飲食業界はなぜブラックか@

 最近、某居酒屋チェーンや、某牛丼チェーンの話題を筆頭に、「飲食業界はブラック」という、よろしくない評判が広まっています。

 同業の人間として、すごく情けないと思うとともに、何とかしたいなあと思う今日この頃。

 ですが、正直言って飲食業界は、程度の差こそあれ、ほとんどがブラックと言えるでしょう。
 はっきりいってその通りです。

 カフェなど一部の業種では、同じ飲食でもやや事情は違いますが、残念ながら、少なくともレストラン業界は、長時間労働が当たり前になっています。

 それには、色々な理由があります。

 営業時間がそうさせてしまったり。
 徒弟制度だった自体の古い慣習が残っていたり。
 何より、
業界全体が長時間労働で、しかも不透明な人件費でやってきたから、原価構造がおかしくなって価格相場もおかしくなり、そのせいで、抜け出しようのない悪循環になっている面も大きいと思います。

 あとは、日本人の気質というか、モノにはお金を出すけど、人的サービスにはお金を出さないような慣習。
 飲食に限らず、小売店でも、いい接客を受けて当たり前、みたいな

 だから、価格を上げることが出来ず、人件比率がどうしても高くなる。

 昔は(今でも?)、レストランは水商売と言われ、社会的には産業として認められていませんでした。
 だから、僕は、大学を出てこの業界に入ったので、年配のお客さんなんかには、自分が大学を出てると言うだけで驚かれることも多く、その大学も、それなりの大学を出ていたので、大学名を言うと、「何でこんな仕事に??」と言われることが何度もありました。

 僕はもともと食べ歩きや料理が好きで、レストラン自体に憧れみたいなものを持っていたので、水商売に見られているとか、労働環境とか、あまり考えずにこの業界に入りました。

 でも、いざ働いてみると、何よりもあまりに過酷な長時間労働に、入ったことを後悔したことが何度もありました。

 それに、「職業に貴賤なし」という言葉があるものの、現実には、見下されることはたびたびあり、嫌な思いをしたことは何度もあります。

 しかし、実際のところ今では、大卒で飲食業界に来る人は全く珍しくなく、一流大学を出てる人だってたくさんいます。

 もちろん、学歴だけで人の優劣は測れませんが、勉強ができなかったから飲食業で働いてるとか、差別的に見られる筋合いはないと思います。

 就職活動をサボって飲食しか内定を貰えなかった、というのは、人によっては当てはまるかも知れませんが、本当に好きでこの業界に入ってくる人は本当に少なくありません。

 子供の頃、親に連れて行ってもらった楽しい外食、学生時代、友達や恋人と過ごした幸せな外食、そんな経験が、飲食を仕事にしてみたい、という動機になっている人は多く、そこに育ちや学歴はほとんど関係ありません。

 だから、社会的地位とか収入とか、そんなオトナ的発想のない小学生なんかに「将来なりたい職業」を書かせると、「ウェイトレスさん」や「コックさん」などと書く子供が、必ずクラスに何人かいるのではないでしょうか。

 実際に、飲食の仕事は、労働環境を抜きにすれば、すごく楽しくやりがいのある仕事です。

 飲食や小売りのように客に頭を下げないといけない仕事は、プライドがある人間はやらない、なんて言う人もいますが、オフィス勤めの経験もある僕から言わせれば、上司や取引先にペコペコすることと、お客様に頭を下げることは、何ら変わらないように思います。

 取引先の相手は、ただの人間。
 
レストランのお客さんも、ただの人間。

 レストランの仕事自体に、「せっかくいい大学出てこんな仕事を…」と思うことは、ほとんどありません。

 でも、言い訳の余地がないのが、労働環境。
 こればっかりは、どこをどう見ても負け組です。
 
情けなく、虚しい気持ちになることは多々あります。

 もはや学歴とか仕事の中身という問題ではありません。
 連日、寝る時以外は店にいるのが当たり前のような環境に、生きてる意味がわからなくなることもあります。

 結局は、こうしたところに情けなさを感じるせいで、お客さんに頭を下げることが割りに合わない、と思うだけじゃないかと思います。

 だから、本当に何とかしたい。

 これを解決することができれば、きっと飲食業で働く人々のモチベーションが上がり、そうすれば必然的に飲食店のレベルもあがり、それは、消費者にとっても喜ばしいことになり、食文化が向上していくと思うのです。

 まだ、答えは出ていませんが、まずは、飲食店の労働環境の実態や、疑問点について、多くの人に知ってもらうこと。

 それがはじまりだと思っています。

 そんなわけで、ここでは、飲食の労働環境に関することついて、あれこれ書いてみたいと思います。

→Aへ

 


 →TOPへ