ヴァイオレット・エヴァーガーデンは子供向け
 

 何かいい感動映画やアニメがないか調べていたら、えらく評価が高いので観た「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」ですが……

 結論からいうと、「小さな女の子向けのおとぎ話」でした。
 「
シンデレラ」と「人魚姫」と「あしながおじさん」を混ぜて、さらにSFファンタジー要素で補って少女漫画にまとめたアニメ。

 設定とか世界観とかのおかしい点を突っ込みだしたらキリがないですが、設定がおかしいアニメなんてゴマンとあるので、そういう指摘がしたくて記事にしたわけではありません。

 わざわざ記事にしたのは、こんな「おこちゃま向け童話」のようなアニメが絶賛されてることに違和感を覚えて、どうしてもモノ申したくなったからです。

 シンデレラでもいいんです。あしながおじさんもいいですよ。
 でもそれは、お子様向けのおはなしなら。

 けど、いい大人がこれに「超感動」なんて、それはどうなの? って思い、記事を書くことに。
 何故なら、この作品のヒロインであるヴァイオレット・エヴァ―ガーデンという主人公と、そのお相手であるギルベルト少佐は、非常に傲慢で自己中な恋愛をしているにもかかわらず、それがまるで「純愛」のような扱いをされているからです。
 こんなチープな男女の話に共感者が増えていったら、人の倫理観がズレてしまうんじゃないかと思ったからです。

 それでも、これが単なる恋愛ドラマなら、傲慢で盲目的な恋愛も構わない。
 でも、シリアス設定の「戦争」を背景に据えたドラマとなると、話は別だ。
 いい大人が、こんな陳腐な構成で感動するのはいただけない。

 こう書くと、「うるせーアンチ」「嫌なら観るな」と言われそうですが、最初からそんな色眼鏡で観始めたわけではありません。
 むしろ、感動アニメという前評判を聞いて観たわけだし、「?」を感じはじめた途中でも、自分が世界観に馴染めてないだけかと思って、溶けこもうと努力しながら観ましたよ。

 ……けど、やっぱりダメでした。
 アニメ版は一度挫折するも、思い直して最後まで観て、それでも釈然としないから、結末まで確認すれば見直すかと思って劇場版まで観ましたが、むしろ余計に評価を下げることに。

 以下、ネタばれもあるので、観た人だけ読んでください。

(以下、ネタばれあり)

 とにかく受け入れられなかったのが、ヒロインである主人公とギルベルト少佐が強く惹かれあう理由について、最初から最後まで、気高さや美さを、全く感じられなかったこと。

 まず、出会いが主人公9歳くらい、ギルベルト24歳。
 そして、出会った時の主人公は、言葉もまともに喋れず、ただの戦闘ロボットだったという。

 細かい設定のおかしさはこの際ほおっておく。
 しかし、そこから5年ほどの間、ギルベルトは主人公を憐れに思い、大事に接し、育てたわけですが……

 そんな幼女を「心から愛してる」って、ロリコンかよ(笑)
 
百歩譲って、大事にされた主人公が、ギルベルトに特別な感情を持ったとしても、14歳(中学二年)と29歳……アウトだろ(笑)

 もっともそこは、時代が違うにしても、赤の他人の9歳くらいの女の子に向かって、「君はきっとこの名前にふさわしい女の子になるよ」って言うシーンからして、最初からそういう眼で見てんのかって思ってしまった。

 結局、爽やかイケメンが言えば何でも許されるってことでしょうか(笑)

 そもそも、人が人を好きになるのは、人間性や価値観の一致が一番大事だと思う。

 ギルベルトは、ヴァイオレットの一体何に対して、人間的価値観の一致を見出したのだろう??
 見た目か(笑)

 どんな命令も素直に従う、実直な人間性を憐れんだとして、軍隊では一体、どういう共同生活をして、教育をしたのか。
 脳にコントロー制御をかけてるといったSF的な設定でもない限り、9歳なんて、まだどうにでも染められる年齢。
 なのに、結局、ギルベルトは、劇場版でも言っていたとおり、ヴァイオレットを道具としてしか育ててないよね? 本当に愛してたのか?

 そもそも兵隊は、ロボットじゃないと務まらないわけじゃない。
 戦闘は戦闘として、普段の兵舎暮らしでは、人間的な交流もできるはず。
 それこそ可憐な美少女なんだから、普通に軍隊生活してたって、兵士たちの間で人気者になって、多くの人から愛されていてもおかしくない。
 それに、あんな幼女を戦闘員にするくらいだから、兵隊にはもっと若い兵士もいないとおかしい。
 少年兵とまではいわずとも、あの時代なら14、15歳くらいの兵士がざらにいてもおかしくない。
 だから、せめて少しでも歳の近い友達を作らせようとか思わなかったのか?
 それが、本当にヴァイオレットのことを想うってことじゃないのか?

