終身雇用の時代は終わった?

 最近、日本の「終身雇用の時代は終わった」象徴として、「あのトヨタでさえ終身雇用を否定」というフレーズが引き合いに出されるのをよく目にします。

 終身雇用の良し悪しの議論はともかくとして、この「トヨタでさえ」という表現には引っ掛かります。
 何故なら、「トヨタでさえ」ではなく、「トヨタだから」と言えると思うからです。

 企業の雇用における使用者と労働者との力関係は、ぶっちゃけその企業の"人気"と"待遇"次第です。
 
トヨタは日本を代表する企業の一つであり、人気企業で、待遇も良い。

 終身雇用にしろ、有期雇用にしろ、トヨタに関しては、採用に困ってそう判断したわけではなく、より有効な経営判断として決めただけです。
 
採用に困らず、新卒、中途にかかわらず、いつでも優秀な人材が応募してくるような企業なら、そもそも終身雇用にこだわる必要性は低いから当然でしょう。
 
トヨタにとって終身雇用は、単に「必要がなくなった」というだけのことなのです。

 一方、終身雇用を必要とする企業は、どちらかというと、人材獲得競争の激しい企業、採用の難しい企業ではないでしょうか。
 
優秀な人材の獲得が難しいから、雇った社員に、長く続けてもらうことを前提として手厚い教育をほどこし、有用な人材にし、定着してもらおうと考えるわけです。
 
もちろん、そのやり方で経営効率が良いかどうかはわからないし、その会社に人が集まらないことがそもそもの問題、といわれればそれまでですが、それはそれとして、終身雇用の時代が終わった例としてトヨタの名前を象徴として出すのは、ちょっと違うんじゃないの?って思います。

 確かに、「トヨタほどの大会社でも維持できない」という意味ではあっているかもしれないけれど、バブル期のように、使えない従業員を窓際でも雇い続けるようなレベルを基準に、終身雇用が必要だと論じる人は、さすがに今は少数でしょう。

 採用の難しい、「ブラック」と言われる企業でも、企業側から従業員の契約を打ち切って常に新しい人材を雇い入れたり、逆に公務員のように一生勤めあげることが前提のような組織で終身雇用をやめたら、「あの市役所ですら」と言えると思いますが、トヨタを例に出すのは違う。

 個人的には、終身雇用は賛成…というか、肯定派です。
 
純粋に経営効率でいえば、終身雇用は必要はないと思っています。
 
でも、日本人が日本人である限り、終身雇用はなくならない感性だと思うのです。

 「忠臣は二君に仕えず」という言葉がありますが、元は中国の故事とはいえ、日本の戦国時代からの美学として、ひとつの「君」に一生の忠誠を捧げる、何か一つに一生を捧げて全うする、という感性を美しいと感じる精神は、多くの日本人の根底に多少なりとあると思います。

 その基本的感性に加え、日本では理系の一部と除くと、大学自体が職業訓練校と直結しなさすぎるので、新卒社員をゼロから教育せざるをえず、そこにかけた投資を回収するためにも、雇用側が長く続けてもらいたいと思うのは当然の流れだと思います。
 
むしろ、終身雇用の概念があるからこそ、現在の日本の大学のやり方が存在できているようにも思います。
 
終身雇用をなくすなら、そこも同時に変えていかないと、国策としての人材育成は難しいでしょうね。

 もちろん、就職とは「就社」ではなく、別のその会社に忠誠を誓うつもりで入ったわけではない、というのも正しい感性だし、転職を繰り返すことも何らおかしなことではありません。

 特に最近では、学生が起業するケースも増え、起業サークルなんかも盛んになりつつあり、そういう部分だけ見れば、時代は本当に変わったように感じます。

 それはそれとして、別に一つの会社に忠誠を誓うわけではなく、フワフワと浮草のように働くよりも、安定した生活を望む人のほうが日本には多いように思うし、だから現在の若者にしても、就職活動における公務員人気は相変わらず圧倒的なのが実態です。

 スキルアップのために一社に留まらず色々経験したいなんて考えるアクティブ層は、確かに優秀な人だとは思うけれど、全体からすればひと握りに過ぎず、結局のところ日本人のマジョリティは安定志向なのだと思います。

 長く勤めていれば立派、というのは時代遅れだと思いますが、転職者によるスペシャリスト組と、新卒から終身雇用のつもりで働くプロパー組と、バランスをとってやっていくのが、日本の企業の自然な経営スタイルだと思います。

 だから、過去に大きな功績を残した人には、仮に高齢になっていまいち実力を発揮できなくなったとしても、過去の功績に応じて、名誉職のような役職を与えて定年まで頑張ってもらうというのは、日本という国の現状からすると、ある程度は仕方がないんじゃないかと思います。

  問題なのは、それが会社の老害になったり癌になっては本末転倒なので、年功序列で上がった人の権限はあくまでもそうならない範囲とすることでしょう。
 能力がないのに経験だけで権力を持たせてしまうことが不幸のはじまりです。
 
大きな権限を有するのは、年齢や社歴にかかわらず有能な人、という仕組みにしてこそ、日本的な終身雇用と能力主義が両立できるように思います。

 社歴の長さや昔とった杵柄で権力を持ち、創造性のある若者の意欲を潰してしまったら、その会社に未来はありません。
 なのに、つい、そうした若者を、「意見をしたければまず偉くなれ」といって、若い感性豊かな時期を既存の枠の中で使い倒してしまうのが、日本の大企業あるあるではないでしょうか?
 そのやり方だと、そうした若者が偉くなる頃には歳をとって感受性の創造性も失われ、結局何も創造性のある成果は出せないまま、部下には「自分もそうして偉くなったんだ」といって、同じことを繰り替えす…という悪循環を生むだけだと思います。
 こうした日本の慣習が、イノベーションやクリエイティブな発想が生まれない要因ではないでしょうか。

 終身雇用がどうとかが重要ではなく、そうした、問題の本質を見極めることが重要だと思います。


 

 


 →TOPへ