芸能人の自由恋愛

 よく、芸能人やアイドルに「恋愛禁止」のルールがあるとかないとか、そんなルール自体がおかしいとか、そういう話が出てきますが、個人的には恋愛なんて自由だろ、って思います。
 
元々「スキャンダル」という言葉は「不祥事」や「醜聞」を意味しますが、不倫は問題あるとして、独身の男女が誰と恋愛しようが、それを「不祥事」扱いすることがおかしい。

 お笑い芸人に恋人が発覚してもスキャンダルにはなりませんが、アイドルに恋人が発覚すると「不祥事」になる。
 噂が流れたら風評であっても謝罪までしないといけない。
 これは、アイドルには恋人がいてはいけない、という前提があるからでしょう。

 そりゃあ、ルックスも売りの一つにしている芸能人にとっては、恋人がいると商品価値は半減します。
 だから、それを禁止じようという売る側の意図はわかります。
 
しかしそもそも、疑似恋愛を「売り」にするビジネス手法自体が不健全だと思います。
 何故なら、
芸能人と一般大衆ファンがひっつく可能性なんて、限りなくゼロに近いからです。
 懸賞やくじ引きなんかでも、当たり確率が低すぎたら法律にひっかかるのと同じで、可能性の低すぎることを売りにするのはいかがなものかと思います。

 もっとも、有名人にファンが勝手に恋をするのは仕方がないことです。
 それは学校のクラスメイトでも、相手に彼氏・彼女がいる・いないを勝手に妄想して恋をするのと同じです。

 ですが、アイドルなり芸能人本人が、「恋人はいません」と公言し、ファンに対して疑似恋愛するよう仕向けていたとしたら話は別です。
 
それをするなら、流石に彼氏・彼女を作るべきではないと思います。

 これって、芸能人ではなくとも、例えば職場や学生仲間で、「彼氏はいません」と公言して、男から貢がせるよう仕向けておきながら、実は密かに本命の彼氏がいる、ってのと同じだと思います。

 これは、「人として」不誠実な行為です。
 芸能人だからとか関係ないと思うんですよね。
 いくらビジネスだとしても、不健全な行為だと思います。

 芸能人にとっては、ファンを囲い込む努力も商売のうちだし、センシティブな部分はあると思います。
 先日、俳優の玉木宏さんが、結婚を発表したら、ファンイベントの応募者が激減したという話がニュースになっていましたが、玉木さんの場合は恋人は作らない宣言などしていたわけではないので、何ら不誠実なことをしたわけではありませんが、ビジネスとしてはどうしてもマイナスになってしまう。
 しかし、そうはいってもやはり、いくらビジネスとはいえ、せめて「嘘をつくな」「隠したいなら隠し通せ」って話で、「恋人はいません」とか「恋人はファンのみなさんです」などと公言しておきながら、陰で彼氏・彼女を作っているのは、芸能人とかアイドルとか関係なく、人としてよろしくないと思います。

 まあ、事務所が恋愛禁止を強要するのは、時代遅れって気がしますね。
 どういうスタイルでファンを獲得するかの方針を、事務所が決めること自体は当然のことだし、何らおかしなことではありません。
 ですが、恋愛はプライベートに関することなので、その部分のスタンスはあくまで自分で決めることであって、他人に強要されるのはおかしな話だと思う。
 「当たらない宝くじ」自体どうかとは思いますが、少なくとも自分の意思でその道を選択したなら、最低限それは守るべきだし、守れなくなったら撤回すべきでしょう。

 たとえるなら、婚活サイトに登録して、最初は本気で婚活をしてたけど、婚約相手が決まったのなら、当然婚活は辞めるべきなのと同じ。
 実はもう相手がいるのに、タダ飯目的に独身のフリをして婚活サイトに登録するのがルール違反なのと同じだと思います。


 

 


 →TOPへ