 けれど、ヴァイオレットの周囲との関係性や言動・振舞いからして、広く人間関係を作らせていたとは思えない。
 戦場では常に自分の傍らにおいていたことからも、ギルベルトって結局、ヴァイオレットを自分の部屋の中だけで囲っていた可能性が高い。まじロリコン(笑)

 普通に考えたら、幼女にあんな非人間的な教育しかしなかったギルベルトに対して疑問しか沸かない。
 ただ、ヴァイオレットは、経験は乏しくとも、文字の上での知識・教養はかなり深いような描写がされるので、ギルベルトは、軍隊という限られた制限下でも、色んな本など読ませて、情操教育も頑張っていた可能性もなきにしもあらずだが……

 その結果が、あれじゃあねえ(笑)

 もっとも、ここは設定自体の矛盾でもある。
 たぶん作者は、本来のヴァイオレットは優しい心と情緒を持っているけれど、生まれ育った環境からああなってしまって、そこから少しずつ人間らしさを知っていく物語……としたんだろうけど、そういう資質の持ち主なら、ギルベルトとの5年間の生活ではそうした情緒は目覚めなかったのか? って思う。
 持っていたら、とっくに目覚めてるはずだし、目覚めてないのは、そういう教育や人間関係を持たせなかったギルベルトがやっぱりクズだと思ってしまう。
 いくら軍隊生活だからって、非人間の集まりじゃないぞ。

 ただ、劇場版では、そこに後ろめたさがあるからギルベルトは戦後に姿を隠したってことになってはいた。
 まあ、百歩譲って、ヴァイオレットの扱いに関しては、軍が激しい制限をしていて、ギルベルトに出来ることには限りがあったのかも知れない。
 けど、それなら余計に、ギルベルトが望んだかどうかは別として、結果的に非人間的な言動しかとらない「ヴァイオレット」という幼女の、どの部分をギルベルトは愛したのか?? そんな稀薄な人間関係で、どんな精神的な共感やつながりを感じて、「心から愛してる」なんて言葉が出てくるのか??

 そこでもう一つ、おかしい点。
 当のヴァイオレットは、ギルベルトが、生きることの全てを教えてくれたといって、本気で慕っている。
 え? なんで? ギルベルトは、あんたを道具としてか扱ってないんですけど?
 いや、他の人とは違って、ギルベルトだけは自分を特別に扱ってくれていたとか、心理学的にエディプスコンプレックスの対象として慕ったという分析もできなくはないけど、それだけ特別に感じてるなら、なぜギルベルトに対しても、そんなロボットみたいな受け答えするの?? あなたは一体、ギルベルトから何を学び、他の人とかどこの何に違いを感じてるの??

 ……そもそもに、キャラクター設定上の問題と言えなくもないけど、いずれにしろ、作品上の描写からは、ギルベルトとヴァイオレットだけが、特別深い愛情で結びつくプロセスが全く感じられず、そこに真実の愛があるとは到底思えないわけです。ギリベルトのロリコン説を除くと(笑)

 だから、前提となっている二人が引き合う関係に、そもそも全く共感ができませんでした。

 そして次の問題は、戦後のヴァイオレットの扱いです。

 あの、どう見てもオーバーテクノロジーにしか思えない義手は、一体誰が用意したのでしょう?
 普通、戦争で手足を失ったからといって、義手や義足なんて手当してもらえません。
 そして、親友のギルベルトに頼まれたからといって、過剰にヴァイオレットを保護するホッジンズに、周りの通信社の仲間たち。

 何が言いたいかというと、ヴァイオレットは、周囲からものすごく大事にされ、愛されてると思います。
 戦場ではともかく、戦争が終わってからは、多くの仲間、友人ができ、沢山の優しく素敵な人と接しています。

 ……なのに、それでもなお、そういう人たちに対して、軍隊での上司部下のような対応しかしないヴァイオレット。
 そして、そのヴァイオレットは、そんな言葉しか教えてこなかったクズな「ギルベルト」だけを、日々慕い、追いかけている。

 ドールになってからは、ヴァイオレットを人間として接し、暖かく見守り、評価している人が沢山います。
 なのに、ヴァイオレットが感情を動かす相手は「ギルベルト少佐」を思う時だけです。
 ドールとして、色々な人間の感情を知り、人間生活というものを理解し、だから優秀な手紙を書けるようになったはず。
 なのに、そんな素敵な仲間に対しては、笑顔の一つもなければ、言葉や対応も相変わらずロボットのような機械的な受け答えしかせず、感情を見せるのはギルベルト少佐に関する時だけって、人としてどうなのか??

