学校教員のレベルは本当に下がったのか?

 最近の学校教員は昔に比べて質が下がった、という話が、ニュースやネットの記事などでちょいちょい出てきます。

 本当にそうでしょうか??

 僕は、学校の先生なんて、昔からロクでもない人が多かったと思ってます。
 変わったのは、「親」と「社会」だと思います。

 だいたい、昔は「でもしか先生」という言葉がありました。
 戦後の2度のベビーブームで子供が溢れて学校の先生が不足したことや、高度成長期は民間企業の方が人気が高く、世の中がバブルになっても給料が一定の公務員は人気が無く、目指せば誰でも先生になれたため、職にあぶれた人が「先生にでもなるか」「先生にしかなれない」といって先生になったことを揶揄した言葉だそうです。

 特に終戦直後は、教員としての勉強をしたわけでもない、予科練崩れや軍隊上がりの元兵隊が、何をどう間違ったか学校の先生になり、勉強を教えるというより暴力をふるうことが趣味のような輩もザラにいたそうで、当時は体罰でクビにならなかったから、結局そうした先生が定年まで教師を務めていたりしたので、そんな教師がいた頃の学校教師のレベルなんて、推して知るべしです。

 といって、今の教員は大学で教職の資格を取得しているからレベルが高いのか?となると、そういうわけでもありません。

 だいたい、人を教える、指導する、というのは、一つの技術です。
 どんなに頭が良かろうが、大学で単位を取ったからと言って教育者としての適正があるのかはわかりません。

 僕自身も、学校の先生を目指していた時期があって、中学と高校の教員免許を取得したのでわかりますが、単位を取るために大学で勉強したことなんて、ほんとタカが知れてます。

 教師は教育の「プロ」というけれど、スポーツのように実力と実績でなったわけじゃないし、良い授業が出来ないと2軍に降格するわけでもない。

 とどのつまり、学校教員のレベルなんて、今も昔もピンキリだったということです。

 もし、昔と今が違うとするならば、それは「親の質」と「社会の変化」でしょう。

 昔は、勉強は学校で先生が教え、常識は家で親が教えるものでした。
 また、学校で生徒が何か問題を起こすと、先生が親に文句をつけて、親が謝るものでした。

 それが今では、生徒が問題を起こすと、先生に管理責任が問われ、親が学校に文句をつける時代です。
 その最たる例が「モンスターペアレンツ」でしょう。

 これは時代の変化なのでしょうか?

 いやいや、「学校」というものの成り立ちを考えると、本来、学校は「学問」を教えるところです。
 もちろん、そこには一般常識や道徳・倫理の勉強も含まれますが、それは、より社会的な「教養」レベルのものであり、人間としての基本レベルの常識は、親が教えなくて誰が教えるのか?と思います。

 何故なら、学問は客観的なものです。
 だから、親がどう言おうと関係なく、学校で教えられる内容が「正」です。

 しかし常識レベルのことは、多分に主観的なものも含まれるから、いくら学校で教えたところで、家で親が別の価値観で育てれば、そっちに傾いてしまいます。

 ネットの記事なんかでは、「昔の教員は尊敬されていたから先生の言うことに親も納得した」とか書いている人がいるけれど、そうじゃなくて、昔は「学校」という「社会」に子供が適合しなかったら、それを親は「恥ずかしい」と思っていただけで、「他人様に迷惑をかけることは悪いこと」という認識が、当時の親の子供に対するあり方だったからだと思います。

 だいたい、親の教育を塗り替えるほどの指導力を学校の先生に基本能力として求めるのは、あまりにもハードルが高すぎでしょう。
 仮にそれが本当に出来たとしたら、それは自分の子供が親の言うことより学校の先生の言うことを信じるということなり、それはそれで親として本当にそれで良いのでしょうか?

 自分の子供が、自分が教える常識よりも学校の先生の常識に従ってほしいと、本気でそう思っているのでしょうか??

