないと思う。

 話はずいぶん逸れたかも知れないが、有名人の不倫報道なんかで、赤の他人のこととはいえ、不倫や浮気なんて、大人なら当たり前、問題あったとしても本人たちだけの問題だ、なんて意見が当たり前になってしまったら、世の中の倫理観がおかしくなってしまう気がするので、すごく気になった次第です。

 


 


 →TOPへ