残念映画「ジャンパー」 

 駄作映画は山ほどあります。
 ただの駄作は批評するまでもありませんが、もう少し上手く作れば名作になり得たろうに、もったいないと感じる「残念映画」の解説です。

 「ジャンパー」は、2008年のアメリカのSFアクション映画です。
 ある日、テレポーテーション能力に目覚めた学生が、その能力を使って優雅な生活を満喫してると、「超能力者は社会の害悪」とみなし、その抹殺を図る組織に狙われる……という話しです。

 設定自体は面白いのですが……

(以下、ネタばれあり)

 残念な部分を解説していきます。

1.あほ過ぎる主人公が不自然

 ネットでも批判される理由として1,2を争う、重大なマイナスポイント。
 超能力者の存在を知り、その命を狙うものがいることを知ったというのに、わざわざ8年も会ってない人物に会い、呑気にデートして超能力を使いまくる主人公があほすぎる。
 この段階では組織的なものはわかってなかったにせよ、高級ホテルにたやすく侵入し、超能力の存在を知り、専用の武器まで操る謎の存在に出会ったら、色々な可能性を想像し、護身用の武器を携帯したり、迂闊な行動は控えるようにするのが通常の思考でしょう。

 命を狙われている主人公が、銃の一つも持とうとしないのはおかし過ぎる。
 自由に銀行で金を盗みまくりの主人公なら、銃の一つや二つ、どこかから盗んでくるのはわけないでしょう。

 その上、昔のいじめっ子のマークを、超能力を使って金庫に閉じ込めるとか、あほすぎて意味不明。
 「超能力者」である自分の命が狙われてるのに、そんなことをしたら、自分がここにいますと言ってるようなもの。
 マークに「俺の事喋りやがって」とか言ってるけど、その種をまいたのは自分だろうが(笑)
 しかも相手にしてりゃ、主人公に何の恩も義理もないんだから喋って当然。まったくもって、筋の通らない展開過ぎる。

 ちなみに、よく見る批判のもう一つ、「主人公にクズすぎて共感できない」については、個人的には気になりませんでした。
 主人公が超能力を使ってやってることは、私欲でドロボウしてるだけ、というのがクズ認定の最大の理由になっていますが、個人的にそこは特段マイナスポイントにはなりませんでした。
 それを言ったらドロボウが主人公の「ルパン三世」の人気は説明できない。劇場版「カリオストロの城」以降、義賊っぽい設定がついたものの、基本的にルパン三世はただのドロボウです。でも人気はある。

 結局のところ、ルパンのように賢くて魅力あるドロボウではなく、あほすぎて魅力がないドロボウであることが一番の問題だと思います。

2.人目につくところで超能力使い過ぎ

 あほすぎることと少し重なりますが、なぜ人のいるところで無駄に能力を使いまくるのか。一般人に見られてニュースになり、顔が世間に広まるリスクだってある。
 そもそも主人公の能力がバレたシーンは、バーの店内でテレポートしたのを見られたのが原因だが、あんな人だらけのバーの店内で、たかだか数メートルのために超能力を使う意味がわからない。

 まして、命を狙われてからも、人前で使いまくり。こんなの、狙ってくださいと言ってるようなもの。
 あほすぎるをこえて、リアリティが薄れてしまいました。

3.グリフィンもあほすぎる

 グリフィンは、パラディンに両親を殺されたことから、10年以上パラディンのメンバーを狩り続けてるジャンパーですが、その狩り方が爆弾とか火炎放射器とか、なぜ手間のかかる上に不確実な手段をとるのか……

 ジャンプ能力があれば銃だって盗みまくりでしょう。
 パラディンのメンバーに出会ったら、隠れたり鬼ごっこなんてしてないで、背後にテレポートして銃で撃てば終わりです。
 命が狙われていることを知っていて、今にも追ってくるのが分かっていても、なぜか丸腰のまま構え、武器を持ち出したかと思えば火炎放射器……って、なんでやねん!

 パラディン側が、宗教的な理由からか、とどめはナイフにこだわるがために、銃は使わず捕獲機を使用するのはまだ分かります。
 でも、パラディンを「狩る」ことに執念を燃やしているグリフィンが、ろくに武器も持ってないのはおかしい。
 「エイリアン」のように、そもそも戦闘が前提にない宇宙船の中で、急場ごしらえで用意できた武器が火炎放射器だった、というのはわかる話ですが、必然性もないのに謎に非効率な戦い方をされると、さすがにばからしくなってしてしまいます。

 部屋に爆弾を仕掛けた部分でも、テレポートしたら即爆破だろ。
 呑気に主人公とおしゃべりしてるから、ミリーが捕まったりするんだよ。
 ていうか、そんな簡単にミリーを捕らえられる場所にパラディンがいるのなら、むしろミリーを捕らえるなんて意味のないことをせず、裂けめを通ってこっちにくるだろ。色々おかしい。

4.主人公とグリフィンの会話が成立しなさすぎ

 主人公とグリフィンとの間で、意思疎通ができてなさすぎ。
 もっとも、

 ・特殊な事情に追い込まれた主人公は、関係者に事情説明をしない
 ・命を助られた主人公は、「これは一体何なんだ!」と言って恩人に逆切れする
 ・突然あらわれた協力者は、混乱する主人公にろくな説明をせず、むしろ無駄に突き放す

 というパターンは「アメリカ映画の3原則」といえるくらいの「お約束」ですが、最初から最後まで意思疎通がないのはさすがに変というか、見ていてストレスでしかない。

 そもそもグリフィンが「俺はつるまない」といって、一匹狼を気取ること自体がおかしい。
 じゃあなんで主人公に対して「俺はずっと見ていた」とか言ったり、主人公を助けた?
 自分から主人公にからんでおきながら、主人公が共闘を求めると拒否する。ツンデレかよ(笑)

 主人公も、命を狙われてるんだから、パラディンのことを根掘り葉掘り聞こうとするくらいが普通の人間心理。なのに、グリフィンに対して無意味に距離を置く主人公。

 で、いざ色々聞き出そうとしたり、主人公が協力関係を迫と、グリフィンはまともに会話もせず、日本で無意味なドライブ。何がしたいねん(笑)

 コミュ障の謎めいたキャラの雰囲気を出したいのかも知れないが、そこに緻密な計画とか極秘作戦があったのならともかく、結局のところ回りくどい爆弾設置をしただけで退場……

5.ローランドが無法者すぎる

 主人公に正義がないだけに、悪役感を出したかったのかも知れないが、結局ローランドは公的機関に所属する人物ではなく、色々な現場に偽造の身分証を使って侵入してる、ある意味無法者。
 それ自体はともかく、警察署で刑事を殴り倒したり、主人公をかくまってるわけでもない主人公の父親を無意味に殺して放置したりと、雑な行動が多すぎる。ミリーの命を狙うのも目的不明。

 グリフィンが、「関係する者はみな殺される」というが、その設定自体がおかしい。
 こんなの、ジャンパーを捕まえる前に、自分が警察につかまるだろ(笑)

 いっそ、ヒットした日本のドラマ「SPEC」のように、政府の特命機関とかにしたほうが、よほど説得力があった。

 

 ……と、色々書きましたが、「超能力に目覚めた主人公と、超能力者を抹殺しようとする秘密結社」という構図自体は悪くない。
 とにかく主人公とグリフィンをもっと賢くして、パラディンと頭脳戦をするような展開だったら熱かっただろうに……と思わせられる、もったいない残念映画でした。
  

 

 


 →TOPへ