 アニメ的には、そうしたコントラストによって、ヴァイオレットのギルベルトへの想いを強調してるのだろうことは、わかってますよ。

 でもこれって、冷静に考えたら、ひどく傲慢な人間です。
 これが、僕が最初に書いた、「傲慢」です。

 ツンデレとか、他の人には冷たいけど、自分に対してだけは優しいっていうようなギャップが魅力的に感じることはあります。
 けれどそれって、状況次第の話で、少なくともこのアニメの周りの優しい仲間や、自分のことを最大限に大事にしてくれている社長に対しては、事務的な対応しかしないのは非常に失礼というか、人間としてだめだと思う。
 本当に感情がないならわかるが、実際、ギルベルトのことになると感情を表に出すし、一応、物語の進行とともに、ヴァイオレットは人間らしい気持ちを理解しはじめてるはず。
 なのに、そんな対応しかしないってことは、結局それだけ、周りの人間を軽んじてるってことです。

 だから、そんなヴァイオレットが全然魅力的に見えないし、そんな女のギルベルトへの想いが気高くも思えない。

 あと、本編でどうしても我慢ならなかったのが、戦地の兵士からの依頼で、恋人への手紙をヴァイオレットが代筆するシーン。
 その兵士が息を引き取る直前に、バイオレットがその兵士にキスをしますが、あれが我慢ならない。

 ちょっと待てよと。
 今まさに、地元の恋人への想いを綴ったところだよね?
 なぜ、ヴァイオレットがキスをするんだ。それを兵士が望んだのか?
 これがもし自分なら、まじやめろ、冗談じゃない、って思いますよ。
 なんで死ぬ間際に、どこの馬の骨かもわからん女にキスされなきゃいけないんだよ。
 愛する人とキスしたいんであって、お前じゃねーよ!って。

 可愛い子のキスならお前ら嬉しんだろ? 遠慮せず喜べよ? 
 ってことですか。そういうことですか。

 逆に聞きたい。
 ヴァイオレットよ、ギルベルトの代わりだといって、他の男に抱きしめられ、キスされて嬉しいか?

 美少女にキスされたら無条件に美しいシーンだなんて、傲慢にもほどがある。
 あれがヴァイオレットの「優しさ」の発現だとしても、傲慢だ。
 可愛い女の子にキスされたら男は誰でも喜ぶものと思ってるのか?
 女は、イケメンになら誰ても抱かれたいんだろ? って言われたら、どう思う?

 この場面は、本当に理解できなかった。
 眠れぬ森の美女で、憧れの王子様がキスしてくれたら幸せかも知れない。
 けど、この兵士にとっては、愛する人ははっきりしていて、少なくともヴァイオレットではない。
 なのに、代わりに可愛いヴァイオレットがキスしてくれて良かったね、みたいな展開は、まったく受け入れられませんでした。

 あと最後に、劇場版で、ギルベルトが戦後に姿をくらました理由。

 ようは、ヴァイオレットに合わせる顔がないって話だが……あんたの人生って、ほんとヴァイオレットしかないんかい!!

 あんたには母もいれば、兄もいるだろう。
 あんたには他に友人や恩師とか、何もないのか??
 そして、あんたの一番大事なはずのヴァイオレットの面倒はホッジンズに丸投げで知らんぷり?
 ギルベルト「少佐」ってくらいだから、あんたには、ヴァイオレット以外にも数多くの部下がいたことだろう。もちろん同僚や、上官も。
 そうした他の仲間に対する気持ちは、一切ないのか?

 ここは、本当にひっかかる部分でした。
 アニメや漫画では、主要人物の命の重さは、他のモブキャラの命何十人・何百人分よりも重いなんてことはよくあることです。
 戦闘モノでは、どうしても表現が難しい部分ではあります。

 ただ、この物語は、「戦災」そのものを、ストーリーの幹となるバックボーンにしています。

 そうなると話は違う。
 原作を読んでいないので、原作がどういう描写なのか知りませんが、申し訳ないがこれでは戦争を扱う資格はない。

 ギルベルトにとっては、他の何十人もの部下の命より、ヴァイオレット一人の「腕」のほうが重いのか。
 アニメや映画では、主要人物がクローズアップされ、その背景でモブキャラがバタバタとやれれていくような表現になるのは、多少仕方ない。
 しかし、このアニメの中で回想されるギルベルトとヴァイオレットの戦場でのシーンは、まるでこの2人だけが別世界のような表現……
 ヴァイオレットはギルベルト、ギルベルトはヴァイオレットのことで頭はいっぱいで、他の兵士が死のうが、知ったこっちゃない状態。
 指揮官が戦場で女とじゃれあってんじゃねえよ。
 「戦闘人形」だかなんだか知らないけど、任務として守るべき命が沢山あるだろう。ギルベルトだって、指揮官として考えなきゃいけないことがもっとあったはずだ。
 そもそも恋人同伴で戦いなんて務まらない。そこはいくらアニメと割り切るにしても、戦争を通じての二人の出会いと交流がストーリーのバックボーンなだけに、そこがこんな公私混同した、戦争をバカにしたような中身だと、腹立たしさすら覚えてしまう。

