テレビのヤラセ

 テレビにはヤラセと演出が当たり前のように存在します。
 それは、バラエティとかでなく、ニュースやドキュメンタリー系の番組でも同じ。
 
僕はこれまでにテレビ番組の撮影にからんだことが何度かあり、とあるレストランの新店オープンをドキュメンタリーにしたニュース番組では、メインの出演者として出た実体験もあるので、憶測だとかネットで拾った情報とかではありません。

 ただ、ものによっては、「ヤラセ」と「演出」の違いは微妙なところです。
 台本があるわけではなくても、テレビカメラを意識した結果、作為的になってしまうこととか、ヤラセなのか、演出なのか、リアルと含めるのか、微妙な部分も結構あります。

 そうした演出・ヤラセを、軽微なものから過剰なものまで、体験した範囲で順に説明していきます。

●本筋そのものには影響のない演出

 よくあるのが、音ですね。
 
実際に撮影しているときの音って、うまく拾えていなかったり、雑音が多かったりするので、後からそれっぽい音を合成するというやつです。

 これは、テレビ局に勤めている友人にも聞いたのですが、例えば、自然をテーマにしたドキュメンタリーなどで、流れる川の音とか、葉ずれの音とか、動物の動きとか、実際の現場では、なかなか綺麗に音が取れないそうです。

 実際の音がわかりにくい音だったりすると、観ている人の反響が良くないらしく、そういう場合、視聴者が一般的にイメージする川の流れの音とかを合成するそうです。

 こういうのって、僕が撮られていた時も、もしかしたら背景音とかでは類似の合成がされている可能性もありますが、出ている本人だってわからないし、もし合成したといわれても、そうなんですか、くらいにしか思わないでしょう。

 こうした、その企画の中身自体には影響のないレベルの演出は、いくらでもあると思います。

●自主的な演出・演技

 これは本当に多い…というか、どうにも避けられないものではないでしょうか。
 例えば、どこかの会社や店がテレビで紹介されることになって、テレビカメラがやってきたら、本当にいつも通りの、ありのままを撮ってもらおうとするか?というと、必ずしもそうはならないと思います。

 撮られる側として、これは見せたくないな、というのもあるし、いつもよりちょっと格好付けたことをしてみたり、微妙なものは隠したりと、そういうのは絶対にあります。

 こういうケースは、制作会社のほうからはむしろ喜ばれないやつですね。
 テレビ側としては、トラブルなんかも含めて、ありのままの舞台裏を放映したいと思っていても、見せる側では、都合の悪い所は見せたくないわけです。

 僕が経験したしょうもない例としては、ある会議のシーン撮る時、通常その会議で使う部屋は、小さい雑然とした部屋で見栄えが悪いので、テレビが入る時は、大きく綺麗な会議室を使ったりしました。

 これは、本来の事実そのものとは異なるので、ある意味「ヤラセ」的でもありますが、決して制作会社が指示したわけでも、台本があったわけでもなく、取材を受けている側が、その時々によって自主的に行われることなので、ヤラセというべきかは微妙なところですね。

●成り行き上用意した場面

 このあたりからは、かなり「ヤラセ」色が強くなります。
 
僕が体験した例では、ある店のオープンにあたり、新しい取り組みがあって、それを覚える時間がなかなか取れなかったので、やむを得ず自宅に持ち帰ったりしたことがあったのですが、そうした話を制作会社に話すと、「そのシーンを撮りたい」というのです。

 でも、あくまで、そういうこともありました、と話しただけで、別に今、そうしているわけじゃない。
 でもテレビ的には、そうした「家まで仕事を持ち帰るくらい大変な姿」という絵を撮りたいわけですね。

 まあ、家まで持ち帰ったこと自体は事実なので、その話自体は嘘ではないけれど、そういうシーンが欲しいからといって、わざわざその場面を用意したら、それってヤラセじゃないの?と思いました。

 また、別の番組では、すでに終わった会議について、その場面を再現して撮影したこともありました。
 制作会社的に、そうしたシーンがあったほうがストーリー的に流れが良いと思ったら、お願いされることが結構ありますね。

 まあこれも、そういう会議があったこと自体は事実なので、作り話ではないけれど、撮影された場面自体は、作り物ですよね。
 
そうなるともはや、ドキュメンタリーという観点からは、かなりヤラセっぽい。

●作為的な編集

 これも自分の実体験で、かなり嫌な体験でした。
 ある店のオープン準備のドキュメンタリーで、順調に進んでいるだけだとつまらないから、悪戦苦闘しているシーンも撮りたい、というんです。
 でも、そんなのって、意図的に用意できるものではない。
 だから、僕は適当に聞き流していたのですが、上司の考えは違いました。
 ある日の
撮影中、とある料理の対応をする時、僕の知らないメニューをいきなり出されたんです。
 
それで、「ええ??こんな商品は知らないですよ…」みたいなことを言ったのですね。
 で、それが実際に映像化されると、そのセリフの部分だけが切り取られ、そこに「…と、苦し紛れに、言い訳をしてしまう」といったナレーションが付け加えられました。