 それに、常識というものは、教わって身に付くというより、家庭環境によって身に付く部分が多いと思います。
 親が放任主義で、子供の常識教育は学校の先生にやってもらおうなんて考えていたとしたら、放任されていること自体がその子供の常識になってしまうと思います。

 そんなわけで、日本の教育について考えるのであれば、教員の質を問うよりもまず、親のあり方、家庭での子供の「躾」について考え直すムーブメントを国は起こすべきではないかと思います。

 また、社会の変化という点では、戦後から高度成長期の日本の社会は、いわゆる「護送船団方式」で、どこの会社も年功序列でタテ社会の組織が普通で、一人ひとりの個性などはあまり尊重されず、「画一化」教育が当たり前だったし、むしろそうであることが「正」でした。

 それに比べて今は、多様性の時代で、社会の変化のスピードも速く、人それぞれに合わせた教育が必要になるので、昔よりも教育者に求められる技術的な難易度は確実に高くなっていると思います。

 つまり、昔は教員に必要な技術レベルが、今に比べれば相対的に低かったのだろうと思います。

 いずれにしろ、こうした複雑性を増した時代にあって、学校の教員が今のレベルのままではだめでしょう。

 特に高校教師には、社会人枠を増やすべきだと思います。
 何故なら
、多くの子供は、高校時代に、進学か就職かという人生の最初の大きな選択に迫られるからです。

 現在の教員制度では、ほとんどの教員が大卒でそのまま先生になります。
 卒業後すぐ採用されなかったとしても、講師として先生と同じように学校で勤務し、採用試験を毎年受験して、それに合格して先生になります。

 しかし、それではほとんどの学校教員が、民間での社会人経験がないことになります。
 そんなので、本当に適切な進路指導が出来るのでしょうか??

 民間企業で働けば偉いというものではありませんが、大学を出てからそのまま学校という特殊な組織でしか働いたことがなく、しかも先生のほとんどがそうした人の集まりというのでは、あまりにも偏り過ぎでしょう。

 その点については、昔のほうが、民間企業を辞めて学校の先生になった人が結構いたので、今よりも良かったかも知れません。

 最近では、社会人枠を増やしている教育委員会も増えましたが、それでも海外での国際的な業務経験があるとか、英語が出来るとか、変に特殊な実践スキルの所持者を求めるようなケースが多く、根源的な意味で、広く社会のことを教え将来に導いていくことを趣旨とするような社会人枠の採用は、非常に少ないと思います。

 昔から日本の学校教育には、この部分が欠けていると思います。
 学校というのは学問を教えるところであり、自分の進路は自分で考えるもので、就職活動も個人で行うのが当然で、本来学校が責任を負うところではないのかも知れません。

 しかし、日本の経済を強くしようと考えた場合、それではいけないと思うのです。

 日本の大学は単専攻なので、文学部の文学科専攻なら文学や語学、工学部の機械専攻なら機械系と、専攻した学科のことしか基本的には学べないので、大学に入った時点で、ほぼ就職の方向性も決まってしまいます。
 しかし、欧米の大学は複数専攻できるので、例えば医学と音楽という全く異なるものを同時に専攻し、それぞれ専門教育を受け、医者か音楽家か、どちらの道に進むかを大学時代に考えることが出来ます。これは、日本では考えられないことです。

 つまり、日本では高校生の時点で、将来の方向性が決まってしまうということです。
 であれば、高校生における進路指導は、日本の将来を背負う若者を育てる、という意味では、本来非常に重要性なことのはずです。

 それに、日本の大学は、理系はまだしも、特に文系学部においては、実践的なスキルを学ぶ欧米の大学と違って、職業のスキルに直接結びつかないと良く言われます。
 そのせいか、最近は大学に入ってから、別に専門学校に通って資格を取る、という人が増えています。

 ただそれも、大学の授業を補完するためならまだしも、文学部に入って、専門学校で会計士の資格を取るというような、全く無関係の場合も少なくありません。

 これはつまり、日本の大学は、ほとんど「学歴」を得るために入っているようなもので、教育機関としては形骸化しています。

 こんなことでは、およそ優秀なビジネスパーソンが育つ環境とは思えません。
 大学に学費を払いながら学費の高い専門学校に行くなんて、お金もかかる話だし、しかも最近の高校では、進学するのは塾に行くのが当たり前になっているという。

 日本の学校教育は、一体どうなってるのでしょうか??
 進路指導もまともに出来る環境になく、専門であるはずの学業ですら、進学にも就職にも役に立たないとなっては、何のための学校なのか。

 いくら、自分の人生は自分で切り拓くのが基本だと言っても、日本の社会・経済を強くしようと思ったら、学校教育にあり方や、進路指導のあり方を、根本的に見直さないといけないのではないでしょうか?

 日本経済が低迷し、学力低下も騒がれる昨今、日本の教育のあり方には、まだまだ研究と改革が必要だと思います。

 

 


 →TOPへ