 それでも……それでも、戦争が終わって、何より互いに命があったんだから、良かったじゃん。

 なのに「両腕を失わせて……」って、まるでそれだけを負い目にしてるみたいな言い方だが、それを言う前に、命を失った部下や仲間がたくさんいるんじゃないの??
 生きていることを恥じるようにして、その理由が、ヴァイオレットの両腕のことだけ?
 そんな意識じゃ、あんたの指揮に従って死んだ仲間は浮かばれませんよ。
 せっかく生き残れたんだから、せめて親にはちゃんと言いにいこうよ。
 息子の戦死を、親がどれだけ悲しむことか。親不孝にもほどがある。

 劇場版の考察系で、ギルベルトを「自分勝手」と表するレビュアーは沢山いる。
 結局はヴァイオレットに対して、自分が傷つきたくないだけの話で、だからそれをホッジンズは「大馬鹿野郎!」と言ったのだと。

 いやいやいやいや、そんな軽い話で片付けんなよ。
 大学生の恋バナじゃねえんだよ。
 それとも、実はギルベルトは身を隠さないといけないような重大な戦犯なのか?
 そうでもなけりゃ、たかが惚れた女への後ろめたさだけで、全ての義理や信頼関係を断ち切るとか、もはや人間としてクズ。大馬鹿野郎じゃすまされない。
 逆に、それしきの理由で断ち切れるような人間関係しか築いていなかったとしたら、それはそれで別の意味でしょうもない男だ。

 とにかく、薄い。薄っぺらい。薄すぎる。

 戦場に巻き込まれた民間人カップルじゃないんだから、戦災が生んだ悲劇を描くなら、そのへんもうちょっとちゃんと描こうよ。
 こんなんだから、ヴァイオレットが思慕してやまないという「ギルベルト」という人間に全く魅力を感じず、この人でなければ、という必然性を感じない。結局、「綺麗な緑色の瞳をしたイケメンだから好き」ってことかよ。そういうことですか。 

 そもそも、どこからどう見ても兵士なのに、識別表がないというだけで遠くの病院に入れられる理由自体がよくわからないが(そもそも死にかけてるのに病院選ぶ暇あるのか)、記憶を失ってるわけでもなければ、人様に言えないことをやってきたわけでもないのに、なんで姿をくらますんだ。

 ヴァイオレットを道具として扱ったあげく、両腕を失ったことに申し訳ないという気持ちの部分はわかるが、身内にまで完全に行方をくらますのはどうかしてる。親不孝にもほどがある。ヴァイオレットに対してだけ、自分は死んだことにしてくれ、でいいじゃないか。
 ていうか、本気でヴァイオレットを想ってるな
ら、陰ながらでもヴァイオレットを支えろよ。なんでホッジンズに丸投げなんだよ(笑)

 キャラクターのこういうところが、あまりに自分勝手すぎて、共感しようがなく、もはやすれ違いとか再会の感動もへったくれもありませんでした。
 勝手に悲劇のヒーロー・ヒロイン気取りで自己陶酔してろって感じでもあるけど、そもそも戦争なめんなよ、って話。
 戦争で好きな女の子の腕を失わせたこと(しかし超技術の義手で実生活は何ら問題ない)に対してウジウジして雲隠れしてるロリコン男と、そんな男が死んだと思い、ひたすら悲劇のヒロインに浸って、周りの優しさも何もかも感じ取ろうとしない無神経女の、超安っっぽいドラマ。

 だから、「おこさま向け」なのです。

 この作品、ヴァイオレットが思慕を抱く相手を、年の離れたギルベルト少佐ではなく、14歳くらいの少年兵にしていたら、ずっと良かったと思う。
 戦うことしか教えられてこなかったみなしごのヴァイオレットが、近い境遇の少年兵と出会って、はじめて戦うこと以外の知識や接し方を知り、友情が芽生え、そこから愛情に目覚める、みたいなほうが、ずっと自然だったと思う。

 ラノベの女子読者層を意識すると、王子様的イメージを持たせるために、それなりのステータス感のある「少佐」として、年齢は子供っぽくなく、少佐という役職でおかしくなさそうなギリギリ24歳にしたんだろうけど、結果的にその設定がバランスを乱したと思う。
 もっともその設定が女子ウケ的には良く、商業的にはマルなんだろうけど……

 ファンの人にはほんとすんません。
 劇場版まで観る人間は、ヴァイオレットエヴァーガーデンの世界観に共感している人ばかりだと思うので、ここまで批判する奴はいないと思いますが、批判目的で観たわけじゃなく、最後には納得のいく答えが得られるかと思って観た人間の結論として、こうなってしまいました。

 

 


 →TOPへ