 いやいや、ふざけんなと。
 言い訳なんてしてないし。これはずるいだろ、と。
 いくらなんでも、
そんな編集をされたらたまったもんじゃない。

 撮影って、ずっとカメラを回しっぱなしだったりするので、その所々を、都合よく切り貼りして、さらにナレーションで勝手な補足まで付け加えられたら、実態とは異なるものを事実っぽく演出することなんて、いくらでも出来てしまう。

 この時の僕のリアクション自体には、台本はありません。
 でも、わざとそういう反応が出そうな仕込みをして編集するなんて(この場合は制作会社だけでなくこちら側も噛んでいますが)、演出としては完全なヤラセだと思いました。

●誘導的なヤラセ

 これも僕の実体験です。
 僕が新店のオープンを任されたことに対して、制作会社の人が、「こういうのってどういう基準で選ばれるんですか?テストとか、そういうのってないんですか?」と質問したことに対して、なんと会社は、わざわざテストを用意したのです。
 
もちろん、そんなテストなんて本来存在しません。
 
でも、制作会社と会社で打ち合わせをした時、そういうのがあったほうがストーリーが盛り上がるということになって、わざわざ用意したわけです。

 これはさすがに100%ヤラセじゃん、って思いましたね。
 でも、制作会社って、もって行き方が上手なんですよね。
 制作会社から、そういうシーンを用意してくれと、明確に言われたわけではないんですよね。
 
制作会社の人は、「ええーっ、そうなんですか…ないんですか、残念ですね…そうですか、でも、ないって、不思議ですよね…」みたいな感じで、後をひくように粘るんですよね。

 そして、打ち合わせの合間合間に、今こうやって撮影しているけれど、内容によっては、放映されない、お蔵入りになる、ということもあるのでその時はご了承ください…なんてことを、うまく話に混ぜ込んでくるんですよね。
 
そうすると、会社側としては、テレビで放映されたほうが知名度が絶対に上がるから、何としてもお蔵入りにはさせたくない。
 
…ってわけで、「実は、こういうのが予定としてあるんです」とか急に言いだして、制作会社が期待するシーンを、自主的に用意するわけです。
 明らかに作ってる感がミエミエです。
 でも、制作会社は、そんなこと突っ込みません。

 これって、巧妙ですよね。
 制作会社がヤラセを明言したわけではなく、あくまで、取材されている側が勝手にやったことなので、制作会社的には「ヤラセ」ではない。
でも、そうなるように仕向けてるんですよね。

 そして僕はその時、そのテストで落ちました(笑)
 急増してデッチあげたテストです。しかも、内容も適当。
 わけのわかならいままやって、落とされましたが、そうすることでドラマは盛り上がるという寸法。
 規定に存在しない架空の試験を社内で唯一受けさせられ、それに落ち、そしてそれがテレビで放映されるという貴重な経験をさせていただきました(笑)

 似たようなことは、他の制作会社で、商品開発の取材を受けた時にもありました。
 その時は、商品開発の担当者を追う、という企画で、ある商品開発の担当者が、準備に準備を重ねて作り上げた商品が、偉い人から一刀両断に却下されてショックを受けるシーンを撮りたい、という内容でしたね。
 実際には、オーナー社長の会社ならいざしらず、それなりの規模の企業で最終答申までいった商品は、すでにその時点で大筋の承認や根回しは終わっているのが普通で、そんな簡単にひっくり返ったりはしないのですが、番組的には、地味に手続きを経て商品が誕生しても面白くないから、そういう波乱のシーンを入れたい、というのです。
 テレビ番組って、なんでこう被写体に恥を欠かせたいのだろう(笑)
 だからこれは、テレビの制作現場ではよくある話なのかもしれませんが、完全にヤラセだと思います。

 とまあ、実体験をもとに色々書いてみましたが、最終的には制作会社と取材される側のお互いのモラル次第なんでしょうけど、制作会社なんて、結局はどこもテレビ局の下請けです。
 つまらない映像だったら仕事がもらえなくなるし、取材される側も、何とか放映してもらうために、いかに面白く見える、反響の良いものにしようという意識が働くのは当然といえば当然なのですが、結局その考えがヤラセの温床になるわけです。

 ただ、そうした取材・撮影を受けた当事者としては、ほんと嫌な印象しかありません。
 
事実に無いことを誇大に演出されたって、事実を知る関係者からしたらむずがゆい話だし、事実になく格好悪く演出されても、たまったもんじゃありません。

 でも、なんであんなヤラセの撮影に賛同したのだろう?と、自分自身でもつくづく思います。
 しかも、恥をかかせられて。
 まあ、その時は、単純に一人の担当者として、テレビ放映を何としても実現して、売上を獲りたいと思ってたんでしょうね。
 今思えば、会社は喜んだかもしれないけど、自分自身には残ったのは、無意味な経験と、事実にない恥をかかされたけで、ばからしい話です。

 何にせよ、ヤラセはよくないと思います。

 

 


 →TOPへ