日本製を応援する

 日本人は、海外ブランドにめっぽう弱い。
 これはやっぱり、明治維新にはじまり、欧米へのコンプレックスがその根底にあるのだと思いますが、そこにバブル期のブランドブームによって、有名ブランドを持っている=成功者=カッコイイ、有名ブランドを持っていない=カッコワルイという風潮が生まれ、日本には「ブランド信仰」とも言える感性がいまだに根強く残っています。

 よくある、ママ友の間で「自分だけブランドバッグを持ってないと恥ずかしい」といって、旦那にブランド製品をねだるというような話も、そうした名残の典型例でしょう。

 かくいう自分も、ジャズやクラシック音楽、西洋料理といった欧米文化が好きなこともあって、どこか潜在意識の中には、欧米のブランドものへの憧れのような感性があることは否めないです。

 とはいえ、かつては"Made in japan is best"と言われたくらい、日本のモノ作りは世界的に評価され、日本製の車や電化製品は世界中で評価されていたし、何やかんや言って電化製品のようなものでは、日本製のほうが今でも人気があると思います。

 しかし、ファッション系のブランドは、やはり圧倒的に外国のブランドが強いです。

 例えば「ブランドバッグ」といえば、誰もがエルメスやヴィトンといった海外のブランドの名前がまず浮かび、GANZOや土屋鞄、吉田カバンなどを最初に答える人は、マニアな人だと思います。

 でも、日本のファッションブランドだって、海外製に劣らない品質のものが数多くあります。

 革製品ならココマイスターや万双なんて相当レベルが高いし、安価なラインでもkisoraなんかすごく良い。靴ならスコッチグレイン、リーガルは昔から高品質かつリーズナブルで知られてるし、時計ならセイコー、シチズンの技術は世界のトップレベルだし、洋物ブランドにかぶれなくとも、素晴らしいクオリティのものが日本国内にたくさんあります。

 特に、海外製品は関税などで高くなるため、同価格であれば日本製の方が品質は圧倒的に上です。

 だいたい、関税を抜きにしても、ヨーロッパのブランド品は高すぎる。
 ヨーロッパにおける高級ブランドというのは、日本のように誰もかれもが手を出す物ではなく、上流階級のためのものだから、そもそも値付けの考え方が違うのはわかりますが、エルメスの利益率が40%とか、羨ましぼったくりにもほどがある。

 ただ、日本のメーカーも、反省すべき点はあると思います。

 海外ブランドの人気が高いのは、ブランド信仰だけが理由ではなく、日本のものは品質は高くても、デザインが地味なことが多いからでしょう。
 これはファッションに限らず、日本製品全てに言える特徴だと思います。

 良く言えば、「見た目より中身」「質実剛健」「シンプル・イズ・ベスト」といった形容詞をあてはめられますが、デザイン性は明らかに欧米のものの方が高いです。

 なので、記事のタイトルを「日本製を応援する」と書きながらも、西洋文化が好きな僕としては、デザインや機能が気に入って、海外ブランドのものを買うことはあります。

 例えば、僕はスイスの"tissot"(ティソ)というメーカーの機械式時計が好きです。
 ティソなんて、もともとヨーロッパでも高級ブランドではいし、日本でも人気ないので、つけていたからといって何の見栄にもなりゃしませんが、日本の時計とは微妙に異なる、スイスらしい独特のデザインが気にいってるわけです。

 日本の機械式時計の雄といえばセイコーですが、セイコーの時計は、どうも地味というか、デザインが渋すぎるのがあまり好きじゃないのです。
 時計オタクに言わせると、あの渋さがいいみたいなのですが、僕には、あのわざとダサくしてるとしか思えない、微妙な地味っぷりが残念に思うのです。

 僕の好きなティソだって、デザイン路線としては地味な時計で、その差なんてほんの少しの微妙なものなのですが、セイコーにはない、何とも言えない華麗さというか、やっぱり西洋の香りを感じるので、惹かれてしまうわけです。

 本音では、出来る限り日本製を応援したいのです。
 セイコーの仕上げの良さはもちろん、伝統や歴史だって百も承知なのですが、いつも、買おうと思いながら、あのオヤジ臭いデザインのせいで、あと一歩のところでやめてしまいます。

 デザインの違いでは車なんかもよく言われますよね。
 実際、日本車と外車ってデザインの路線が根本的に違うし、明らかに外車には独特の色気があります。
 日本車は、何故ああいったデザインを作らないのでしょうか?

 日本人に、そういう感性がないわけじゃあない。
 奥山清行さんのように、フェラーリやマセラティのデザインをする凄い日本人だっています。
 ようは、企業のスタンスの問題だと思うのです。

 日本のメーカーが西洋風のモノを作ったって猿真似に終わるとか、西洋のブランドは、歴史と伝統ある西洋のメーカーが作ってこそ支持される、という人もいますが、果たしてそうでしょうか??

 始まりは明治維新から、日本の西洋の「猿真似」は、ずっと昔から言われてたことです。
 ですが、初めはどう見られようとも、それも長くやっていれば文化として定着します。100年続ければ歴史になります。それを、いつ始めるのか、ただそれだけだと思うのです。

 日本のモノが世界中で売れて、そうして稼いだお金で、外国製品を買っていた頃は、海外ブランド信仰も個人の自由と思うのですが、経済的に行き詰まりを見せている今の日本にあっては、日本人として、日本経済の発展に協力するという意味でも、日本製をもっと応援すべき、とも思うのです。

 海外のぼったくりブランド品に大金を落とす余裕があるのなら、そのお金を日本に落として欲しいとせつに思うわけです。

 だから、僕としても普段使いの時計としてはティソを買ったりはしながらも、高い時計を買う時はあえて日本製のシチズンから選んだり、革製品は日本製ばかり買う、というように、出来る限り日本の職人のものを応援している今日この頃なのですが、日本のメーカーも、デザイン性に力を注いでくれれば、もっと購買意欲が沸くのに…と強く思います。

 目立ちだからない、控え目を美徳する日本人の文化は、良い面もありますが、そのせいで、利益率の高いアパレルなどの高級ラインのシェアを、外国の企業に取られるのは非常に残念に思うわけです。
 

 


 →TOPへ