水木しげるの戦争漫画

 2015年11月に、漫画家の水木しげるさんが亡くなられました。
 謹んでご冥福をお祈りいたします。

 水木さんの作品というと、「ゲゲゲの鬼太郎」が有名ですが、自身の南方の島での戦場体験を元に、戦争漫画も多く描いています。

 戦争をテーマにした漫画作品は数多くありますが、水木さんの戦争ものほど、読んでいて不愉快になる漫画はありません。

 ただ、この「不愉快」の意味は、「悪い作品」という意味ではありません。

 戦争を扱った物語の多くは、漫画でも映画でも、言葉は悪いですが「お涙頂戴」的な悲劇的ドラマだったり、美談や英雄譚のようなものが多いように感じます。

 しかし、水木さんの戦争漫画には、しらじらしい美談や、戦闘描写のドキドキ感は一切ありません。
 淡々とした時間進行でストーリーが進み、背景の一部のように人が死んでいきます。

 仲間が死ぬところでも、悲愴感もなければ、ある意味必死感すらなく、あっけなく通り過ぎていきます。
 そして、上官の全く無意味なしごき。ただのメンツだけのために死ぬことを強要する玉砕命令。
 そこにはドラマチックなやり取り何もない。戦争の大義名分を美化するような装飾・虚飾の類は一切なく、当時の実態がありのままに描かれています。
 そこには、感動も悲哀も美徳も何もありません。
 ただひたすら陰鬱な光景が続き、読んでいて気分が悪くなって吐きそうになります。

 そして何より水木さんの戦争漫画の最大の特徴は、それだけ悲惨なシーンが多いからといって暗いかというよりむしろ、ある意味「のどか」なのです。
 
それを、水木さん人間性の表れだとか、作風の特徴、と片付ける人もいますが、僕はそう簡単に片付けられるものじゃないと思います。

 水木さんの戦争漫画では、ただジャングルに潜んで、ただひらすら歩き回っているだけの時や、戦闘もなく、ただ毎日、寝て、起きて、を繰り返しているだけの、戦時下での島での暮らしなども多く描かれています。

 現実の戦争も、365日24時間戦闘状態ではないし、派手な「戦闘」なんてものはあくまで一部でしょう。
 しかし、何もない部分は面白くないので、普通はそうした部分は漫画やドラマなどでは描かれません。
 ところを、水木さんは、そうした日常のシーンにもかなりのページを割いて描いています。
 そうした水木さんが描く、戦闘状態でない時間が、ある意味、牧歌的とすら言えそうなくらい「のどか」なのです。

 初めて読んだとき、その物語構成が、新鮮なリアルさを感じさせました。
 水木さんの戦争漫画は、
その「のどかさ」が、戦争の虚しさを余計に際立たせるのです。

 戦時下の孤島にいる兵士たちは、遠く日本を離れ、戦争だけが生活の全てで、家族を守るとか、お国のため大日本帝国の誇りとか、そんな理念もまるで無縁のような孤立した存在。
 
見知らぬ孤島のジャングルの中で、ただひたすら餓死しないために草や虫を食べて生き繋ぎながら、人を殺すか、仲間が殺されるか、自分が死ぬか、ただそれだけが彼等の日課の全てです。
 戦闘がない時は、特にすることが何もない。そしていざ戦闘状態になると、気がついたら仲間が死んでいる。
 食べ物に困れば、お前、仲間を食ったろ?と疑いだす。へんなものを食べて食中毒になる。変な病気に罹れば一巻の終わり。
 島での暮らしも、戦闘がなければ平和ではありますが、それで何をするかと言っても、何もなく、まるでニートかルンペンのように、ただただ、寝て食ってしているだけ。
 そんな毎日が彼等の人生の総てになっているのです。

 なんて酷い話でしょうか。
 読んでいて、面白くもなんともありません。
 むしろ不愉快でしかない。

 でも、これが「戦争」なのでしょう。
 戦場の英雄譚なんて、くそくらえですよ。
 ウケを狙うことなく、戦争そのものを、そしてその不愉快さを、ストレートに伝えた作品。こうした作品こそが、戦争というものを正しく伝える、大切なメッセージだと思います。

 こんな、売れるかどうかもわからない、何の娯楽性もない戦記漫画を描ききった水木さんは、立派だと思います。

 毎年夏になると、戦争漫画が書店やコンビニに並びます。
 是非一度、手に取って読んでみることをおすすめします。
 

 


 →TOPへ