スコッチグレインの革靴

 「スコッチグレイン」というのは、ヒロカワ製靴という日本の革靴のメーカーのブランドです。
 僕の好きな靴のブランドです。

 日本には「足元を見る」という言葉がありますが、これはもととも、昔の日本で、駕籠屋さんが、旅人の足元の草履のくたびれ具合を見て、疲れてそうな相手には高い値段をふっかけてたのが由来だそうです。

 今でも、相手の弱みに付け込むことを「足元を見る」と言いますが、ビジネスマンの間では、別の意味で「足元を見る」ことがあります。

 よく「靴を見ればその人となりがわかる」なんて言ったり、一流のホテルマンは客のレベルを見極める時に靴を見る、なんて言ったりもしますが、これは、一見こぎれいな格好をしていても、靴がボロボロだったり、汚れたままだったりするようなら、実はたしたことない人、って話です。

 何故「靴」で判断するのか、その本来の理由は、ビジネスマンが服装に気を遣う順序として、スーツ、シャツ、ネクタイ、ベルト、時計の順番となり、靴は最後になる人が多いので、靴まで気を回している人はレベルの高い人ってことになり、その裏返しとして「靴を見る」ということになったのでしょう。

 靴だけで本当にその人のことがわかるとは思いませんし、それを逆手にとって「服は安物でも靴だけは高級品を履け」なんてファッションアドバイスをする人もいるくらいなので(それはそれでどうかと思いますが)、それだけピンポイントに指摘されてることで手を抜くのは無粋な話だと思うので、僕もビジネスシューズにはちょっとは気を遣います。

 そこで、自分が好きなのがスコッチグレインの靴です。

 スコッチグレインの良いところは、オールハンドメイドの丁寧な作りで、日本人の足に合った形で、何より革質が良く、それでいて安価なことです。
 修理代も格安(数千円)なので、長く使うことを考えるとさらにお得感があります。

 スコッチグレインのオデッサクラス(税込みで4万円ちょっとくらい)以上の靴の革の質は、イギリスやドイツの高級靴にひけをとらないと思います。スコッチグレインの店員さんいわく、そういう靴と同レベルの革を使ってるそうです。 
 外国製の靴でスコッチグレイン並の質の靴を買おうとすると、数万円はプラスしないといけないと言われています。

 靴に全く興味がない人からすると、4万円もする靴は十分高級だと思うかも知れませんが、いわゆる外国製の高級靴となると、安くとも5万円〜くらいし、ジョン・ロブやエドワード・グリーンといった、車に喩えるとフェラーリやポルシェのようなハイクラスなブランド靴は10万を超えるので、本格的な革靴としてはかなりお手頃価格です。

 ちなみに、高級靴を買う人は、「安い合皮の靴を1年そこらで履きつぶして何度も買い替えるくらいなら、上質な革靴は10年以上持つのでコスパが良い」とよく言いますが、外国製の高級靴の場合は、その10年の間に修理などの維持費がかかるし、本当に10年持たせようとすると、一日履いたら2日休ませて、同じ革靴を連日履いてはいけない、なんてのが前提になるので、結局何足も必要になるため、決してコスパは良くありません。

 しかし、そうした高級靴と同等のクオリティがありながら、安くて丈夫で、修理代も数千円で済むという破格の維持費のスコッチグレインは、本当にコスパも良いです。

 残念なところとしては、デザインに色気があまりないことと、甲が少し高いことです。
 靴マニアの間では、そこで評価が分かれるようです。

 同じ日本製でも、よりデザイン性の高いメーカーは他にもあるし、スコッチグレインとよく比較されるリーガルでも、シェットランドフォックスになると洒落たものがありますが、スコッチグレインの靴は、最高級ラインでもド定番的な感じのものばかり。

 革靴の本場・イギリス製やイタリア製ともなれば、日本とは比べ物にならないくらいデザインバリエーションが広く、お洒落な靴がたくさんあります。
 また、外国の靴は、足にぴったりとフィットするように、むしろ最初はきつすぎるのを状態で履きはじめ、履いているうちに革が伸びて、結果的にその人の足の形に同化するような履き方をします。

 確かに、「お洒落」として靴にお金をかけること人からしたら、いくら革の質が良くても、外国メーカーのお洒落なデザインなものを選ぶ、という気持ちはよくわかりますし、完全にフィットするほうが心地よいのもわかります。

 ですが、僕の場合、基本的に仕事にはジャケパンスタイルで行くので、そもそもかっちりした革靴をそんなに頻繁に履きません。
 フォーマルな革靴はそれこそフォーマルな場でしか履かないため、そういう時の靴となれば、派手さやラグジュアリー感は不要だと思っています。
 それに何より、ここは日本なので、例えば何かの会議の後に、座敷や掘りごたつスタイルの飲み屋に行ったり、お通夜などで室内にあがったりと、何かと靴を脱がなくてはならない瞬間というものが出てくる時があります。
 その際、スコッチグレインは甲に少し余裕があるため、紐をほどいたり結び直さずとも、着脱がすごい楽なのです。(ただのめんどくさがりなだけですが…)

 そんなわけで、デザインは地味でも質は高級靴と変わらないスコッチグレインが、一番僕に合っているわけです。

 また、僕個人の趣味として、いかにも高級感が露骨な、足からドヤ顔が伝わってくるような靴はあまり好きじゃない、というのもあります。
 見栄的なものが一切ないかと言われたらゼロとはいいませんが、ブランドや高級感を露骨にひけらかすようなファッションをしたいとは思わないからです。

 また、靴はこまめに磨いてますが、鏡面磨きまでするのも、「お洒落アピール」感が強くて、あまり好きじゃありません。

 そうしたことを考えると、ブランド的な自己主張が低く、ナチュラルに革の上質さが感じられ、それでいて安価なスコッチグレインは、僕にとって十分すぎるくらい最適な靴なわけです。

 また、スコッチグレインの「シャインオアレイン」という雨用のシリーズも優秀!
 革靴は雨に弱いので、革靴の品格を持ちながらも雨に強いシャインオアレインは、非常に使い勝手が良いです。(税込みで3万円ちょっとくらい)
 革をなめす時にフッ素を混ぜこむという特殊な作りによって撥水加工しているそうで、そのためか、ちょっとくすんだような色合いで、オデッサに比べると革の良質感はだいぶ落ちますが、レザーソールより歩きやすいし、雨の日に気兼ねなく履けるのはすごく便利です。
 防水スプレーなんてしなくとも、全く浸みてきません。

 それでふと、雨の多いイギリスで、なんで高級な革靴の文化が発達したんだろう?と思ったら、そもそも日本と違ってヨーロッパは階級社会なので、高級靴を履くような階層の人々は、雨の日に外を歩き回ったりしないそうな(笑)

 そもそも、レザーソールの革靴って、歩きにくいし実用性は低いですもんね。
 だから、合理主義のアメリカで、革靴だけど歩き回っても疲れない、ジョギングにも耐えられるというようなROCKPORTが生まれるわけです。

 それを考えると、長時間歩き回るような仕事をしている職種の人が高級な革靴を履くのは、本来不釣り合いなファッションなんじゃないかと思います。

 あと、基本的に海外のブランド品は、関税やら何やらで、基本的にかなりぼったくられてます。
 それに、せっかく日本に優秀なメーカーがあるのに、わざわざ外国にお金を落とすのは何だか悔しい気持ちもします。

 そんなわけで、僕はこれからもスコッチグレインを贔屓にしていこうと思っています。

 


 →TOPへ