小澤征爾×サイトウキネンのブラームス

 日本のオケによるブラームスの交響曲1番と言えば、小澤征爾×サイトウキネンが最高だと僕は思っています。

 「サイトウ・キネン・オーケストラ」とは、いわゆる普通のオーケストラではなく、毎年夏に桐朋学園のOBが集まって構成される特別編成のオーケストラですが、クラシックファンならその名前を知らない人はいないであろうオーケストラです。

 桐朋学園と言えば、私学ですが東京芸大と並ぶ、日本の音大の双璧の一つです。
 サイトウキネンのサイトウとは、桐朋学園の創立メンバーであり、日本の「指揮」のメソッドを確立した斎藤秀雄先生のことです。

 世界のマエストロ・小澤征爾氏は斎藤門下の一人で、同じく斎藤門下の大指揮者・秋山和慶氏の二人を発起人として結成されたのがサイトウ・キネン・オーケストラです。

 臨時編成のオケなのでメンバーは時によって違いますが、ヴァイオリンにはベルフィルでコンマスを務めた安永徹氏や、世界的ソリストである諏訪内晶子氏、ヴィオラには今井信子氏、フルートには工藤重典氏、オーボエに宮本文昭氏と、とんでもないメンバーが参加する、化け物オケです。

 もちろん、超人を集めたら必ずしも名演になるかといったらそうでもないのがオーケストラではありますが、それを短期間で見事にまとめあげられるのが流石、小澤征爾氏だと思います。

 かつて小澤征爾氏は、指揮者としての自分の特技について、「どんなに乱れたオーケストラでも、アンサンブルを統率する自信がある」と、何かの本に書いていたのを覚えていますが、確かに小澤氏の指揮はわかりやすいですね。
 タテが揃っていれば良い演奏とは限りませんが、小澤氏の振り方には、なるほど斎藤メソッドの片鱗をところどころに感じます。斎藤メソッドの振り方は表現力に乏しいという人もいますが、斎藤メソッドの真価の一つはそこにあり、斎藤メソッドによるオーケストラのコントロール技術と芸術的表現を融合し、高いレベルで昇華させたのが小澤氏ではないかと思います。

 話をブラームスに戻すと、小澤×サイトウキネンでのブラ1の録音はいくつもありますが、いずれも好演が多いです。(全部聴いたわけではありませんが、1990年前後の録音の話です)

 特長は、とにかくエネルギッシュで情熱的であることです。
 演奏全体としては雑で粗削りな部分も見受けられ、それで低評価をする人も少なくありませんが、僕的には、その粗削りさも魅力の一つだと思っています。

 そもそも、日本人のブラームスは、全般的にぬる過ぎる!
 ブラ1にしても、優美で甘っちょろいブラームスの何と多いことか。
 僕はあれは本当のブラームスだと思いません。

 ブラームスは、古典を愛し、楽曲も古典っぽい曲作りを好んだため、古い作曲家と思われがちですが、1833年〜1897年と、二十世紀直前まで生きていた人です。
 なので、トスカニーニやニキシュ、フルトヴェングラーといった大指揮者が若い頃には、まだ生きてたいんですよね。
 で、そうした指揮者の演奏するブラームスはどれも、ゴリゴリ、ザクザク、骨っぽい演奏ばかりです。
 もちろんそこには時代背景や録音環境の問題もあると思いますが、少なくともナヨナヨした表現を採っていなかったことは確かです。

 全ての部分がそうだと言っているわけではありません。
 ブラームスの一番なら、一楽章は重々しく演奏すべきだし、二楽章は、どこまでも豊かに、甘美なまでに演奏すべきだと思います。
 ですが、
第四楽章で、序盤のゆるやかな部分が終わり、アレグロ・ノン・トロッポで第一主題が快活に歌われる(いわゆる歓喜の歌のパクリオマージュ部分)ところなどは、フルトヴェングラーら昔のタイプの指揮者は、テンポはまさに「速く・しかし慌ただしくない程度」に、非常にはっきりとしたアーティキュレーションで、それこそベートーヴェンの第九のように朗々と歌い、展開部では五番のようにリズミカルに奏します。

 ですが、日本のオケは、そうした部分までも、アレグロというよりはむしろモデラート気味に、ゆったりとしたテンポで、ダラーっと、しまりのないレガートでの演奏することがめちゃくちゃ多い。
 僕はこれが、ものすごく気持ち悪く感じるのです。

 もちろん旧世代の指揮者でも、クレンペラーのように遅めのテンポで演奏する指揮者もいますが、テンポが遅めなだけで、クレンペラーのブラームスは、全然ナヨナヨしておらず、むしろ堂々としています。(そもそも何をやってもテンポが遅めなのはクレンペラーの特徴です)

