芸能人の自由恋愛

 AKBのアイドル岡田奈々さんに恋人いたことが発覚して、連日すごいニュースになり、炎上すらしているようです(笑)

 岡田さんは、AKBの中でトップクラスの人気だったからというのもありますが、炎上までなっている理由は、かつて岡田さんは、恋愛発覚したメンバーのことを批判していたこともあり、だから「嘘つきだ」と叩かれているようです。

 このニュースに端を発し、ネットではアイドルの恋愛の是非の記事やコメントがあふれかえって大議論の様相を呈していますが、この問題って、そんな繊細な話なんでしょうかね?

 よく、芸能人やアイドルに「恋愛禁止」のルールがあるとかないとか、そんなルール自体がおかしいとか、そういう話が出てきますが、個人的には恋愛なんて個人の自由だろって思います。

 正しいも何も、、独身者同士の恋愛は、不倫と違って法に抵触するわけではない。
 アイドル活動はあくまでビジネスなんだから、結局は需要と供給です。
 彼氏・彼女がいようがいまいが、歌なりダンスなり俳優業なり、当人のパフォーマンスにファンがついて商売になってれば問題ないだけの話。
 以前、ハロプロのメンバーの彼氏発覚して卒業したことに対して、他のメンバーが「何故パフォーマンスだけで評価してもらえないのか」というコメントをしていたが、そんなの自分の実力次第だろ、って思いましたね。
 本当に価値のあるパフォーマンスできてたら、彼氏彼女いようが関係なく客はつくでしょうから。

 しかしそもそも、「疑似恋愛を売りにする活動」ってのが、本質的にまともじゃなく、言ってしまえば「風俗業」なんですよ。
 それを、普通の仕事と同列に論じるからおかしくなる。

 喩えるなら、キャバクラやホストクラブと飲食店との違いです。
 飲食店の店員は、疑似恋愛を狙って会話をしたり、笑顔で接客してるわけではない。
 親切なサービスをする飲食店の店員に恋する客はいるかも知れないけど、それを利用して客にお金を貢がせているわけではない。
 一方キャバクラやホストクラブは、お酒やつまみを楽しむ形態は飲食店一緒だけど、客の主目的は酒やつまみ自体ではなく、ホステス・ホストとの疑似恋愛であり、客はそれに対してお金を出してるわけです。だから、グラス一杯のお酒に何千円、シャンパン1本に何十万という法外な金を取れるわけです。

 そのため、キャバクラやホストクラブは、飲食業ではなく「風俗業」として、法的にも明確に分けられていて、取り締まりの管轄も違います。
 何故なら、「疑似恋愛」や「性」を商売にするというのは、常識・モラルの前提が根本的に異質だからです。

 アイドルも同じではないだろうか?

 素敵な歌手に恋をしてしまう人はいるだろう。
 ただそれは、活躍してるスポーツ選手に恋してしまうファンや、素晴らしい接客をするウェイストレスに恋してしまう客と同じで、そうした心理自体は仕方のないこと。

 けれど、歌や踊りは体裁的なもので、客に疑似恋愛を仕掛けることをビジネスの本質とするのなら、それはもう一般的な活動ではなく、風俗業に位置づけるべきだと思うし、そのつもりで働いた方がいいと思う。
 「アイドル活動」という言葉の範囲が広すぎるだけで、やってること自体が一般的なモラルから外れた活動なん
だから、恋愛禁止令がどうとか、普通の会社や組織のモラルの議論が成り立たないのは当然だろう。

 そういう意味では、キャバクラやホストクラブ同様、疑似恋愛を商品にして活動するのなら、「恋人の存在を隠す」のは、所属する組織にルールがどうのというより、現実的に避けられないと思われる。
 もちろん、そんなの個人の勝手だ、プライベートが制限されるなんて人権侵害だといって、客の前で彼氏や彼女がいることを公言したければ自由にすればいいが、それで客から指名が入るかどうかは自己責任です。
「彼氏・彼女がいたら指名が入らないのはおかしい!」と文句を言いたければ言ってもいいが、それは誰に対する文句になるのだろうか(笑)

 とはいえ、キャバクラやホストクラブのホステス・ホストに彼氏・彼女がいないわけではない。
 あくまで店の中でいないよう振る舞っていればいいのだが、芸能人の場合はマスコミが私生活の素行まで狙ってくるので、芸能人でプライベートを隠しきるのは大変だとは思う。
 ただ、それこそ常にスクープ狙われているような有名人となると、稼ぎも相当だろうから、その気になれば隠し方なんて工夫のしようがあると思う。
 そんな生活を強いられるのがおかしい、という人もいるだろうが、そもそも
疑似恋愛を商売にするという普通じゃないことをやっているんだから、普通じゃない状況になるのは仕方ないことだと思う。

 客を増やすには、自分に何ができるのか? どうしたいのか?
 もし、自分は疑似恋愛でビジネスしてるわけじゃない、ファンは自分の歌とダンスに金を出してくれているんだ、というのなら、恋愛しても謝罪とか必要もないし、パフォーマンスレベルさえ落ちなければビジネスが成立するはずなのでそもそも問題ないでしょう。

 それだけのことじゃないだろうか。
 

 


 →TOPへ