 だいいち、ブラームスが憧れ、目標とした作曲家はベートーヴェンです。
 ベートーヴェンをナヨナヨした音楽と思う人はいないでしょう。
 その時点で、答えは明確だと思うんですよね。

 そこに、サイトウキネンのブラームスだけは、日本のオケとは思えない骨のある音を聴かせてくれるのです。

 優美なブラームスの流れを生んだ一人が、カラヤンだと思います。
 カラヤンは、そうした戦前派の旧世代ブラームスの演奏法を否定し、ブラームスは本来もっと優美な音楽だと主張しました。
 戦前派のゴリゴリしたブラームスの演奏を、むしろ間違った解釈だと言ったのです。

  そこあたりから甘っちょろいブラームスの演奏がはびこりようになり、そうした流れの影響を受けてか、日本のオケのブラームス演奏は、どの指揮者もどのオケも軟弱な演奏の多いこと。
 ブラームスという音楽はそういうもの、とばかりに。

 といって、僕としてはカラヤンの主張がおかしいとは思いません。
 カラヤンはブラームスの表現法に優美さを大きく取り入れましたが、だからといって、決して甘っちょろい演奏ではなく、十分過ぎるほどに彫りが深いと思います。
 あくまで旧世代に対してそう言ったまでで、ナヨナヨした演奏をしたわけではない。
 (もっとも、後期のカラヤンは、世間で「カラヤン・レガート」と称されるくらいゴツゴツしない音作りをしましたが、話が広がるのでここでは触れません)

 可憐なブラームスも悪くはありません。
 確かに、カラヤンをはじめとする、戦後の指揮者達によって、ブラームスは新しい魅力を引き出されたと言えるでしょう。

 ですが、日本のオケのブラームスでそれをやられると、正直聴けたもんじゃない、と思ってしまう。
 
ただでさえ貧弱で、しかもカドのない言語からくるのっぺりとした音のタッチの日本のオケで、ブラームスを優美に弾かれたら、それはただのフヌケた演奏にしか聴こえないのです。

 だから、ベートーヴェンやブラームスを日本のオケで聴きたいとは思ったことがなかったのですが、サイトウキネンのブラームスだけは違いました。
 
熱っぽく、武骨で、これぞベートーヴェンを目指したブラームス、という感じが出ています。

 小澤氏自体は、必ずしも情熱的な表現をする指揮者ではないのですが、サイトウキネンとの組み合わせはすごく良いですね。
 ある意味、小澤氏らしからぬ感じもあり、魂のこもった演奏が多いです。

 ライブ録音が多しい、レコーディングでも、その時に集まり、その都度メンバーも変わるので、一期一会的な感覚がそうさせてるのかも知れませんね。

 とはいえ、僕のようにブラームスの本質を骨っぽい音楽だと考える人は、もしかすると少数なのかも知れません。
 学生時代に、このブラームス談義をオケ仲間にすると、そもそもブラームスは優美な曲というイメージを持っている人の方が多かったように思います。
 そんな人にフルトヴェングラーのブラ1を聴かせたりすると、豪快で切り込むような弦の音に衝撃を受け、「ブラームスらしくない」とよく言われました。
 でも、戦前派の指揮者の演奏だと、そんな感じのが普通だったので、ある意味これこそが本当のブラームスだろうと僕は思っていたりします。

 もっとも、ブラームスを荒々しい音楽だと言ってるわけではありません。
 甘っちょろい演奏に対比してそういう言い方をしているだけで、ブラームス全般は、美しい部類の系統だとは思っています。
 ただ、ブラームスの親友だったヴァイオリンの名手・ヨーゼフ・ヨアヒムの録音を聴くと、やはり当時は現代とは全く演奏法が違うことがわかります。
 ポルタメントの多用は当時の風潮でしょうけれど、ビブラートをあまりかけないのがすごく特徴的です。
 今日のオケで、ビブラートをかけないストリングセクションの演奏を聴く機会は皆無に近いですが、弦のサウンドはかなりすっきりします。(ピッチがシビアになるので別の意味では乱れやすくなりますが)

 リストやワーグナーといった陶酔型のロマン的潮流に対して、あくまで古典回帰を主張したブラームスと、その主義の同調者であるヨアヒムの演奏スタイルは、注目に値します。

 おそらくブラームスの目指した音楽スタイルは、古典時代のように緩急明確で、歌う所は歌うが、快活な所は快活に奏する、明快な音楽を目指していたのではないかと思います。
 

 


 →TOPへ